アドベンチャーゲーム パソコン・PCゲーム

【第1回】リバーヒルソフトの誕生、名作AVG・刑事J.Bハロルドシリーズ・殺人倶楽部の登場

リバーヒルソフト誕生 JBハロルドアドベンチャーゲーム

【第1回】リバーヒルソフトの誕生、名作AVG・刑事J.Bハロルドシリーズ・殺人倶楽部の登場

~リバーヒルソフトの誕生からマンハッタンレクイエム誕生までの道のり~

ご訪問ありがとうございます。

今回は、

あの『本格ミステリー・アドベンチャーゲーム』の『刑事J.Bハロルドシリーズ』を生み出した
『リバーヒルソフト』の誕生から『マンハッタンレクイエム』登場までの道のり をご紹介させて頂きます。

JBハロルド マンハッタン・レクイエム

『刑事J.B.ハロルドシリーズ』とは

『刑事J.B.ハロルドシリーズ』は

 

架空の警察官『J.B.ハロルド』を主人公とした『本格ミステリー・アドベンチャーゲーム』、

1980年代から1990年代にかけて『リバーヒルソフト』からパソコン(PC-9801など)で発売され、人気を博しシリーズ化された作品だよ。

JBハロルド

そんな『リバーヒルソフト』の誕生から、

大ヒットした『J.B.ハロルド』2作目の『マンハッタンレクイエム』登場までの道のりをご紹介させて頂きます。

リバーヒルソフト

『リバーヒルソフト』の誕生

1983年子供の日、その日『リバーヒルソフト』の創業者である『岡崎一博』さんと『鈴木理香』さんは福岡にあるビルの一室にいた。

 

すでに2人ともあのハローキティで有名な『サンリオ』を去り、後戻りはできない状況にあった。

 

このとき、彼らの胸中をよぎるものは何だったのだろう。

ハローキティ

1983年年5月6日福岡に『株式会社リバーヒルソフト』が誕生するんだ。

 

創業者である、『岡崎一博』さんは『プログラマー』であり会社の『代表取締役 』を担当、

そして『鈴木理香』さんは、『ゲーム企画』『シナリオ作り』を主に担当して

あのリアリティ溢れる重厚な『J.B.ハロルドシリーズ』のシナリオを手掛けることになるよ。

リバーヒルソフト

『リバーヒルソフト』ゲームソフトを発売するが・・・

創業から約2ヵ月後『リバーヒル』の第1弾アクションゲームとして『ズームインスペース』ができ上がった。

 

だが、このゲームの存在を知る者は少なかった。

そしてその年の秋、『アドベンチャーゲーム』『巨大地震』が完成する。

 

以後、『ザ・ストレイストーリー』『サバイバルゾーン』とゲームを開発するが、それほどの話題にもならずに時は過ぎていった。

ザ・ストレイストーリー

この頃の『リバーヒル』を、『鈴木』さんはこう振り返る。

あのころはまだ、ソフトの企画会社としてゲームを制作していたんです。

制作も私と『岡崎』さんの2人で『マニファクチュア』のようにして。

 

しかも、いつも締め切りに追われていましたから、完成しても満足感が味わえないという状態でした。

 

ミステリーアドベンチャーの登場、『黒猫荘相続殺人事件』

創業をしたもののなかなかヒット作品に恵まれない『リバーヒルソフト』に、

 

1つのエポックとなった作品が『黒猫荘相続殺人事件』
いわゆる『ミステリーアドベンチャー』である。

黒猫荘相続殺人事件

おー『リバーヒルソフト』のお家芸が登場

『黒猫荘相続殺人事件』は、

 

大きな反響を呼び、パソコン雑誌の『アドベンチャーゲーム』などで取り上げられるようになり、

『リバーヒルソフト』の名前も『マスコミ関係者』や『ユーザー』などに浸透し始めるんだ。

 

そして『白バラ連続殺人事件』『狼男殺人事件』とたて続けに発売した『ミステリー』が話題を呼び、『リバーヒル』の名も全国区へと広がっていったんだ。

黒猫荘相続殺人事件

『ミステリー』の『リバーヒル』という認知度が上がっていったこの頃、
でも、創業者の『岡崎』さんと『鈴木』さんにまだ満足感はなかったの。

試行錯誤の時代だったと思います。
これはというソフトの前段階だったのかもしれませんね。

と当時の『岡崎』さんは言う。

ミステリの傑作『刑事J.Bハロルドシリーズ』の土壌はこんな経緯を経て醸成されていったんだ。

 

そして『リバーヒル』を代表するソフトを作ろう

 

こんな思いが2人の中に生まれ、それが『刑事J.Bハロルドシリーズ』の芽生えだったんだ。

JBハロルド

本物の作品が作りたい

『リバーヒル』社内では、『本物の作品を作りたい』という欲求は急速に高まっていった。

 

この思いに拍車をかけたのが、『リバーヒルソフト』にとって初めての取材となった『パソコン雑誌編集者』のひと言だったんだ。

 

ゲームの名前を言えば、あっ、あそこの『ソフトハウス』といわれるような、代表作がほしいですね。

この言葉は、以後『鈴木』さんの脳裏に焼きついて離れなかったという。

1986年『リバーヒル』の『企画会議』

創業して3年後

1986年生年某月某日、次作の『企画会議』が開かれた

 

合言葉は『本物の作品』

リバーヒルソフト

『鈴木』さんは、当時の『企画会議』状況について

あの時は、こんなことは出来ないんじゃないかとか、こんなことはちょっと、といった制限をいっさい取り払って企画を出し合いました。

と後に証言しているよ。

その結果出てきた企画が、

『登場人物』を30~40人、メッセージ3500、選択肢250、いきなりシリーズ化、『マニュファクチュア』をやめて仕事の分担化など、

 

今までの『リバーヒル』ではタブーとされていたことが議題に上ったんだ。

会議 ミーティング

『岡崎』さんは当時を振り返り

これまでの『リバーヒル』でしたら全部ボツになっていたかもしれませんね、この企画は・・・

 

でも、これが当たらなかったらやめちゃおうという気がありましたから、いいことは何でもやってみようという感じでした。

 

こうして、数時間に及ぶ『企画会議』の結果、

 

アメリカを舞台にした『ハードボイルドタッチ』の『ミステリーアドベンチャー』に決定。

 

『登場人物』も前代未聞の『33人』メッセージ3000を超え、選択肢200以上という
しかも、発売前からシリーズ化も決定したんだ。

JBハロルド

おー本気の『リバーヒル』

『リバーヒルソフト』の『J.B.ハロルドシリーズ』までの道のり

ここで『リバーヒルソフト』の1983年から1987年までの創業から『J.B.ハロルドシリーズ』誕生までの作品を紹介させて頂きます。

JBハロルド DCコネクション

発売年ゲームタイトルコメント
1983年
ズーム イン スペース『リバーヒル』の第1弾アクションゲーム
巨大地震アドベンチャーゲーム
あどべんちゃーイン博多
1984年
手掛かりを探せ!
ザ・ストレイストーリー
Gメン 記憶を探せ!
黒猫荘相続殺人事件ミステリーアドベンチャー
白バラ連続殺人事件ミステリーアドベンチャー
狼男殺人事件ミステリーアドベンチャー
1985年
ジャグラー・ストーン
ゾーディアック
バル・トラッド
1986年
アグレスゾーディアックの続編
殺人倶楽部J.B.ハロルドシリーズ 第1作
1987年マンハッタンレクイエムJ.B.ハロルドシリーズ 第2作

記念すべき『刑事J.Bハロルドシリーズ』の第1作目『殺人倶楽部』誕生

『リバーヒルソフト』では、

 

今までにないゲームを作りたいという思いが制限を取り払い、
これまでのゲームとはまったく違った『アルゴリズム』によるゲーム作りが始まった。

 

と同時にスタッフも分担され、『グラフィック担当』や『サウンド担当』が新たにソフト作りに投入された。

 

この頃から、職人肌の『マニュファクチュア方式』から
『作業分担方式』に切り替えたんだね。

『殺人倶楽部』の制作開始

『殺人倶楽部』の制作では

 

『鈴木』さんは『シナリオ』に力を注ぎ、

プレイヤーは絶対にメッセージを読んでくれるという思いで『登場人物』33人の『キャラクタ』の個性作りなど、巨大なメッセージ群を書き始めた。

 

その『シナリオ』を待って『岡崎』さんが『プログラム』を、
『デザイナー』は、上がってきたラフから『グラフィック』を描き始める。

 

そして、『殺人倶楽部』の『グラフィック』の多くが『アメリカの雑誌』や『インテリア誌』、『建築誌』などから生まれた。

 

マンハッタン・レクイエム

発売直後のどんでん返し、これは売れるパッケージではないね

その後、『刑事J.Bハロルドシリーズ』のパッケージデザインを担当することになる、

『高屋』さん(高屋デザイン事務所)が『リバーヒルソフト』を訪れたのは、

『プログラム』もほぼ完成し、『パッケージ』も出来上がり付属の『マップ』や『マニュアル』も試行錯誤の末、完成したころであった。

 

『高屋』さんは、パッケージを見て言った。

 

これは売れるソフトのパッケージではないね。

え・・・

すでに出荷の準備に入っていたときだけに、『岡崎』さんと『鈴木』さんは慌ててしまう。

 

『鈴木』さんは、当時を回想して

『高屋』さんとは以前から付き合いが,ありましたから、
企画主旨を話して、至急『パッケージ』と『ポスター』のデザインを依頼したんです。

タイムリミット1週間という強行軍の結果、

『高屋』さんは、『鈴木』さんのイメージにぴったりのデザインを上げてきたのである。

 

こうして生まれたのが、

『刑事J.Bハロルドシリーズ』第1作目の『殺人倶楽部』だよ。

殺人倶楽部

この記念すべき第1作目の『殺人倶楽部』は、

 

どこから捜査してもラストに行き着ける『捜査シミュレーション』という新分野をひっさげ、スタッフの満足感を乗せて発売されたのだった。

殺人倶楽部

まさに、『リバーヒルソフト』渾身の一作だね。

『殺人倶楽部』の反響は?

『殺人倶楽部』は、

『リバーヒルソフト』スタッフの満足感と、そして期待と不安を詰めて市場へと旅立った。

 

時を同じくして、予想外の事態が起きのだ。

『ショップ』や『ユーザー』の前に、『パソコン誌』が敏感に反応したのだ。

 

『リバーヒルソフト』へ、今までにないほどの取材が相継いのだ。

殺人倶楽部

『鈴木』さんは、この頃の『パソコン誌』の反応についてこう分析しているよ。

『編集者たち』も既成のゲームにちょっと食傷気味だったのかもしれないですね。

それに『ユーザーターゲット』もちょうど『編集者』(おっさん?)くらいだからウケたんだと思いますよ。(笑い)

そして『殺人倶楽部』は、
『ユーザー』からも高い指示を受けて、大ヒットすることに。

 

『ミステリーアドベンチャー』なら『リバーヒルソフト』。

 

『リバーヒルソフト』といえば、『殺人倶楽部』と言われるほど

 

『パソコン・ゲーム業界』で『不動の地位』を確立することになるんだ。

 

そして、『リバーヒルソフト』はその勢いのまま、
『刑事J.Bハロルドシリーズ』の第2作となる『マンハッタンレクイエム』の企画をはじめるんだ。

マンハッタン・レクイエム

関連ページのご紹介

リバーヒルソフトまとめページのご紹介

迷ったらこのページをクリック、リバーヒルソフトのまとめページです。

【リバーヒルソフト】名作本格ミステリーAVG・刑事J.Bハロルドシリーズを生み出したリバーヒルソフトのご紹介│まとめ│
本格ミステリー・アドベンチャーゲーム・刑事J.Bハロルドシリーズを生み出したリバーヒルソフトのご紹介 ご訪問ありがとうございます。 このページでは、、 本格ミステ...
リバーヒルソフトの誕生からマンハッタンレクイエム誕生までの道のり
【第1回】リバーヒルソフトの誕生、名作AVG・刑事J.Bハロルドシリーズ・殺人倶楽部の登場
【第1回】リバーヒルソフトの誕生、名作AVG・刑事J.Bハロルドシリーズ・殺人倶楽部の登場 ~リバーヒルソフトの誕生からマンハッタンレクイエム誕生までの道のり~ ご訪問ありがとうございます。 ...
【第2回】マンハッタンへ行こう、名作アドベンチャーゲーム・マンハッタンレクイエムの誕生
【第2回】マンハッタンへ行こう、名作アドベンチャーゲーム・マンハッタンレクイエムの誕生 ~リバーヒルソフトの誕生からマンハッタンレクイエム誕生までの道のり~ ご訪問ありがとうございます。 前回の続き ...
【最終回】マンハッタンレクイエム以降のリバーヒルソフト ~リバーヒルソフトの誕生からマンハッタンレクイエム誕生までの道のり~
【最終回】マンハッタンレクイエム以降のリバーヒルソフト ~リバーヒルソフトの誕生からマンハッタンレクイエム誕生までの道のり~ ご訪問ありがとうございます。 前回の続き ...
名作アドベンチャーゲーム、マンハッタンレクイエム、殺意の接吻のご紹介
名作アドベンチャーゲーム、マンハッタンレクイエム、殺意の接吻のご紹介 │まとめ│~ 刑事J.B.ハロルドシリーズ~
名作アドベンチャーゲーム、マンハッタンレクイエム、殺意の接吻のご紹介 ~ 刑事J.B.ハロルドシリーズ~ ご訪問ありがとうございます。 このページでは、 本格ミステリー・アドベンチャーゲーム』 『...
名作AVG、D.C.コネクション~愛と死の迷路のご紹介
名作AVG、D.C.コネクション~愛と死の迷路~│まとめ│刑事J.B.ハロルドシリーズ
名作AVG、D.C.コネクション~愛と死の迷路~│まとめ│ ご訪問ありがとうございます。 このページでは、 本格ミステリー・アドベンチャーゲーム』 『刑事J.Bハロルドシリーズ』の『D.C.コネク...

名作アドベンチャーゲーム(AVG)のご紹介│まとめ│

ご訪問ありがとうございます。

 

このページでは80年代の名作アドベンチャーゲーム、オホーツクに消ゆについてご紹介させて頂きます。

名作アドベンチャーゲームの紹介

【名作AVG】PC98からPS4まで名作アドベンチャーゲーム(300本以上)の紹介│まとめ│
PC98からPS4まで名作アドベンチャーゲーム(300本以上)の紹介 ご訪問ありがとうございます。 今回はPCから家庭用ゲーム機まで名作アドベンチャーゲーム(300本以上)をご紹介します。 ...

歴代の名作アドベンチャーゲームのご紹介(誕生から現在まで)

歴代の名作アドベンチャーゲームのご紹介
歴代の名作アドベンチャーゲームのご紹介 ご訪問ありがとうございます。 このシリーズでは、 『アドベンチャーゲーム』の黎明期から現在に続く 歴代の名作アドベンチャーゲームをご紹介します。 ...

独自の進化を遂げた『ゲーム音楽』- 『アドベンチャーゲーム音楽の歴史』シリーズ

【ゲーム音楽】独自の進化を遂げた名曲アドベンチャーゲーム・ミュージックのご紹介
独自の進化を遂げた名曲アドベンチャーゲーム・ミュージックのご紹介 ご訪問ありがとうございます。 今回は独自の進化を遂げた名曲アドベンチャーゲーム・ミュージックのご紹介をご紹介します。 ...

堀井雄二・名作アドベンチャーゲーム3部作のご紹介│まとめ│

堀井雄二・名作アドベンチャーゲーム3部作のご紹介│まとめ│~ポートピア連続殺人事件、オホーツクに消ゆ、軽井沢誘拐案内~
堀井雄二、名作アドベンチャーゲーム3部作のご紹介 ~ポートピア連続殺人事件、オホーツクに消ゆ、軽井沢誘拐案内~ ご訪問ありがとうございます。 このページでは堀井雄二さんの名作アドベンチャーゲーム、ミ...

名作本格ミステリー・アドベンチャーゲーム刑事J.Bハロルドのご紹介

【リバーヒルソフト】名作本格ミステリーAVG・刑事J.Bハロルドシリーズを生み出したリバーヒルソフトのご紹介│まとめ│
本格ミステリー・アドベンチャーゲーム・刑事J.Bハロルドシリーズを生み出したリバーヒルソフトのご紹介 ご訪問ありがとうございます。 このページでは、、 本格ミステ...

ファミコン探偵倶楽部のご紹介

【名作AVG】ファミコン探偵倶楽部のご紹介│まとめ│~名作ミステリー・アドベンチャーゲーム~
名作ミステリー・アドベンチャーゲーム、ファミコン探偵倶楽部のご紹介 ご訪問ありがとうございます。 今回は、名作ミステリー・アドベンチャーゲーム、ファミコン探偵倶楽部を紹介させて頂きます。 ファミ...

PC88時代の大作アドベンチャーゲーム・スターアーサー伝説・3部作(惑星メフィウス・暗黒星雲・テラ4001)のご紹介

【PC88AVG】大作アドベンチャーゲーム・スターアーサー伝説・3部作(惑星メフィウス・暗黒星雲・テラ4001)のご紹介
大作アドベンチャーゲーム『スターアーサー伝説・3部作』のご紹介 ~『惑星メフィウス』『暗黒星雲』『テラ4001』~ ご訪問ありがとうございます。 今回は、 1980年代...

サイトマップのご紹介

サイトをご紹介します。

足りないゲーム機情報は随時更新していきますのでお楽しみに

サイトマップ

TOP > PC│ゲーム機│名作ゲーム│ジャンル│テーマ│メーカー

PC・ゲーム機TOP > PC 据置ゲーム機 携帯ゲーム機

【ジャンル別】TOP>│RPG│AVG格ゲーSTG│SLG│ACT│
TBL(麻雀)

プレイステーション アイコン PSハード別(家庭用据置│携帯│AC│PC)
据え置き機
任天堂FCFDSSFCN64GC│Wii│WiiU│Switch
セガMDSSDC
NECPCエンジンPCFX
SonyPSPS2PS3PS4
SNKNEOGEO3DO
G&W GB GBA NDS 3DS PSP PSVita
ネオジオポケット ワンダースワン ゲームギア
PC・パソコン
NECPC98PC88
シャープX68000X1MZ系
富士通FMTOWNS77AVFM7
その他MSXAppleII
アーケード80年代90年代2000年代
周辺機器コントローラーゲーム機別│メーカー別│アケコン(RAP)
タイトルとURLをコピーしました