エニックス アドベンチャーゲーム

【第1回】堀井雄二の名作アドベンチャーゲーム、オホーツクに消ゆのあらすじ

エニックス

【第1回】堀井雄二の名作アドベンチャーゲーム、オホーツクに消ゆのあらすじ

~刑事『新田哲二』(ボス)の手記(その1)~

ご訪問ありがとうございます。

今回は
堀井雄二の『オホーツクに消ゆ』-刑事『新田哲二』(ボス)の手記
物語のはじまり
をご紹介します。

『オホーツクに消ゆ』は、

 

あの『ドラゴンクエスト』の生みの親である『堀井雄二』さんが

1984年に発表した『ミステリー・アドベンチャーゲーム』だね。

オホーツクに消ゆ

『堀井雄二』さんは、

 

1986年に『PRGゲーム』『ドラゴンクエスト』を発表する前に

 

『堀井雄二・ミステリーシリーズ3部作』と言われている
3つの『ミステリー・アドベンチャーゲーム』を発表しているの。

堀井雄二

1作目が『ファミコン』でも発売された『ポートピア連続殺人事件』

 

そして2作目が『オホーツクに消ゆ』

 

3作目が『軽井沢誘拐案内』だよ。

軽井沢誘拐案内

今回は『アドベンチャーゲーム』の歴史にも残る
名作『オホーツクに消ゆ』の物語を堪能して頂こうということが目的なんだ。

オホーツクに消ゆ

そのためにも、なるべく『ネタバレ』なしで物語をご紹介したいので

主人公の刑事である

『新田哲二』(ボス)の手記というかたちで

 

物語が動き出す前の『5人目の殺人』までをご紹介します。

物語をはじめる前に『オホーツクに消ゆ』について
少し説明させて頂きたいと思います。

最初に『オホーツクに消ゆ』の全体像を知ってもらうために

 

ゲームの『オープニング』と主な『登場人物』

 

そして作品の『舞台』を紹介してから物語を進めたいと思います。

 

『北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ』オープニング

晴海埠頭に男の水『死体』が浮かび上がる。

 

身元は不明。推定年齢40歳前後。

 

舞台は東京から『北海道』に。

 

『釧路』『網走』『札幌』『紋別』『夕張』と次々と起こる第二、第三の連続殺人。

 

複雑な人間関係はいっこうに結びつかない。

事件の果てに戦後の闇が明らかになってくる・・・。

オホーツクに消ゆ

オープニングの通り

この作品は、東京を舞台に第一殺人事件が発生し

『警視庁捜査一課』のベテラン刑事である

 

『新田哲二(通称・ボス)』(プレイヤー)が

 

部下の『黒木五郎』を連れ、さっそく現場に駆けるところから物語は始まる。

 

そして、舞台は、直ぐに『北海道』に移り

主人公の刑事は『犯人』を追って
『釧路』『『網走』』『札幌』『『紋別』』『夕張』などに次々と移動することになるの。

北海道

『北海道』に移ってからは、

主人公の刑事の部下は、『北海道県警』の若手刑事
猿渡俊介(さるわたりしゅんすけ)』、通称『シュン』に切り替わるります。

オホーツクに消ゆ

歴史を変えた『堀井雄二・ミステリーシリーズ』

『堀井雄二・ミステリーシリーズ』の画期的なことは、

 

『アドベンチャーゲーム』で物語を進める方式を『対話方式』にしたこと

そして当時『アドベンチャーゲーム』の主流だった

『コマンド入力型』の『操作方法』をやめて

 

『コマンド選択型』を採用したことなの。

オホーツクに消ゆ

『コンピュータゲーム』に温かみのある『対話方式』を

『堀井雄二』さんは
1作目の『ポートピア連続殺人事件』から、
キャラクター同士の『やり取り(対話式)』で物語が進む『対話方式』を採用し

ポートピア連続殺人事件

『プレイヤー』である主人公の『ボス』が

 

「キキコミ シロ」と
『コマンド文』を入力して相棒の『ヤス』に命令すると、『ヤス』が台詞で返してくる

という方式は、当時として画期的なことだったんだ。

ポートピア連続殺人事件

『会話式に物語が進む』という方式は、

後に発売される『ドラゴンクエスト』にも引き継がれてゆくんです。

ドラゴンクエスト1

『操作方法』に『コマンド選択型』を採用する

そして、2作目の『オホーツクに消ゆ』では、

 

それまでの『コマンド入力型』をやめて『コマンド選択型』という方法を考え出すんだ。

オホーツクに消ゆ

これは、当時の『アドベンチャーゲーム』では

 

ユーザーが『キーワード』になる単語を考えて『キーボード』で入力し
『物語』を進めていくという『コマンド入力型』が主流だった時代。

ミステリーハウス

堀井さんは『オホーツクに消ゆ』では、

単語を精査し必要なコマンドだけを必要なときにだけ表示するように工夫したんだ。

 

この『コマンド選択』は、後に制作する『ドラゴンクエス』にも活かされているんだ。

ドラゴンクエスト3

そして『オホーツクに消ゆ』発売以降の『アドベンチャーゲーム』は、

 

『コマンド選択型』が主流の時代へと移ってゆくの。

 

この新しいプレイ方式によって、

 

『アドベンチャーゲーム』はゲームを進めてゆくことが簡単になり、

 

『パソコン』性能の向上に合わせて
物語のシナリオ文量が増え、より凝った作品が増えてくるの。

 

『オホーツクに消ゆ』は、
『アドベンチャーゲーム』の発展に大きく貢献した作品なんだ。

オホーツクに消ゆ

『オホーツクに消ゆ』物語のはじまり

それでは、物語をはじめてゆくことにしよう

主人公の
『警視庁捜査一課』のベテラン刑事である
『新田哲二(通称・ボス)』(プレイヤー)

 

もちろん、この『鳳凰院凶真(ほうおういんきょうま)』が担当する。

シュタインゲート

そして部下の『黒木五郎』
『北海道県警』の若手刑事
『猿渡俊介』(通称『シュン)役は、『助手』頼んだぞ。

 

え、私

その他の登場人物は、『ラボメン』メンバーなどが担当します。

『オホーツクに消ゆ』をプレイするにあたって

『オホーツクに消ゆ』は、

 

『ストーリー』がしっかりしており、
1980年代中頃の『日本製アドベンチャーゲーム』の最高峰に立つといっても過言ではない作品なの。

オホーツクに消ゆ

感動的な結末が用意され『本格的社会派推理アドベンチャー』なの。

『北海道』で起こった『連続殺人事件』のナゾを解決することがキミの目的よ。

 

そして画期的な『選択(テンキー)入力方式』を採用しており、

一見やさしそうに見えるが、難易度はとてもたかい作品よ。

 

『オホーツクに消ゆ』物語のはじまり

それは、恐ろしい『連鎖殺人事件』だった。
たった1週間の間に、7人もの人間が次々と殺されていったのだ。

 

『キミ』は、この事件の謎を解明するために、
『北海道』へ派遣された『新田哲二刑事』の役をつとめることになる。

オホーツクに消ゆ

相棒の『猿渡俊介』(愛称・シュン)とともに、
この難解な事件を解決してみてくれ。

オホーツクに消ゆ

なお、このゲームは『コマンドの入力』が『選択方式』なだけに
ヘタに『ヒント』を書いてしまうと答えになってしまう恐れがあるので

 

『新田刑事の手記』というかたちで書いてみることする。

手帳

これを読んで、ゲームの流れを推理しながらプレイしてほしい。

殺人事件発生 『晴海埠頭』にて

それは、ある晴れた日の出来事だった。

 

バタン!勢いよく『捜査一課』のドアを開け、
『オレ』の部下『黒木刑事』が息をきらして部屋に駆け込んできた。

オホーツクに消ゆ

『ボス』事件です!

 

『晴海埠頭』に男の『死体』が上がりました!

 

どうせまた、酔っぱらい同士の喧嘩か暴力団の抗争だろう。

 

あまり気乗りのせぬまま、『オレ』は現場へと向かった

 

『オレ』が『晴海埠頭』へ到着すると、
すでに『鑑識』や『ブン屋さん』たちが集まっていた

 

『ガイシャ』の身元はまったく不明で、
『発見者』の話によると、

 

今朝10時頃、『死体』がプカプカと水面に浮いていたそうだ。

オホーツクに消ゆ

念入りに『死体』を調べていくと、

ズボンのポケットから1枚の『チラシ』が見つかった。

『キャバレー・ルブラン』と書いてある。

 

とりあえずは、こいつを手がかりに捜査を進めていくしかなさそうだ。

 

『高田馬場・栄町』にある『ルブラン』へ

早速『オレ』は、『高田馬場の栄町』にある『ルーブラン』という店に聞きこみに出かけてみた。

 

店内に入る前に、店の前で『客引き』をしている『呼びこみの男』にちょっと話を聞いてみた。

オホーツクに消ゆ

うちのお店では、エミーちゃんって子がナンバーワンだよ。

『オレ』は用意しておいた『ガイシャ』の顔写真を見せてみた。

オホーツクに消ゆ

ああ、この人なら覚えてますよ。たしか『ルナ』ちゃんがついた人だ。

意外と手応えがありそうな返事が返ってきた。

そこで、『オレ』は店内に入り、『ルナ』という『ホステス』と会って話を聞いてみた。

オホーツクに消ゆ

あら、この人、5日ぐらい前に来たんじゃない?

 

なんでももうすぐ『大金』が入るって言ってたわよ。

 

それがさあ、しつこい人でねえ。

店が終わったら自分がとまってる『旅館』へ来ないかなって何度も誘うのよ。

 

今度はその『旅館』へ行ってみるしかあるまい。

『捜査』とは、こうやって1本の細い線をたどり
忍耐強くひとつひとつ手掛かりを集めていくものなのです。

 

『ガイシャ』の身元を求めて『旅館』へ

運のいいことに『旅館』のおかみさんも『ガイシャ』のことを覚えていてくれた。

 

自分の『旅館』に泊まっていた客が殺されたと知って驚いた彼女は、

すぐに『オレ』を『ガイシャ』の部屋に紹介してくれた。

オホーツクに消ゆ

そこには、『ガイシャ』のものと思われる『カバン』が残されていて、

 

中には『サラ金』からの『催促状』と思われる1通の『ハガキ』が入っていた。

 

宛名を見ると『北海道釧路市大川町1014 増田文吉』

オホーツクに消ゆ

――ああ、これでようやく『ガイシャ』の身元がわかったのだ。

『オレ』はこの事件の解決のため、
その1通の『ハガキ』を握りしめ単身『北海道』へ向かうことにした。

北海道

しかし、その時は、これが恐ろしい『連鎖殺人事件』の幕開けになろうとは、
みじんも考えてはいなかったのだが・・・。

 

オホーツクに消ゆ関連ページのご紹介

オホーツクに消ゆのまとめページのご紹介

迷ったらこのページをクリック、ホーツクに消ゆのまとめページです。

名作アドベンチャーゲーム(AVG)、オホーツクに消ゆ(堀井雄二作)│まとめ
名作アドベンチャーゲーム、オホーツクに消ゆ(堀井雄二作)│まとめ ご訪問ありがとうございます。 このページでは80年代の名作アドベンチャーゲーム、オホーツクに消ゆについてご紹介させて頂きます。 ...
名作アドベンチャーゲーム、オホーツクに消ゆのあらすじ
【第1回】堀井雄二の名作アドベンチャーゲーム、オホーツクに消ゆのあらすじ
【第1回】堀井雄二の名作アドベンチャーゲーム、オホーツクに消ゆのあらすじ ~刑事『新田哲二』(ボス)の手記(その1)~ ご訪問ありがとうございます。 今回は 堀井雄二の『オ...
【第2回】名作アドベンチャーゲーム・オホーツクに消ゆのあらすじのご紹介~舞台は北海道へ 第ニの殺人事件発生~
【第2回】名作アドベンチャーゲーム・オホーツクに消ゆのあらすじのご紹介~舞台は北海道へ 第ニの殺人事件発生~ ~刑事『新田哲二』(ボス)の手記(その2)~ ご訪問ありがとうございます。 前回の続き ...
【第3回・最終回】アドベンチャーゲーム(AVG)の名作、オホーツクに消ゆのあらすじ~夜の海に消えた老人、第四の犠牲者~
【第3回・最終回】オホーツクに消ゆのあらすじ~夜の海に消えた老人、第四の犠牲者~ ~刑事・新田哲二(ボス)の手記(その3)~ ご訪問ありがとうございます。 前回からのつづき ...
ファミコン版、オホーツクに消ゆについてのご案内
【前篇】ファミコン版・オホーツクに消ゆの誕生 ~堀井雄二のアドベンチャーゲームの世界~
ファミコン版・オホーツクに消ゆの誕生 ~堀井雄二のアドベンチャーゲームの世界~ ご訪問ありがとうございます。 今回は、【ファミコン版】『オホーツクに消ゆ』の誕生をご紹介します。 オホーツクに消ゆは、堀...
【後編】オホーツクに消ゆ・ファミコン移植がスタート ~堀井雄二のアドベンチャーゲームの世界~
オホーツクに消ゆ・ファミコン移植がスタート ~堀井雄二のアドベンチャーゲームの世界~ 前回からのつづきです。 『オホーツクに消ゆ』ファミコン化計画が、いよいよスタートを切った。 ...

堀井雄二、名作アドベンチャーゲーム3部作のご紹介

堀井雄二、ミステリー三部作のまとめページのご紹介

迷ったらこのページをクリック、堀井雄二、ミステリー三部作のまとめページです。

堀井雄二・名作アドベンチャーゲーム3部作のご紹介│まとめ│~ポートピア連続殺人事件、オホーツクに消ゆ、軽井沢誘拐案内~
堀井雄二、名作アドベンチャーゲーム3部作のご紹介 ~ポートピア連続殺人事件、オホーツクに消ゆ、軽井沢誘拐案内~ ご訪問ありがとうございます。 このページでは堀井雄二さんの名作アドベンチャーゲーム、ミ...
名作アドベンチャーゲーム、ポートピア連続殺人事件のご紹介
【前篇】名作アドベンチャーゲーム、ポートピア連続殺人事件の誕生
【前篇】名作アドベンチャーゲーム、ポートピア連続殺人事件の誕生 ご訪問ありがとうございます。 今回は、『ドラゴンクエスト』の生みの親、堀井雄二のゲーム作品 『ポートピア連続殺人事件』の誕生をご紹介します。 ...
【後編】名作アドベンチャーゲーム、ポートピア連続殺人事件、ボスとヤスの誕生
【後編】名作アドベンチャーゲーム、ポートピア連続殺人事件、ボスとヤスの誕生 ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き。 エニックスからゲーム制作の依頼を受けた堀井雄二さんは、ゲームの...
名作アドベンチャーゲーム、オホーツクに消ゆのご紹介
名作アドベンチャーゲーム(AVG)、オホーツクに消ゆ(堀井雄二作)│まとめ
名作アドベンチャーゲーム、オホーツクに消ゆ(堀井雄二作)│まとめ ご訪問ありがとうございます。 このページでは80年代の名作アドベンチャーゲーム、オホーツクに消ゆについてご紹介させて頂きます。 ...

軽井沢誘拐案内のご紹介

アドベンチャーゲームの名作、軽井沢誘拐案内の誕生~堀井雄二のミステリーアドベンチャーの世界~
アドベンチャーゲームの名作、軽井沢誘拐案内の誕生 堀井雄二のミステリーアドベンチャーの世界 ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き 今回は、『オホーツクに消ゆ』と同時に制作された...

幻の堀井雄二ミステリー、九龍の牙と白夜に消えた目撃者のご紹介

幻のアドベンチャーゲーム、九龍の牙と白夜に消えた目撃者~堀井雄二のミステリーアドベンチャーの世界~
幻のアドベンチャーゲーム、九龍の牙と白夜に消えた目撃者 ~堀井雄二のミステリーアドベンチャーの世界~ 前回からの続き ご訪問ありがとうございます。 今回は、堀井雄二さんの幻の作品となっ...

名作アドベンチャーゲーム(AVG)のご紹介│まとめ│

ご訪問ありがとうございます。

 

このページでは80年代の名作アドベンチャーゲーム、オホーツクに消ゆについてご紹介させて頂きます。

名作アドベンチャーゲームの紹介

【名作AVG】PC98からPS4まで名作アドベンチャーゲーム(300本以上)の紹介│まとめ│
PC98からPS4まで名作アドベンチャーゲーム(300本以上)の紹介 ご訪問ありがとうございます。 今回はPCから家庭用ゲーム機まで名作アドベンチャーゲーム(300本以上)をご紹介します。 ...

歴代の名作アドベンチャーゲームのご紹介(誕生から現在まで)

歴代の名作アドベンチャーゲームのご紹介
歴代の名作アドベンチャーゲームのご紹介 ご訪問ありがとうございます。 このシリーズでは、 『アドベンチャーゲーム』の黎明期から現在に続く 歴代の名作アドベンチャーゲームをご紹介します。 ...

独自の進化を遂げた『ゲーム音楽』- 『アドベンチャーゲーム音楽の歴史』シリーズ

【ゲーム音楽】独自の進化を遂げた名曲アドベンチャーゲーム・ミュージックのご紹介
独自の進化を遂げた名曲アドベンチャーゲーム・ミュージックのご紹介 ご訪問ありがとうございます。 今回は独自の進化を遂げた名曲アドベンチャーゲーム・ミュージックのご紹介をご紹介します。 ...

堀井雄二・名作アドベンチャーゲーム3部作のご紹介│まとめ│

堀井雄二・名作アドベンチャーゲーム3部作のご紹介│まとめ│~ポートピア連続殺人事件、オホーツクに消ゆ、軽井沢誘拐案内~
堀井雄二、名作アドベンチャーゲーム3部作のご紹介 ~ポートピア連続殺人事件、オホーツクに消ゆ、軽井沢誘拐案内~ ご訪問ありがとうございます。 このページでは堀井雄二さんの名作アドベンチャーゲーム、ミ...

名作本格ミステリー・アドベンチャーゲーム刑事J.Bハロルドのご紹介

【リバーヒルソフト】名作本格ミステリーAVG・刑事J.Bハロルドシリーズを生み出したリバーヒルソフトのご紹介│まとめ│
本格ミステリー・アドベンチャーゲーム・刑事J.Bハロルドシリーズを生み出したリバーヒルソフトのご紹介 ご訪問ありがとうございます。 このページでは、、 本格ミステ...

ファミコン探偵倶楽部のご紹介

【名作AVG】ファミコン探偵倶楽部のご紹介│まとめ│~名作ミステリー・アドベンチャーゲーム~
名作ミステリー・アドベンチャーゲーム、ファミコン探偵倶楽部のご紹介 ご訪問ありがとうございます。 今回は、名作ミステリー・アドベンチャーゲーム、ファミコン探偵倶楽部を紹介させて頂きます。 ファミ...

PC88時代の大作アドベンチャーゲーム・スターアーサー伝説・3部作(惑星メフィウス・暗黒星雲・テラ4001)のご紹介

【PC88AVG】大作アドベンチャーゲーム・スターアーサー伝説・3部作(惑星メフィウス・暗黒星雲・テラ4001)のご紹介
大作アドベンチャーゲーム『スターアーサー伝説・3部作』のご紹介 ~『惑星メフィウス』『暗黒星雲』『テラ4001』~ ご訪問ありがとうございます。 今回は、 1980年代...

サイトマップのご紹介

サイトをご紹介します。

足りないゲーム機情報は随時更新していきますのでお楽しみに

サイトマップ

TOP > PC│ゲーム機│名作ゲーム│ジャンル│テーマ│メーカー

PC・ゲーム機TOP > PC 据置ゲーム機 携帯ゲーム機

【ジャンル別】TOP>│RPG│AVG格ゲーSTG│SLG│ACT│
TBL(麻雀)

プレイステーション アイコン PSハード別(家庭用据置│携帯│AC│PC)
据え置き機
任天堂FCFDSSFCN64GC│Wii│WiiU│Switch
セガMDSSDC
NECPCエンジンPCFX
SonyPSPS2PS3PS4
SNKNEOGEO3DO
G&W GB GBA NDS 3DS PSP PSVita
ネオジオポケット ワンダースワン ゲームギア
PC・パソコン
NECPC98PC88
シャープX68000X1MZ系
富士通FMTOWNS77AVFM7
その他MSXAppleII
アーケード80年代90年代2000年代
周辺機器コントローラーゲーム機別│メーカー別│アケコン(RAP)
タイトルとURLをコピーしました