アドベンチャーゲーム パソコン・PCゲーム

【第1回】PC88時代のAVG、スターアーサー伝説シリーズ(惑星メフィウス・暗黒星雲・テラ4001)とは

スターアーサー 惑星メフィウスアドベンチャーゲーム

PC88時代のAVG、スターアーサー伝説シリーズ

大作アドベンチャーゲーム・スターアーサー伝説・3部作(惑星メフィウス・暗黒星雲・テラ4001)のご紹介

ご訪問ありがとうございます。

今回は80年代はじめの『アドベンチャーゲーム』黎明期に登場した、
大作『SFアドベンチャー』の『スターアーサー伝説シリーズ・3部作』
『惑星メフィウス』『暗黒星雲』『テラ4001』をご紹介します。

 

『スターアーサー伝説シリーズ』は、

 

日本のソフトハウス『T&ESOFT』

3部構成で制作した『SFアドベンチャーゲーム』だよ。

T&ESOFT

『T&ESOFT』は、

 

1980年代の国産の『8ビットパソコン』で、
『スターアーサー伝説シリーズ』『ハイドライドシリーズ』『DAIVA』などで名を馳せることになるんだ。

 

ハイドライド

『スターアーサー伝説シリーズ』1作目の『惑星メフィウス』は、

 

『T&ESOFT』が飛躍するきっかけとなり、

日本初の大作『アドベンチャーゲーム』として

 

1980年代初期の『アドベンチャーゲーム・ブーム』(AVG初期黄金時代)の火付け役となった作品でもあるんだ。

惑星メフィウス

『アドベンチャーゲーム・ブーム』の到来 ~AVG初期黄金時代~

輸入版に圧倒されっぱなしだった日本製『アドベンチャーゲーム』の中で、
ひときわ目立った元気印の作品、それが『スターアーサー伝説』シリーズだったのだ。

このソフトの『カセットテーブ』を、心ときめかしてロードした『アドベンチャーゲーム』ファンは少なくないはずだ。

 

このゲームが火つけ役となって『アドベンチャーゲーム・ブーム』が広がり、
『サラダの国のトマト姫』(1984年・ハドソン)

『ウイングマン』(1984年・エニックス)などのヒットにより、

 

『アドベンチャーゲーム』は、初期黄金時代を迎えることになるんだ。

ウイングマン

『スターアーサー伝説シリーズ』の作品世界は?

『スターアーサー伝説』は、

 

宇宙暦3826年の銀河系宇宙を舞台に、『救世主スターアーサー』が悪の支配者『ジャミル』を倒すストーリーだよ。

ウイングマン

当時流行していた映画『スターウォーズ』のように

 

1作ごとに舞台が変わり、最終戦争に向かって広大なスペースファンタジーが展開していくんだ。

スターウォーズ

『スターアーサー伝説シリーズ』は、

 

1983年から1985年までに合計『3作』発売されたんだ。

 

1作目が、1983年に発売された『惑星メフィウス』、

2作目は、翌年の1984年に『暗黒星雲』がリリースされ

その翌年の1985年発売の『テラ4001』で完結作するんだよ。

スターアーサー

『スターアーサー伝説シリーズ』の挑戦

そして『スターアーサー伝説シリーズ』では、作品ごとに新しい趣向に挑戦していて。

 

『惑星メフィウス』(1作目)は、『テキスト・アドベンチャーゲーム』だったものから

2作目の『暗黒星雲』では、シューティングゲームが組み込まれ

 

完結作の『テラ4001』では、RPGの要素を取り込むなど

『アドベンチャーゲーム』の新しい可能性を挑戦した作品でもあるんだ。

スターウォーズ

ここから、3作品についてご少し紹介させて頂きます。

『惑星メフィウス』とは、

記念すべき『スターアーサー伝説シリーズ』デビュー作だよ。

『スターアーサー伝説』は、1話から3話までの物語で構成されていて。

 

第1話が、『惑星メフィウス』
第2話が、『暗黒星雲』
第3話が、『テラ4001』なんだ。

 

『惑星メフィウス』は、

『スターアーサー伝説』の第1話をゲームにしたということだね。

 

『惑星メフィウス』の特徴は、

『惑星メフィウス』は、

 

日本にAVGブームを巻きおこすのに、ひと役買った作品であり。

異様なキャラクター、SFアニメ的な物語展開が話題を呼び、大ヒットにつながった。

 

ただ初期の作品なだけに、画面処理スピードが遅いのが難点だった。

『惑星メフィウス』の制作は、

 

1983年2月にはじまり、同年7月に完成し、
同月の1983年7月に発売されるんだ。

 

この頃、ゲームは大作とはいえ、5ヶ月という短期間で開発出来たんだよね。

現在は、3-5年かかる大作ゲームもありますからね。

最初の対応機種と価格は、

 

『NEC』の『PC-8801/mkII/SR』が、4800円
『PC-6001mkII』が、6800円

 

『富士通』の『FM-7』
『シャープ』の『MZ-1500』や『X1』などでも発売されていたよ。

PC-8801/mkII/SR

当時へ、機種ごとに対応しなければいけないから『移植』も大変ですね。

制作スタッフは、

 

原作担当は、『横山英二』
プログラムは、『横山英二』『加藤英治』『吉川泰生』『守実克師』などなど
画面デザイン担当は、『三浦かよ子』『浜島勇次』

 

総画面数は、当時としては多い約50枚

T&ESOFT

当時の制作裏話としては、

 

パソコンゲームの分野では初めての、
本格的に『プロデューサー制』を導入して制作された作品なんだ。

 

この頃の『アドベンチャー・ゲーム』は、

 

非常にマイナーだったジャンルのため、参考にするものもほとんど無く、制作は、手探りの状態で開発が進められたんだ。

 

そのためか、開発当初は『プロデューサー制』もうまくかみ合わず

本当に『プロデューサー制』が、生きてきたのは開発の後半、
そして次作の『暗黒星雲』からなんだよ。

『アドベンチャーゲーム』黎明期らしい、逸話ですね。

当時の開発陣は、

 

『惑星メフィウス』が、大ヒットするかまったく売れないかのどちらかだと思っていたんだ。

 

ゲームをプレイする『ユーザー』が、

どのようにこの作品を受けとめるのか、まったく予想がつかなかたの。

そういった意味でも、この『惑星メフィウス』は、
『T&ESOFT』にとっても、ひとつの大きな賭けだったのだ。

T&ESOFT

幸い『惑星メフィウス』は、予想以上の大ヒットとなり、

その後、勢いに乗った『T&ESOFT』は、
『ハイドライドシリーズ』を手掛け、

 

『日本ファルコム』の『ドラゴンスレイヤー』と並ぶ、人気ブランドへと駆け上がることになるのだ。

ハイドライド

『スターアーサー伝説シリーズ』2作目、『暗黒星雲』

『暗黒星雲』は、『スターアーサー3部作の第2弾』。

 

今回は主人公が、広い宇宙を飛び回って冒険するというゲーム内容だよ。

そして、この作品では、

 

コックピット感覚で、『宇宙船』を操縦できるという『シミュレーションゲームの要素』も加え、

 

『アドベンチャーゲーム』に『アクション・ゲーム』を取り入れた画期的作品だよ。

ウイングマン

『暗黒星雲』の制作は、

 

1作目の『惑星メフィウス』が発売された、1983年7月に制作がはじまり
同年の12月に完成、発売されているよ。

 

総画面数は、『惑星メフィウス』より多い約70枚

 

『スターアーサー伝説シリーズ』完結作、『テラ4001』

『テラ4001』は、

 

根強い人気を持つ『スターアーサー伝説シリーズ』の第3弾

 

普通に描いているように見える『テラ4001』の画面は、
実はすべて3D処理によって描かれているんだ。

これは、当時『3D』が流行り出しから取り入れたわけではなく

少しでも『画面表示』を高速するために考えだされた、苦肉の策だったんの。

 

各パーツは、『3Dピクチャ・エディタ』によって制作され、
それらを3D処理によって、拡大縮少回転、そして合成して一枚の画面を表示しているんだよ。

テラ4001

問題のRPG機能の追加は、『スターアーサー伝説シリーズ』の『ユーザー』からのアンケートで

『スターアーサー伝説シリーズ』でも『ロールプレイングゲーム』で遊んでみたいですー。

という要望に答えたものなんだ。

 

お客様は神様です。ということで、何の抵抗もなくロールプレイング
の要素を取り入れてしまい・・・

 

結果非常に難解な『アドベンチャー・ゲーム』となってしまったのだ。

 

ユーザーの要望を聞き過ぎても、作品はうまくいかない時もある

という教訓ですね。

『テラ4001』の制作は、

 

2作目の『暗黒星雲』発売の翌年、1984年7月に制作がはじまり
同年の12月に完成、発売されているよ。

 

総画面数は、なんと『惑星』の2.5倍の約130枚。

T&ESOFT

関連ページのご紹介

スターアーサー伝説・3部作まとめページのご紹介

迷ったらこのページをクリック、スターアーサー伝説・3部作のまとめページです。

【PC88AVG】大作アドベンチャーゲーム・スターアーサー伝説・3部作(惑星メフィウス・暗黒星雲・テラ4001)のご紹介
大作アドベンチャーゲーム『スターアーサー伝説・3部作』のご紹介 ~『惑星メフィウス』『暗黒星雲』『テラ4001』~ ご訪問ありがとうございます。 今回は、 1980年代...
スターアーサー伝説・3部作(惑星メフィウス・黒星雲・テラ4001)のご紹介
【第1回】PC88時代のAVG、スターアーサー伝説シリーズ(惑星メフィウス・暗黒星雲・テラ4001)とは
PC88時代のAVG、スターアーサー伝説シリーズ 大作アドベンチャーゲーム・スターアーサー伝説・3部作(惑星メフィウス・暗黒星雲・テラ4001)のご紹介 ご訪問ありがとうございます。 ...
【第2回】PC88時代のAVG、スターアーサー伝説物語のはじまり~惑星メフィウス~
【第2回】PC88時代のAVG、スターアーサー伝説物語のはじまり~惑星メフィウス~ 大作アドベンチャーゲーム・スターアーサー伝説・3部作(惑星メフィウス・暗黒星雲・テラ4001)のご紹介 ご訪問ありがとうございま...
【第3回】PC88時代のAVG、第1話・惑星メフィウス~大作・アドベンチャーゲーム・スターアーサー伝説・3部作~
【第3回】PC88時代のAVG、第1話・惑星メフィウス ~大作・アドベンチャーゲーム『スターアーサー伝説・3部作』惑星メフィウス~ ご訪問ありがとうございます。前回の続き ...
【最終回】PC88時代のAVG、第2話・暗黒星雲、第3話・テラ4001 ~大作・アドベンチャーゲーム『スターアーサー伝説・3部作』~
【最終回】第2話・暗黒星雲、第3話・テラ4001 ~大作・アドベンチャーゲーム『スターアーサー伝説・3部作』~ ご訪問ありがとうございます。 前回の続き 今回は【最...

名作アドベンチャーゲーム(AVG)のご紹介│まとめ│

ご訪問ありがとうございます。

 

このページでは80年代の名作アドベンチャーゲーム、オホーツクに消ゆについてご紹介させて頂きます。

名作アドベンチャーゲームの紹介

【名作AVG】PC98からPS4まで名作アドベンチャーゲーム(300本以上)の紹介│まとめ│
PC98からPS4まで名作アドベンチャーゲーム(300本以上)の紹介 ご訪問ありがとうございます。 今回はPCから家庭用ゲーム機まで名作アドベンチャーゲーム(300本以上)をご紹介します。 ...

歴代の名作アドベンチャーゲームのご紹介(誕生から現在まで)

歴代の名作アドベンチャーゲームのご紹介
歴代の名作アドベンチャーゲームのご紹介 ご訪問ありがとうございます。 このシリーズでは、 『アドベンチャーゲーム』の黎明期から現在に続く 歴代の名作アドベンチャーゲームをご紹介します。 ...

独自の進化を遂げた『ゲーム音楽』- 『アドベンチャーゲーム音楽の歴史』シリーズ

【ゲーム音楽】独自の進化を遂げた名曲アドベンチャーゲーム・ミュージックのご紹介
独自の進化を遂げた名曲アドベンチャーゲーム・ミュージックのご紹介 ご訪問ありがとうございます。 今回は独自の進化を遂げた名曲アドベンチャーゲーム・ミュージックのご紹介をご紹介します。 ...

堀井雄二・名作アドベンチャーゲーム3部作のご紹介│まとめ│

堀井雄二・名作アドベンチャーゲーム3部作のご紹介│まとめ│~ポートピア連続殺人事件、オホーツクに消ゆ、軽井沢誘拐案内~
堀井雄二、名作アドベンチャーゲーム3部作のご紹介 ~ポートピア連続殺人事件、オホーツクに消ゆ、軽井沢誘拐案内~ ご訪問ありがとうございます。 このページでは堀井雄二さんの名作アドベンチャーゲーム、ミ...

名作本格ミステリー・アドベンチャーゲーム刑事J.Bハロルドのご紹介

【リバーヒルソフト】名作本格ミステリーAVG・刑事J.Bハロルドシリーズを生み出したリバーヒルソフトのご紹介│まとめ│
本格ミステリー・アドベンチャーゲーム・刑事J.Bハロルドシリーズを生み出したリバーヒルソフトのご紹介 ご訪問ありがとうございます。 このページでは、、 本格ミステ...

ファミコン探偵倶楽部のご紹介

【名作AVG】ファミコン探偵倶楽部のご紹介│まとめ│~名作ミステリー・アドベンチャーゲーム~
名作ミステリー・アドベンチャーゲーム、ファミコン探偵倶楽部のご紹介 ご訪問ありがとうございます。 今回は、名作ミステリー・アドベンチャーゲーム、ファミコン探偵倶楽部を紹介させて頂きます。 ファミ...

PC88時代の大作アドベンチャーゲーム・スターアーサー伝説・3部作(惑星メフィウス・暗黒星雲・テラ4001)のご紹介

【PC88AVG】大作アドベンチャーゲーム・スターアーサー伝説・3部作(惑星メフィウス・暗黒星雲・テラ4001)のご紹介
大作アドベンチャーゲーム『スターアーサー伝説・3部作』のご紹介 ~『惑星メフィウス』『暗黒星雲』『テラ4001』~ ご訪問ありがとうございます。 今回は、 1980年代...

サイトマップのご紹介

サイトをご紹介します。

足りないゲーム機情報は随時更新していきますのでお楽しみに

サイトマップ

TOP > PC│ゲーム機│名作ゲーム│ジャンル│テーマ│メーカー

PC・ゲーム機TOP > PC 据置ゲーム機 携帯ゲーム機

【ジャンル別】TOP>│RPG│AVG格ゲーSTG│SLG│ACT│
TBL(麻雀)

プレイステーション アイコン PSハード別(家庭用据置│携帯│AC│PC)
据え置き機
任天堂FCFDSSFCN64GC│Wii│WiiU│Switch
セガMDSSDC
NECPCエンジンPCFX
SonyPSPS2PS3PS4
SNKNEOGEO3DO
G&W GB GBA NDS 3DS PSP PSVita
ネオジオポケット ワンダースワン ゲームギア
PC・パソコン
NECPC98PC88
シャープX68000X1MZ系
富士通FMTOWNS77AVFM7
その他MSXAppleII
アーケード80年代90年代2000年代
周辺機器コントローラーゲーム機別│メーカー別│アケコン(RAP)
タイトルとURLをコピーしました