アドベンチャーゲーム

【第3回】アダルトアドベンチャーゲームの成長 、新しい新天地、弟切草の登場 ~歴代の名作アドベンチャーゲームのご紹介~

アドベンチャーゲーム

【第3回】アダルトアドベンチャーゲームの成長 、新しい新天地、弟切草の登場

~歴代の名作アドベンチャーゲームのご紹介~

今回は、
『大人向け・アドベンチャーゲーム』の成長
そして、新しい新天地へ『弟切草』の登場 についてご紹介します。

『青年向け』と『大人向け』に二極化する『アドベンチャーゲーム』

1980年代半ばには
『アドベンチャーゲーム』は『子供向け』と『青年向け』ニ極化していくの

『大人向け』のゲームは、
表現規制の緩い『パソコンゲーム畑で、新たな展開をみせの。

この頃は『18禁ゲーム』という概念がなかったからね。

その元祖の作品は
1985年発売の『天使たちの午後』、1987年の『天使たちの午後II』なんの。
この作品は『アニメ風』の『美少女グラフィック』や『ストーリー』の導入など『アダルトゲーム』の最先端を走っていたの。

天使たちの午後

天使たちの午後

天使たちの午後

ヒロインが教師と関係を持っていたのに騒ぎにならない大らかな時代であった。

天使たちの午後

天使たちの午後

やがで、同時発色数が『8~16色』とは思えない綺麗なグラフィックを競い合い
1990年代前後には『爛熟期』を迎える。

ガイナックス

本職の『アニメーター』を擁したあのガイナックス が参戦し

『エルフ』や『D・O』の職人芸が昨裂する
『エロゲ絵』の激戦は『高解像度アドベンチャーゲーム』のひとつの帰結だったのだ。

サイレントメビウス/

 

 

電脳学園

ある意味かくれた、芸術作品かも
そういえば、江戸時代の『春画』が流行ったものね・・・♬

時代が変わっても日本人の文化力はすごい

電脳学園

そして『家庭用ゲーム機』では実現できない『マルチウィンドウ』で多くの情報が扱える『RPG』や『SLG』も発展していくだよ。

やがて『家庭用ゲーム機』に押されつつあった『パソコンゲーム』も

 

『アダルト路線』

『アリスソフト』の『ランス』(1989年)
『エルフ』の『ドラゴン・ナイト』(1989年)などを次々と発売し

 

『パソコンゲーム』を背負って立つシリーズへと成長してゆくのよ。

ドラゴン・ナイト

ドラゴン・ナイト

新しい新天地へ『弟切草』の登場

日本で『アドベンチャーゲーム』が生まれてから10年
『アドベンチャーゲーム』にはある宿命となっていた、ある呪いがあったんだ。

呪い?

うむ、そのその呪いを解き放ったのが

 

『ドラゴンクエスト』の開発でも知られる
『中村光一』さんが率いる『チュンソフト』の『弟切草』なのだ。

弟切草

この作品は1992年に『家庭用ゲーム機』の『スーパーファミコン』から発売された『ホラー・ミステリーアドベンチャー』なんだ。

スーパーファミコン

『弟切草』は

 

一度プレイしただけでは、従来の『アドベンチャーゲーム』とそう変わらない印象にみえる

しかし、文章を読み進めてうちに『選択肢』が現れ
それにより後の展開が変わっていくのだ。

弟切草

そして再びプレイすると、新たな『選択肢』が出現するのだ。

 

遊ぶたびに違った体験があり繰り返しプレイすることを前提として作られているんのだよ。

弟切草

長らく『アドベンチャーゲーム』がとらわれていた、

一度クリア すればおしまいという『短命の呪い』 を打ち破ったのだ。

 

そいえば、『堀井雄二』さんは

『アドベンチャーゲーム』には、
一度クリアーしてしまうと終わってしまうという『ゲーム性』と

 

『選択肢』がワンパターンになってしまうことに限界を感じて

『RPGゲーム』を志したんだよね。

ドラゴンクエスト1

更に『弟切草』により

 

『アドベンチャーゲーム』作品の寿命が劇的に伸びたのに加えて、

この作品は『アドベンチャーゲーム』の開発手法にも重大な影響を与えたんだ。

弟切草

開発手法にも?

そう『弟切草』からシリー ズ化した『サウンドノベル』という様式は、

 

『背景映像』 と『サウンド』があるだけの、
『コンピュータ』で小説のように『テキスト』を読み 進めるという形を確立させたんだ。

あれ、以前紹介があった、

『システムサコム』の『ノベルウェア』みたいだね。

ノベルウェア

ふふふ、そうなのだ

さすが『ラボメンナンバー002』

 

『ノベルウェア』は

大人向けの物語やストイック過ぎる絵柄でもあったし

時代がはやすぎたのだ。

 

しかし『弟切草』はゲームの流れを大きく変えた

『スーパーファミコン』の良作『アドベンチャーゲーム』一覧

ここで『スーパーファミコン』から発売された
良作『アドベンチャーゲーム一覧』をご紹介します。♬

スーパーファミコン

発売年タイトル
1992年弟切草
1994年かまいたちの夜
1995年
スヌーピーコンサート
学校であった怖い話
クロックタワー
1998年ファミコン探偵倶楽部 PARTII うしろに立つ少女
2000年メタルスレイダーグローリー

『サウンドノベル』から『ビジュアルノベル』への

『弟切草』は

 

『ゲーム』の大部分を占めるのは 文字を『読む』ことで

 

『映像』はそれを邪魔しないために、『実写取り込み』や『影絵』のような簡潔なもの

 

『映像』 と『サウンド』は、文章を補佐するたけの簡単のものなの。

弟切草

この形は『サウンドノベル』という様式となり

『アダルト・アドベンチャーゲーム』にも大きな影響を与えることになる。

『サウンドノベル』の『雫』『痕』の登場

その影響を大きく受けたのが

『リーフ』から発売された『サウンドノベル』の『雫』『痕』(1996年)

『雫』『痕』

 

『雫』『痕』

そしてカルト色が強かった前2作から『学園ラブコメ』に一転した

 

『To Heart』(1997年)の大ヒットにより、

 

『リーフ』が提唱したピジュアルノベル』は『エロゲー』 の主流にのし上がったの。

To Heart

『ビジュアルノベル』とは

ゲーム画面上で読む小説という意味なんだ。

『ビジュアルノベル』なら

 

特別なことが起こるイベ ント以外の『シーン』は
『キャラクター』の立ち絵と『背景』だけで成り立つことが出来るの。

 

だから『弟切草』の『サウンドノベル』という

簡素さを受け継いだこのゲームの作り方は、

 

『コスト』がかかる『グラフィック』の枚数を増やさな くても、

 

『アドベンチャーゲーム』のボリュームを増やしてプレイ時間を長 くできるようになったの。

弟切草

その代わり『テキスト量』が増加するにつれて

 

『アドベンチャーゲーム』は『ストーリー』を作り出す
『シナリオ ライター』が重要になっていくんだよ。

ペン

そして『麻枝准』さんや 『田中ロミオ』さんといった『有名ライター』へが登場するんのだ。

ライター

恋愛ゲーム『同級生』ンリーズの登場

1992年に発表された『サウンドノベル』『弟切草』から
4年後の1996年の

 

『雫』『痕』や1997年の『To Heart』の大ヒットによ り
『ビジュアルノベル』の誕生までの間にヒット作品が登場するの

それが恋愛ゲーム『同級生』シリーズ。

『エルフ』は、

1992年に『同級生』1995年には『同級生2』を発売

 

このシリーズは、
『コマンド選択式・アドベンチャーゲーム』初期の名作
『リップスティックアドベンチャー』(1988年)を手がけた『蛭田昌人』さんによるものなの。

同級生

 

第1弾の『同級生』では

夏休みに暇を持て余す高校生が街を歩き回って
複数のヒロインを追いかけるのは

『TOKYOナンパ ストリート』(1985年)など

伝統的な『ナンパゲーム』の血を引くけど(実行ファイルもNanpa.exeだよ)

 

この作品の場合、個別のストーリ ーが充実していたうえに、一部のシナリオが純愛だと評判になり

同級生

それを受けた続編『同級生2』は

さらに純愛要素が盛り込まれるようになり

 

その完成度の高さから
『ユーザー』からは、『エロ抜きでもいいゲーム』との声を聞き届けたかのよう に、

『18禁ゲーム』が家庭用に移植されるブームを先駆けたゲームなんだ。

同級生

この『同級生』シリーズの『純愛要素

 

1994年に『コナミ』から『PCエンジン・SUPER CD-ROM2』向けに発売された
『恋愛シミュレーションゲーム』
『ときめきメモリアル』(1994年)の大ヒットと合流して恋愛ゲー ムを根付かせることになるの。

ときめきメモリアル

ときめきメモリアル

まー私には関係ないけど

紅莉栖ちゃんツンデレだからね

・・・・

関連ページのご紹介

歴代の名作アドベンチャーゲームまとめページのご紹介

迷ったらこのページをクリック、歴代AVGのまとめページです。

歴代の名作アドベンチャーゲームのご紹介
歴代の名作アドベンチャーゲームのご紹介 ご訪問ありがとうございます。 このシリーズでは、 『アドベンチャーゲーム』の黎明期から現在に続く 歴代の名作アドベンチャーゲームをご紹介します。 ...
歴代の名作アドベンチャーゲームのご紹介
【第1回】アドベンチャーゲームの誕生~歴代の名作アドベンチャーゲームのご紹介~
【第1回】アドベンチャーゲームの誕生 ~歴代の名作アドベンチャーゲームのご紹介~ ご訪問ありがとうございます。 今回は、『アドベンチャーゲーム』の誕生そして 『アドベンチャーゲーム』の歴史 についてご紹介しま...
【第2回】ファミコン・アドベンチャーゲームの誕生~歴代の名作アドベンチャーゲームのご紹介~
【第2回】ファミコン・アドベンチャーゲームの誕生 ~歴代の名作アドベンチャーゲームのご紹介~ ご訪問ありがとうございます。 前回の続き 今回は、『ファミコン』での『...
【第3回】アダルトアドベンチャーゲームの成長 、新しい新天地、弟切草の登場 ~歴代の名作アドベンチャーゲームのご紹介~
【第3回】アダルトアドベンチャーゲームの成長 、新しい新天地、弟切草の登場 ~歴代の名作アドベンチャーゲームのご紹介~ ご訪問ありがとうございます。 前回の続き 今...
【第4回】異才・散野ひろゆきの登場、 孤高の傑作・この世の果てで恋を唄う少女YU-NOの誕生
【第4回】異才・散野ひろゆきの登場、 孤高の傑作・この世の果てで恋を唄う少女YU-NOの誕生 ~歴代の名作アドベンチャーゲームのご紹介~ ご訪問ありがとうございます。 前回の続き ...
【第5回】街 〜運命の交差点〜・infinityシリーズ・Never7・Ever17の誕生 ~歴代の名作アドベンチャーゲームのご紹介~
【第5回】街 〜運命の交差点〜・infinityシリーズ・Never7・Ever17の誕生 ~歴代の名作アドベンチャーゲームのご紹介~ ご訪問ありがとうございます。 前回の続き ...
【第6回・最終章】泣きゲーブームそして同人ゲームの登場 ~Fate、シュタインゲートなど~
【第6回・最終章】泣きゲーブームそして同人ゲームの登場~Fate、シュタインゲートなど~ ~歴代の名作アドベンチャーゲームのご紹介~ ご訪問ありがとうございます。 前回の続き ...

名作アドベンチャーゲーム(AVG)のご紹介│まとめ│

ご訪問ありがとうございます。

 

このページでは80年代の名作アドベンチャーゲーム、オホーツクに消ゆについてご紹介させて頂きます。

名作アドベンチャーゲームの紹介

【名作AVG】PC98からPS4まで名作アドベンチャーゲーム(300本以上)の紹介│まとめ│
PC98からPS4まで名作アドベンチャーゲーム(300本以上)の紹介 ご訪問ありがとうございます。 今回はPCから家庭用ゲーム機まで名作アドベンチャーゲーム(300本以上)をご紹介します。 ...

歴代の名作アドベンチャーゲームのご紹介(誕生から現在まで)

歴代の名作アドベンチャーゲームのご紹介
歴代の名作アドベンチャーゲームのご紹介 ご訪問ありがとうございます。 このシリーズでは、 『アドベンチャーゲーム』の黎明期から現在に続く 歴代の名作アドベンチャーゲームをご紹介します。 ...

独自の進化を遂げた『ゲーム音楽』- 『アドベンチャーゲーム音楽の歴史』シリーズ

【ゲーム音楽】独自の進化を遂げた名曲アドベンチャーゲーム・ミュージックのご紹介
独自の進化を遂げた名曲アドベンチャーゲーム・ミュージックのご紹介 ご訪問ありがとうございます。 今回は独自の進化を遂げた名曲アドベンチャーゲーム・ミュージックのご紹介をご紹介します。 ...

堀井雄二・名作アドベンチャーゲーム3部作のご紹介│まとめ│

堀井雄二・名作アドベンチャーゲーム3部作のご紹介│まとめ│~ポートピア連続殺人事件、オホーツクに消ゆ、軽井沢誘拐案内~
堀井雄二、名作アドベンチャーゲーム3部作のご紹介 ~ポートピア連続殺人事件、オホーツクに消ゆ、軽井沢誘拐案内~ ご訪問ありがとうございます。 このページでは堀井雄二さんの名作アドベンチャーゲーム、ミ...

名作本格ミステリー・アドベンチャーゲーム刑事J.Bハロルドのご紹介

【リバーヒルソフト】名作本格ミステリーAVG・刑事J.Bハロルドシリーズを生み出したリバーヒルソフトのご紹介│まとめ│
本格ミステリー・アドベンチャーゲーム・刑事J.Bハロルドシリーズを生み出したリバーヒルソフトのご紹介 ご訪問ありがとうございます。 このページでは、、 本格ミステ...

ファミコン探偵倶楽部のご紹介

【名作AVG】ファミコン探偵倶楽部のご紹介│まとめ│~名作ミステリー・アドベンチャーゲーム~
名作ミステリー・アドベンチャーゲーム、ファミコン探偵倶楽部のご紹介 ご訪問ありがとうございます。 今回は、名作ミステリー・アドベンチャーゲーム、ファミコン探偵倶楽部を紹介させて頂きます。 ファミ...

PC88時代の大作アドベンチャーゲーム・スターアーサー伝説・3部作(惑星メフィウス・暗黒星雲・テラ4001)のご紹介

【PC88AVG】大作アドベンチャーゲーム・スターアーサー伝説・3部作(惑星メフィウス・暗黒星雲・テラ4001)のご紹介
大作アドベンチャーゲーム『スターアーサー伝説・3部作』のご紹介 ~『惑星メフィウス』『暗黒星雲』『テラ4001』~ ご訪問ありがとうございます。 今回は、 1980年代...

【ハード別(家庭用・据置・携帯・PC・周辺機器)】ゲーム関連サイトマップのご紹介

【ハード別(家庭用・据置・携帯・PC・周辺機器)】ゲーム関連のサイトマップをご紹介します。

サイトマップ

TOPゲーム機PCゲーム機AC)│名作│テーマ│メーカー

PC・ゲーム機TOP > PC家庭用据置携帯

【ジャンル別】TOP>│RPGAVG格ゲーSTG│SLG│ACT│レーススポーツ
TBL(麻雀)│海外

プレイステーション アイコン PSハード別家庭用据置携帯)│ACPC周辺機器
【任天堂】FCFDSSFCN64GC│Wii│WiiU│Switch
【SONY】シリーズPSPS2PS3PS4
セガMD│SS│DC
NECPCEPCFX【SNK】NEOGEO3DO
任天堂(G&WGBGBA│NDS│3DS)
Sony(PSPPSVita
ネオジオポケット ワンダースワン ゲームギア
NECPC98PC88【SHARP】X68kX1MZ
【富士通】FMTOWNS77AVFM7
【その他】MSXAppleII
アーケード80年代90年代2000年代
周辺機器

周辺機器まとめコントローラーゲーム機別アケコン

ジャンルACT│RPG│AVG格ゲーSTG│SLG│
TBL(麻雀
メーカー任天堂│コーエー│カプコン│ハドソン│セガ

駿河屋スタッフ募集中

Kopenginサイト関連ページのご紹介

Kopenginサイト関連ページをご紹介します。

【名作ゲーム】全名作ソフト(500本以上)のご紹介│まとめ│ファミコン、ゲームボーイ、PC98 、RPGなど

【名作ゲーム】全名作ソフト(500本以上)のご紹介│まとめ│ファミコン、ゲームボーイ、PC98 、RPGなど
名作ゲームタイトルのご紹介│まとめ│ ~ファミコン、ゲームボーイ、PC98 、プレイステーションなど~ 訪問ありがとうございます。 このページではPCや家庭用ゲーム機の名作ゲームソフト(500本以上)をご紹...

PC・家庭用・アーケードゲーム・周辺機器のご紹介│まとめ│

PC・家庭用・アーケードゲーム・周辺機器のご紹介│まとめ│
ゲーム周辺機器のご紹介│まとめ│ ご訪問ありがとうございます。 今回は、PC・家庭用・アーケードゲーム・周辺機器についてご紹介させて頂きます。

名作ゲームのご紹介│まとめ│家庭用ゲーム・PC・アーケードなど

名作ゲームのご紹介│まとめ│家庭用ゲーム・PC・アーケードなど
名作ゲームのご紹介│まとめ│ ~家庭用ゲーム・PC・アーケードなど~ 訪問ありがとうございます。 今回は、名作ゲームソフトをご紹介させて頂きます。 据え置き機・名作ゲームのご紹介│まとめ│...

ジャンル別ゲームタイトルのご紹介│まとめ│

ジャンル別ゲームタイトルのご紹介│まとめ│
ジャンル別ゲームタイトルのご紹介│まとめ│ ご訪問ありがとうございます。 今回は、ジャンル別にゲームタイトルをご紹介させて頂きます。

タイトルとURLをコピーしました