アドベンチャーゲーム パソコン・PCゲーム

【第2回】マンハッタンへ行こう、名作アドベンチャーゲーム・マンハッタンレクイエムの誕生

マンハッタン・レクイエムアドベンチャーゲーム

【第2回】マンハッタンへ行こう、名作アドベンチャーゲーム・マンハッタンレクイエムの誕生

~リバーヒルソフトの誕生からマンハッタンレクイエム誕生までの道のり~

今回は

『マンハッタン』へ行こう、『マンハッタンレクイエム』の誕生、
~『リバーヒルソフト』の誕生から『マンハッタンレクイエム』誕生までの道のり~ をご紹介させて頂きます。

 

JBハロルド マンハッタン

『刑事J.Bハロルドシリーズ』第1作目となった『殺人倶楽部』の成功により

 

『ミステリーアドベンチャーゲーム』で『不動の地位』を確立することになった『リバーヒルソフト』は、

 

その勢いのまま『刑事J.Bハロルドシリーズ』の第2作となる『マンハッタンレクイエム』の企画をはじめるんだ。

JBハロルド マンハッタン・レクイエム

『刑事J.Bハロルドシリーズ』、『第2作』の企画がスタート

第2作目の舞台は『ニューヨーク』の『マンハッタン』

前作『殺人倶楽部』の舞台は、

 

『リバティータウン』という架空の土地であったが、『2作目』は実在の地を舞台にすることにしたのだ。

 

そして素直に『マンハッタン』の名が浮かび上がった。

『ニューヨーク』の『マンハッタン』ではなく、『マンハッタン』『ニューヨーク』なのだ、という感覚だ。

マンハッタン・レクイエム

『刑事J.Bハロルドシリーズ』は、その後5作品制作されることになるんだけど、

1作目の『殺人倶楽部』以降は、

実在する、アメリカの都市が舞台になるよ。

アメリカ

第2作目『マンハッタンレクイエム』(1987年)と【番外編】の『殺意の接吻』(1987年)が『ニューヨーク』の『マンハッタン』、

 

第3作目の『D.C.コネクション』~愛と死の迷路~(1989年)が、
アメリカの政治の中心地、『ワシントンD.C.』

 

そして、シリーズ最後の第4作目『ブルー・シカゴ・ブルース』(1994年)は、
そのタイトルの通り、『シカゴ』が舞台で

『刑事J.Bハロルド』が、捜査で歩き回ることになるよ。

DCコネクション

『刑事J.Bハロルド・シリーズ』の作品舞台

ここで、『刑事J.Bハロルド・シリーズ』の作品舞台の一覧を掲載させて頂きます。

JBハロルド DCコネクション

作品No発売年ゲームタイトル舞台
第1作目1986年『殺人倶楽部』
~マーダークラブDX~
リバティータウン
(架空の町)
第2作目
1987年
『マンハッタンレクイエム』
~闇に飛ぶ天使たち~
ニューヨーク
第2.5作目
【番外編】
『殺意の接吻』
~KISSOFMURDER~
第3作目1989年『D.C.コネクション』
~愛と死の迷路~
ワシントン
第4作目1994年『ブルー・シカゴ・ブルース』シカゴ

 

『刑事J.Bハロルド・シリーズ』では、

 

聞き込みによって『犯人』を追い詰める面白さがあるけど、

『リアリティ』あふれる実際の『アメリカ』の都市を観光気分で体験できる楽しみも、このシリーズの魅了の一つだよ。

マンハッタン・レクイエム セントラルパーク

『刑事J.Bハロルドシリーズ』のシナリオ作り

『マンハッタンレクイエム』の制作は1986年10月に着手された。

『シナリオ』と同時に『マンハッタン』に関する『資料収集』も始まった。

 

『シナリオ』といっても、
『小説』と『パソコンゲーム』とでは『ストーリー』の作り方もおのずと違ってくる。

マンハッタン・レクイエム JBハロルド

このあたりについて、『鈴木』さんはこう語っています。

ゲームの『シナリオ』の場合、
やはりゲームの『アルゴリズム』を知らないとなかなかうまくいかないと思います。

『鈴木』さんの『シナリオ』は、人物設定から始まるんだ。

 

まず『犯人』を決め、『被害者』と『犯人』の間を埋めていく。

 

そこに『脇役』が何人も登場し、事件そのものを複雑にし盛り上げていくという手法なんだ。

 

そしてその人物たちの言葉から、それぞれの人間の個性を浮び上がらせていくのだ。

マンハッタン・レクイエム

『鈴木』さんは、『刑事J.Bハロルドシリーズ』のシナリオ作りについて

 

マンハッタン・レクイエム

『登場人物』の言葉だけから、
その人物の『人間像』を浮き上がらせていくわけですから、『戯曲』に似たところがありますね。

 

ただ、40人の言葉で表現するというのは、大変な作業でしたね。

リチャード・クリスティ マンハッタン・レクイエム

『刑事J.Bハロルドシリーズ』の精密さの秘密『星取表方式』

もう1つ大変なのが、それぞれの『登場人物』の『因果関係』だ。

『登場人物』の発言に矛盾があってはまずい。

 

そこで『鈴木』さんが考え出したのが、スポーツのリーグ戦のような『星取表方式』だよ。

 

これで誰が誰に対して話をしたとか、知っているいないをチェックするのだ。

マンハッタン・レクイエム

なんか、電車の『ダイヤグラム』みたいですね。

ダイヤグラム 

うーん、まさに鉄道ダイヤ職人『スジ屋』さんみたいだね。

電車

この方式はこの種のゲームを作りたいという人にとっては参考になるだろう。

 

同年の1986年11月には『デザイナー』が動き出す。

 

その月の末、タイトルは正式に『マンハッタンレクイエム』に決定したんだ。

マンハッタン・レクイエム

リアリティが足りない、『マンハッタン』へ行こう

『マンハッタンレクイエム』の制作は順調に進んでいった、

 

しかし、『アメリカの雑誌』などを中心に『資料収集』が進むにしたがって、スタッフの間に不満が広がりつつあったんだ。

マンハッタン・レクイエム

不満?

そう『シナリオ担当』の『鈴木』さんの頭に浮かぶイメージ『デザイナー』に伝えて、『資料』をいくらひっくり返してもリアリティがでないんだ。

 

『制作スタッフ』は、
『舞台』が実在である以上、『グラフィック』を想像で作るのは避けたい、本物でありたかったんだ。

 

1度『マンハッタン』へ行かなければだめだという空気が、『リバーヒル』の中で漂うようになってくるんだ。

 

マンハッタン・レクイエム

いざ『ニューヨーク・マンハッタン』へ

そんな、同年、1986年12月も押し迫った24日、

 

『鈴木』さんは『ニューヨーク』での取材を決意し、

『デザイナー担当』の『高屋』さん、『カメラマン』の『知識』さんの2人に『ニューヨーク・マンハッタン』への取材を依頼したの。

マンハッタン・レクイエム

『鈴木』さんは、

 

同行する『デザイナー』の『高屋』さんと『カメラマン』の『知識』さんに細かい注文を浴びせていた。

 

外は『ジングルベル』が鳴り響き、『博多』の夜は陽気であったが、
そんな陽気さはこの年の『リバーヒル』には無縁であったようだ。

 

そして12月27日、『高屋』さんと『知識』さんは泊まるホテルも決まらぬまま、『ニューヨーク』へと旅立ったのだ。

飛行機

『鈴木』さんからの注文は、

 

銀行やアパートなど『マンハッタン』にある建物のいろいろな角度からの『写真』、『街並み』『人』『屋内』など、
ありとあらゆる『ニューヨーク・マンハッタン』を雰囲気を写真に収めることだったの。

マンハッタン

そして、そこに『高屋』さんの『デザイナー』としての感性が加わり、
『知識』さんは膨大な注文を精力的にフィルムに収めていったのである。

 

年が変わり正月気分もそろそろ抜けようかという1986年1月7日、2人は帰国した。

 

『ニューヨーク』を、『マンハッタン』をいっぱい詰め込んで。

マンハッタン・レクイエム

『マンハッタン』現地取材の結果は?

『現像』からあがってきた『写真』を見て、

 

『鈴木』さんと『岡崎』さんの目が輝いた。予想通り、いやそれ以上の『写真』がそこにあったのである。

 

そして、使用する『写真』のセレクトが始まる。

マンハッタン・レクイエム

『岡崎』さんは当時のことをこう回想しています。

たとえば同じビルでも、入口から見上げている絵もほしいし、道路の向こう側から眺めている絵も入れたかったですから、

それには実際現地『へ行って『写真』に撮るしかないわけです。

 

『雑誌』や『パンフレット』などでは『観光写真』のようなものしかありませんから、

ですから、『ニューヨークロケ』はすごくよかったと思います。

 

これで『ニューヨーク』の雰囲気を出すことができました。

マンハッタン・レクイエム

だから、『マンハッタンレクイエム』に登場する『グラフィック』は、ほとんど実在するといっていい仕上がりなんだ。

 

選ばれた『写真』は『グラフィック担当』の『宮崎』さんの手へと移ることに。

それぞれの『キャラクタ』の人生を想像してほしい!

超多忙の日々を過ごしている『リバーヒルソフト』に、

『殺人倶楽部』をプレイした『ユーザー』から、ぽつぽつと手紙が舞い込み始めたのは昨年(1985年)の秋の頃からであった。

 

そして、その手紙にはスタッフの誰もが予期しなかった内容が多数あった。

 

それは、『登場人物』個々の人生について、
『ユーザー』がいろんな想いを巡らせて手紙に綴っていたことである。

マンハッタン・レクイエムバーナード

『シナリオ』を担当した『鈴木』さんは、ユーザーの反応について

すべての『登場人物』に結末をつけたわけではないので、

『登場人物』のその後がどうなったかということがわからない『キャラクタ』も沢山あったんです。

 

そうした『キャラクタ』のその後を、
僕だったらこうなったと思いますとか、
彼女はあれからどうなったんですかなどと、

 

『ユーザー』がドラマを作ったり、
『脇役』のその後に興味を示してくれていたんですね。

マンハッタン・レクイエム

シナリオを担当した、『鈴木』さんにとって、

ユーザーからの思いがけないの反応は、望外の喜びだったんだ。

 

そして、その傾向は『マンハッタンレクイエム』に、大きく反映されているんだ。

マンハッタン・レクイエム

プレイする人は、ゲームを解くという楽しみのほかに、『キャラクタ』の人生について想像の輪を広げてみるといいと思うよ。

 

それが楽しめる仕掛けがこの作品には、随所に施されているはずだからね。

マンハッタン・レクイエム

やがて『ユーザー』からの手紙は4,000通を超えそうです。

リアリティ溢れる『マンハッタン』の雰囲気、でも圧縮が・・・

時を『マンハッタンレクイエム』制作中の1986年に戻そう。

2月に入ると『リバーヒルソフト』は引っ越しを敢行した。

手狭になった場所から快適に仕事ができる事務所への移転である。

 

これも『殺人倶楽部』の成功が大きく影響していることはいうまでもない。

 

そして『写真』は、
『グラフィック担当』の『宮崎』さんの手へと渡り、

『写真』はまずコピーにとられ、新聞に載る『写真』のようにアミ点の集合にされる。

リバーヒルソフト

もちろん『モノクロ』だよ。

これを『スキャナ』にかけ、『コンピュータ』に取り込み修正を加え着色していくという制作過程なんだ。

 

1980年代は、まだ『デジタルカメラ』じゃなくて『フォルム』だもんね。

一見簡単そうに見えるこのグラフィック化も困難を極めたんだ。

 

『家庭用ゲーム機』と比べて、
容量の余裕がある、パソコンゲームとはいえ、

この頃は、ようやく『フロッピーディスク』『パソコン・ゲーム媒体』の主流になりつつある頃、

 

2HD1枚に収めようとすると容量が足りなく、圧縮作業に苦労することに・・・

フロッピーディスク

デザインを担当した『岡崎』さんは、後の証言で

1日3画面くらいしかできないなんてこともありましたし。

 

『写真』にかなり忠実に再現しましたから、

 

『マンハッタン』の雰囲気は、十分堪能していただけると思います。

 

でも、一番たいへんだったのは、画像の圧縮作業でしたね。

 

非常事態発生そして『マンハッタンレクイエム』完成へ

事務所の移転も無事終わり、一段落ついたころ、予期せぬ出来事が起こってしまう。

 

『岡崎』さんが胆石で緊急入院してしまったのだ。

 

『岡崎』さんの担当は『PC-9801』の『プログラム担当』

『プログラム』をかじったことのある人ならわかると思うが、

『プログラム』の組み方は個人によってまったく違うので、本人しかわからない。

 

結果、1ヶ月間『プログラム』の進行が遅れることとなってしまったのである。

赤十字 病院

あらー

作品全体の進行も若干遅れ気味ながら、

『パッケージ』が上がり、『ポスター』も上がり、『グラフィック』も完成に近づいていた。

 

1ヵ月後、復帰した『岡崎』さんが最後の踏ん張りをみせて『プログラム』を完成させ、発売予定から2ヵ月遅れて

 

遂に、1987年6月末に
『J.B.ハロルドシリーズ』の2作目となる『マンハッタンレクイエム』は完成したのだ。

 

『マンハッタンレクイエム』はスタッフそれぞれの想いを乗せて、翌月の1987年7月初めに発売されたのである。

 

JBハロルド マンハッタン・レクイエム

おーついに傑作ゲーム発売。

関連ページのご紹介

リバーヒルソフトまとめページのご紹介

迷ったらこのページをクリック、リバーヒルソフトのまとめページです。

【リバーヒルソフト】名作本格ミステリーAVG・刑事J.Bハロルドシリーズを生み出したリバーヒルソフトのご紹介│まとめ│
本格ミステリー・アドベンチャーゲーム・刑事J.Bハロルドシリーズを生み出したリバーヒルソフトのご紹介 ご訪問ありがとうございます。 このページでは、、 本格ミステ...
リバーヒルソフトの誕生からマンハッタンレクイエム誕生までの道のり
【第1回】リバーヒルソフトの誕生、名作AVG・刑事J.Bハロルドシリーズ・殺人倶楽部の登場
【第1回】リバーヒルソフトの誕生、名作AVG・刑事J.Bハロルドシリーズ・殺人倶楽部の登場 ~リバーヒルソフトの誕生からマンハッタンレクイエム誕生までの道のり~ ご訪問ありがとうございます。 ...
【第2回】マンハッタンへ行こう、名作アドベンチャーゲーム・マンハッタンレクイエムの誕生
【第2回】マンハッタンへ行こう、名作アドベンチャーゲーム・マンハッタンレクイエムの誕生 ~リバーヒルソフトの誕生からマンハッタンレクイエム誕生までの道のり~ ご訪問ありがとうございます。 前回の続き ...
【最終回】マンハッタンレクイエム以降のリバーヒルソフト ~リバーヒルソフトの誕生からマンハッタンレクイエム誕生までの道のり~
【最終回】マンハッタンレクイエム以降のリバーヒルソフト ~リバーヒルソフトの誕生からマンハッタンレクイエム誕生までの道のり~ ご訪問ありがとうございます。 前回の続き ...
名作アドベンチャーゲーム、マンハッタンレクイエム、殺意の接吻のご紹介
名作アドベンチャーゲーム、マンハッタンレクイエム、殺意の接吻のご紹介 │まとめ│~ 刑事J.B.ハロルドシリーズ~
名作アドベンチャーゲーム、マンハッタンレクイエム、殺意の接吻のご紹介 ~ 刑事J.B.ハロルドシリーズ~ ご訪問ありがとうございます。 このページでは、 本格ミステリー・アドベンチャーゲーム』 『...
名作AVG、D.C.コネクション~愛と死の迷路のご紹介
名作AVG、D.C.コネクション~愛と死の迷路~│まとめ│刑事J.B.ハロルドシリーズ
名作AVG、D.C.コネクション~愛と死の迷路~│まとめ│ ご訪問ありがとうございます。 このページでは、 本格ミステリー・アドベンチャーゲーム』 『刑事J.Bハロルドシリーズ』の『D.C.コネク...

名作アドベンチャーゲーム(AVG)のご紹介│まとめ│

ご訪問ありがとうございます。

 

このページでは80年代の名作アドベンチャーゲーム、オホーツクに消ゆについてご紹介させて頂きます。

名作アドベンチャーゲームの紹介

【名作AVG】PC98からPS4まで名作アドベンチャーゲーム(300本以上)の紹介│まとめ│
PC98からPS4まで名作アドベンチャーゲーム(300本以上)の紹介 ご訪問ありがとうございます。 今回はPCから家庭用ゲーム機まで名作アドベンチャーゲーム(300本以上)をご紹介します。 ...

歴代の名作アドベンチャーゲームのご紹介(誕生から現在まで)

歴代の名作アドベンチャーゲームのご紹介
歴代の名作アドベンチャーゲームのご紹介 ご訪問ありがとうございます。 このシリーズでは、 『アドベンチャーゲーム』の黎明期から現在に続く 歴代の名作アドベンチャーゲームをご紹介します。 ...

独自の進化を遂げた『ゲーム音楽』- 『アドベンチャーゲーム音楽の歴史』シリーズ

【ゲーム音楽】独自の進化を遂げた名曲アドベンチャーゲーム・ミュージックのご紹介
独自の進化を遂げた名曲アドベンチャーゲーム・ミュージックのご紹介 ご訪問ありがとうございます。 今回は独自の進化を遂げた名曲アドベンチャーゲーム・ミュージックのご紹介をご紹介します。 ...

堀井雄二・名作アドベンチャーゲーム3部作のご紹介│まとめ│

堀井雄二・名作アドベンチャーゲーム3部作のご紹介│まとめ│~ポートピア連続殺人事件、オホーツクに消ゆ、軽井沢誘拐案内~
堀井雄二、名作アドベンチャーゲーム3部作のご紹介 ~ポートピア連続殺人事件、オホーツクに消ゆ、軽井沢誘拐案内~ ご訪問ありがとうございます。 このページでは堀井雄二さんの名作アドベンチャーゲーム、ミ...

名作本格ミステリー・アドベンチャーゲーム刑事J.Bハロルドのご紹介

【リバーヒルソフト】名作本格ミステリーAVG・刑事J.Bハロルドシリーズを生み出したリバーヒルソフトのご紹介│まとめ│
本格ミステリー・アドベンチャーゲーム・刑事J.Bハロルドシリーズを生み出したリバーヒルソフトのご紹介 ご訪問ありがとうございます。 このページでは、、 本格ミステ...

ファミコン探偵倶楽部のご紹介

【名作AVG】ファミコン探偵倶楽部のご紹介│まとめ│~名作ミステリー・アドベンチャーゲーム~
名作ミステリー・アドベンチャーゲーム、ファミコン探偵倶楽部のご紹介 ご訪問ありがとうございます。 今回は、名作ミステリー・アドベンチャーゲーム、ファミコン探偵倶楽部を紹介させて頂きます。 ファミ...

PC88時代の大作アドベンチャーゲーム・スターアーサー伝説・3部作(惑星メフィウス・暗黒星雲・テラ4001)のご紹介

【PC88AVG】大作アドベンチャーゲーム・スターアーサー伝説・3部作(惑星メフィウス・暗黒星雲・テラ4001)のご紹介
大作アドベンチャーゲーム『スターアーサー伝説・3部作』のご紹介 ~『惑星メフィウス』『暗黒星雲』『テラ4001』~ ご訪問ありがとうございます。 今回は、 1980年代...

サイトマップのご紹介

サイトをご紹介します。

足りないゲーム機情報は随時更新していきますのでお楽しみに

サイトマップ

TOP > PC│ゲーム機│名作ゲーム│ジャンル│テーマ│メーカー

PC・ゲーム機TOP > PC 据置ゲーム機 携帯ゲーム機

【ジャンル別】TOP>│RPG│AVG格ゲーSTG│SLG│ACT│
TBL(麻雀)

プレイステーション アイコン PSハード別(家庭用据置│携帯│AC│PC)
据え置き機
任天堂FCFDSSFCN64GC│Wii│WiiU│Switch
セガMDSSDC
NECPCエンジンPCFX
SonyPSPS2PS3PS4
SNKNEOGEO3DO
G&W GB GBA NDS 3DS PSP PSVita
ネオジオポケット ワンダースワン ゲームギア
PC・パソコン
NECPC98PC88
シャープX68000X1MZ系
富士通FMTOWNS77AVFM7
その他MSXAppleII
アーケード80年代90年代2000年代
周辺機器コントローラーゲーム機別│メーカー別│アケコン(RAP)
タイトルとURLをコピーしました