パソコン・PCゲーム パソコン・ゲーム雑誌・書籍

第1回1980年代のパソコン雑誌の栄枯盛衰 ~1980年代のパソコン雑誌~

パソコン雑誌 1980年代パソコン・PCゲーム

第1回 1980年代のパソコン雑誌の栄枯盛衰

~1980年代のパソコン・ゲーム雑誌~

ご訪問ありがとうございます。

今回は

第1回 1980年代のパソコン雑誌の栄枯盛衰
~1980年代のパソコン雑誌~ をご紹介します。

アスキー

1980年代の『パソコン』や『ゲーム』情報を入手する最も最善の道は
『パソコン雑誌』であった。

 

『インターネット』も登場していない頃、

『雑誌・書籍』こそが情報収集の王様であった時代。

 

そんな、1980年代のパソコン雑誌の栄枯盛衰をご紹介します。

アスキー

ちなみに、1970年代末から1980年代はじめ頃までは、
『パソコン』とは言われず、『マイコン』と呼ばれていたんだ。

 

今では、廃れてしまった言葉ですね。

1970年代末の『パソコン雑誌』の誕生

パソコン情報誌の始りは、

 

1976年に『コンピュータ・ホビー専門誌』大御所がその産声をあげた。

その後スクスクと成長し、今でも出版されているいるという超老舗『I/O』(工学社)が創刊されたのだ。

I/O創刊

この頃の『I/O』の掲載内容は、

 

フログラムに関する記事とフログラムリスト、そして秋葉原の電子機器の広告などだったの。

うーん、この頃は、マニア以外が読んでも、何が書いてあるかよくわからない雑誌だったような。

翌年の1977年、『アスキー出版』が設立され、

『マイクロコンピュータ総合誌』と銘打った

『ASCII』(アスキー)が創刊されるんだ。

 

7000部からスタートした『ASSCII』(アスキー)だったけど、
わずか数年の後には南青山の一等地にフロアーを構えるまでに、急成長することになるんだ。

『ASCII』(アスキー)

同1977年には、『電波新聞社』から『月刊マイコン』

 

翌年1978年には『廣済堂』から『RAM』が創刊され、初期の『4大総合誌』が出揃ることになるんだよ。

マイコン RAM

 

 

『ASCII』(アスキー)などが創刊された1977年当時、

 

日本には、国産初の『マイコン』である

『ベーシックマスター』(日立)や『TK-80』(シャープ)といった手作りの簡易なボードコンピュータしかなかったからな。

ベーシックマスター

一方のアメリカでは『AppleII』や『PET2001』がヒット商品になりつつあったの。

 

かなり高価だったけど、『フロッピーディスク版』(FD)のソフトがつぎつぎ誕生して、パソコンゲームの先導役を果たすことになるのよ。

AppleII アスキー

日本では翌年1979年に、NECから『PC8001』が発売されるんだ。

 

『カラーグラフィック』を使った『キーボード付きの本格的パソコンの登場なのだ。

 

『PC8001』登場こそ、日本の『パーソナルコンピュータ』の開花の訪れを告げるものであった。

PC8001

1980年代はじめのパソコン雑誌・成長期

1980年代に入ると、大手電気メーカー(SONY、東芝、日立など)がパソコンの発売を開始するなど、パソコン業界は一気に活性化してゆくの

 

翌年の1981年には

 

シャープの『MZ-80/B』
NECから『PC6001』『PC8801』
そして、富士通から『FM8』

 

パソコン『三強メーカー』の機種が出そろい、活況を呈してきたのであった。

シャープ

 

NEC

富士通

中でも『PC8801』は、

 

モデルチェンジを繰り返しながらも超ヒット機になり、パソコン普及の先導役を果たすことに成るのだ。

PC8801

そして、パソコンの発売ラッシュに合わせるように

『パソコン専門誌』も創刊ラッシュを迎えるんだ。

1981年10月に『学研』から創刊された『マイコンライフ』をはじめ、

 

1982年には、

『テクノポリス』(徳間書店)
『マイコンBASICマガジン』(電波新聞社)
『LOGIN』(アスキー)

 

そして、『日本ソフトバンク』からは、『Oh!』シリーズの
『Oh!PC』『Oh!MZ』『Oh!FM』が登場するんだ。

Oh!MZ

翌年の1983年は、

 

『POPCOM』(小学館)
『コンプティーク』(角川書店)
『日経パソコン』(日経BP)
『MSXマガジン』(アスキー)
『Beep』(日本ソフトバンク)が創刊されるんだ。

POPCOM

まさに、パソコン雑誌の創刊ラッシュですね。

ちなみに、当時『三大ゲーム雑誌』と言われたのは

 

『コンプティーク』(角川書店・1983年)
『ログイン』(アスキー・1982年)
『ポプコム』(小学館・1983年)だね。

コンプティーク

1980年代はじめの雑誌の多くは、どれも文部省推薦のお墨付きがもらえそうな、

ニューメディア(CGやハイテク産業など)に関する記事が、巻頭から誌面の半分近くまでを占めていた。

 

パラパラとめくるだけては、どこかの科学雑誌と間違えそうであった。

だが、創刊ラッシュの頃になると各誌独自の記事を掲載しはじめるんだ。

 

この頃から、『マイコン』という通称は『パソコン』に変わり、ホビー面での環境も整ってくる。

 

そして、紙上の『ソフトリスト』を手入力するのではなく、
『パッケージソフト』が主流になってくるんだ。

イース

そして、雑誌の中身もゲームの娯楽性を前面に出したものに大きく変わり、発行部数もアップしていった。

 

『新作レビュー』や『人気ソフト』の『攻略方法』や『ソフトハウス』の取材記事など、

 

現在のコンピュータ・ゲーム雑志の基本的なスタイルはこのころに確立されたといっていい。

テクノポリス

『家庭用ゲーム機・ファミコン』の登場

1983年に『家庭用ゲーム機・ファミコン』が登場し、
1985年から1986年頃には『ファミコン・ブーム』が到来するんだ。

 

そして『ファミコン・ゲーム』が隆盛を極め、
これが起爆剤となって『ファミコン雑誌』が次々と創刊されることになるんだ。

ファミコン(ファミリーコンピューター)

この頃、低価格な『ホビーパソコン』として『MSX』も発売され

 

『MSXマガジン』(アスキー・1983年)と『MSXFAN』(徳間書店・1987年)が、しのぎを削ることになる。

MSXマガジン

ここで、1970年代、1980年代に創刊された、
パソコン雑誌の一覧をご紹介させて頂きます。

創刊休刊雑誌名出版社
1977年継続中I/O工学社
1978年2006年ASCIIアスキー
1981年
1985年マイコンライフ学研
1984年RAM廣済堂出版
1982年
2003年マイコンBASICマガジン電波新聞社
2008年LOGINアスキー
1994年テクノポリス徳間書店
1984年マイコンループCSK
2000年Oh!PC日本ソフトバンク
1995年Oh!MZ日本ソフトバンク
1983年
1994年POPCOM小学館
1985年マイコンボーイ旺文社
継続中コンプティーク角川書店
1984年マイコンゲームス旺文社
継続中日経パソコン日経BP
1992年MSXマガジンアスキー
1984年
1985年遊撃手ラポート
1987年enter東京書籍
2012年Beep日本ソフトバンク
1987年
1995年MSXFAN徳間書店
1988年MSX応援団大陸書房
1987年わ~ぷ笠倉出版

パソコン雑誌の栄枯盛衰

1980年代に消えていった、パソコン雑誌たち

あらためて、パソコン雑誌の一覧を見ると

短期間で、廃刊になった雑誌も沢山あったんですね。

特に、1990年代から2000年代に休刊や廃刊になってしまった、
雑誌が沢山ありますね。

1980年代に、消えていったのが、

『パソコン4大総合誌』の一角を担っていた
『RAM』(廣済堂出版)が、1984年に約3年で休刊してしまう。

 

『学研』の『マイコンライフ』も約4年刊行と検討したが、
1985年に休刊している。

マイコンライフ

1990年代に消えていった、パソコン雑誌たち

1990年代になると、

 

『MSX』を推進してきた『アスキー』の『MSXマガジン』が休刊(1992年)、
ライバルの『MSXFAN』(徳間書店)は、1995年まで生き残ったのが驚きだな。

MSXFAN

この頃から、老舗の雑誌も休刊、廃刊になり始めるんだ。

 

12年間、活躍した『テクノポリス』(徳間書店)が1994年に
『POPCOM』(小学館)も1994年に休刊しているんだ。

POPCOM

そして、時代は『国産PC』から『Windows』へ変化した時代。

 

流石に、『シャープ系・パソコン』の情報誌だった
『Oh!MZ(X)』(日本ソフトバンク)も惜しまれながら1995年に休刊している。

Oh!MZ

兄貴分の『Oh!PC』は、2000年まで持ちこたえたよ。

Oh!PC

2000年代に消えていった、パソコン雑誌たち

2000年代になると、いよいよ『インターネット時代』の到来。

 

紙による『パソコン情報誌』は、試練の時代を迎えることになる。

老舗の雑誌の休刊が相次ぐことになるのだ。

 

2003年に『マイコンBASICマガジン』(電波新聞社)が休刊すると
あの人気雑誌だった『ASCII』(アスキー)も休刊(2006年)することに

 

そして『LOGIN』(アスキー)も2008年に
あの『Beep』(日本ソフトバンク)も2012年に休刊してしまうのだ。

BEEP

長年愛読されていた、『パソコン情報誌』がなくなってしまうのは、残念ですね。

主な『パソコン雑誌』を『休刊・廃刊』ごとに一覧にしてみましたよ。

休刊創刊雑誌名出版社継続年数
1984年
1981年RAM廣済堂出版3年
1982年マイコンループCSK2年
1983年マイコンゲームス旺文社1年
1985年
1981年マイコンライフ学研4年
1983年マイコンボーイ旺文社2年
1984年遊撃手ラポート1年
1987年
1984年enter東京書籍3年
1987年わ~ぷ笠倉出版1年
1988年1987年MSX応援団大陸書房1年
1992年1983年MSXマガジンアスキー9年
1994年
1982年テクノポリス徳間書店12年
1983年POPCOM小学館11年
1995年
1982年Oh!MZ日本ソフトバンク13年
1987年MSXFAN徳間書店8年
2000年1982年Oh!PC日本ソフトバンク18年
2003年1982年マイコンBASICマガジン電波新聞社21年
2006年1978年ASCIIアスキー28年
2008年1982年LOGINアスキー26年
2012年1984年Beep日本ソフトバンク28年
継続中
1977年I/O工学社
1983年コンプティーク角川書店
1983年日経パソコン日経BP

2020年も生き残っているパソコン雑誌たち

1990年代、2000年代に次々と『パソコン情報誌』が休刊・廃刊に追い込まれる中

 

2020年になっても発行し続けている
『パソコン雑誌』も存在するのだー。

 

1970年代に創刊された、
『I/O』(工学社)、『Interface』(CQ出版)は未だに健在。

 

1980年代に生まれた『日経パソコン』(日経BP)も継続中である。

I/O 工学社

やっぱり『ビジネス系』は強いですね。

組み立てPC好きなら一度は購入経験のある
『DOS/V POWER REPORT』(インプレス)や

 

熱狂的なファンを持つ『Apple』の専門誌『Mac Fan』(マイナビ出版)など、今でも頑張っている『パソコン雑誌』はあるのだ。

Mac Fan

こちらが、2020年に継続中のパソコン雑誌一覧です。

雑誌名出版社創刊休刊
I/O工学社1977年継続中
InterfaceCQ出版1975年継続中
日経パソコン日経BP1983年継続中
Software Design技術評論社1990年継続中
DOS/V POWER REPORTインプレス1991年継続中
Mac Fanマイナビ出版1993年継続中
日経PC21日経BP1996年継続中
日経ソフトウエア日経BP1998年継続中
日経Linux日経BP1999年継続中
Mr.PC晋遊舎2009年継続中

 

ご閲覧ありがとうございました。
トゥットゥルー♪

1980年代のパソコン・ファミコン雑誌

第1回1980年代のパソコン雑誌の栄枯盛衰 ~1980年代のパソコン雑誌~
第1回 1980年代のパソコン雑誌の栄枯盛衰 ~1980年代のパソコン・ゲーム雑誌~ ご訪問ありがとうございます。 今回は 第1回 1980年代のパソコン雑誌の栄枯盛衰...
第2回1980年代のファミコン雑誌の栄枯盛衰 ~1980年代のファミコン雑誌~
第2回 1980年代のファミコン雑誌の栄枯盛衰 ~1980年代のファミコン雑誌~ ご訪問ありがとうございます。 前回のつづき 今回は これも懐かしい198...
タイトルとURLをコピーしました