アドベンチャーゲーム パソコン・PCゲーム

【第4回】異才・散野ひろゆきの登場、 孤高の傑作・この世の果てで恋を唄う少女YU-NOの誕生

アドベンチャーゲーム

【第4回】異才・散野ひろゆきの登場、 孤高の傑作・この世の果てで恋を唄う少女YU-NOの誕生

~歴代の名作アドベンチャーゲームのご紹介~

今回は異才・散野ひろゆきの登場と
孤高の傑作『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』の誕生についてご紹介します。

異才・散野ひろゆきの登場、『DESIRE背徳の螺旋』『EVE burst error』発表

『同級生』『To Heart』などの『ビジュアルノベル』の成功は、

 

『リーフ』や『Key』をはじめとする シナリオ重視のトレンドを作り、
いわゆる『泣きゲー』のうねりを引き起こしたの。

そして『ビジュアルノベル』は

 

『立ち絵+背景』によるコストダ ウンが参入障壁を下げて、

ストーリー作りが得意な『文系の才能』を呼び込ん呼び込んでいった。

ペン

そんな『アドベンチャーゲーム』の世界に
『高みにありすぎた異才』の故『菅野ひろゆき』さんが現れる。

『菅野ひろゆき』さんは、

1990年代には『剣乃ゆきひろ』の別名で活躍し

 

『シーズウェア』時代には、
『DESIRE背徳の螺旋』(1994年)では、『マルチサイトンステム』を採用するの

『DESIRE背徳の螺旋』

いくつかの視点(マル チサイト)かり物語を追う手法は

『任天堂』の『ファミコン・ディスクステム』で発売された

 

『ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島』

『データイースト』の本格推理ものの『探偵神宮寺三郎』でも採用されていたから『菅野』さんの発明というわけではないんだけど。

 

『キャラクター』の役割以上に主観を伴う『視点』に重きを置くことで
心情を掘り下げ、ストーリーを深め ていったの。

『DESIRE背徳の螺旋』

この手法は、1995年に発売された『EVE burst error』にも継承され、

 

『男主人公』で行き詰まったら『女主人公』に切り替えて
ゲームの息詰まりを打破するゲームの面白さにもつながっているのよ。

EVE burst error

孤高の傑作『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』の誕生

『DESIRE背徳の螺旋』や『EVE burst error』発売

立て続けに高い評価を得た『菅野』さんは、

 

『エルフ』に移籍後の
1996年に『唯一無二』の最高傑作として名高い
『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』を『PC-98』から発売するのだ。

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO

『PC-98』の最後の頃かな

この作品を『唯一無二』にしたのが、
ADMS(オート分岐マッピングシステム)なの

ADMS(オート分岐マッピングシステム)?

そう、ADMS(オート分岐マッピングシステム)とは、

『アドベンチャーゲーム』のルート分岐を目に見える形にしたものなのだ。

YU-NO

『アドベンチャーゲーム』のルートの視覚化?

そう当時は、すでに『ルート』や『分岐』が普通に使われていんだけれど、

『パソコン』の画面上で可視化できるようにしたのは
史上はじめてのことだったの。

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO

なんかすごそー

ADMS(オート分岐マッピングシステム)では

 

各ルートは『並行世界』と定義されていて、

プレイヤーは『宝玉』 を置いて(宝玉セーブ)自由に行き来できるというものなの。

 

劇中の主人公が『セーブポイント』を使いこなし、
必須アイテムを持 ったまま『別世界』に『ワープ』して悲劇を回避するんだ。

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO

この作品は
『並列世界』を舞台にした『本格的SFファンタジー』で

 

『物理』『数学』『哲学』『歴史』『宗教』などの分野が融合し、

 

『ジャンル』としても『SF』や『ファンタジー』のみならず、
『オカルト』『恋愛』『ミステリ』などの要素が混在しているの。

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO

またシナリオ量も膨大で、
通常の『アドベンチャーゲーム』の4倍相当にあたるとされるの。

 

なんか、
『ゲームシュタインズ・ゲート』(STEINS;GATE)
も影響を受けているような・・

シュタインゲート

よく気付いたな、さすが『ラボメンナンバー006』

はい、岡部さんに稽古を付けてい頂いたおかげです。

ふ、岡部ではないそ、それは俺の、世を欺く仮の姿だ

 

私は、狂気のマッドサイエンティスト鳳凰院凶真その人であるフゥーハハハハハハハ!!!!

『SFアドベンチャーゲーム』の金字塔『YU-NO』

『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』は

 

『ゲームシステム』として見事に具現化した点は他に類を見ないものになり

また、各世界の出来事が複雑に絡み合う『シナリオ構成』も素晴らしいの

さらにその独特な世界観と『剣乃作品(菅野ひろゆき)』特有の『余韻』も本作を印象深いものとしているわ。

 

特異な『アドベンチャーゲーム』としてもその評価は非常に高く

数多くのフォロワー作品を生み出すなど

今なお『アドベンチャーゲーム』の最高峰として挙げる人もいるほどなの。

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO

『SFアドベンチャーゲーム』の金字塔にして到達点の1つとされているわ。

『DESIRE 背徳の螺旋』『EVE』と並んで『剣乃三部作』と呼ばれているよ。

『ビジュアルノベル』が主流へ

でも『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』の

画期的なADMS(オート分岐マッピングシステム)は、

 

ストーリーと一体のため応用が効きにくく
『宝玉セーブ』のシステムや『フラグ管理』も複雑なため
開発コストが高くなってしまうの

そのため、低コストで応用しやすい『ビジュアルノベル』
『アドベンチャーゲーム』の『スタンダード』になってゆくの

『複雑な構成』よりも、より『シンプルな構造』のほうが、
主流になりやすかったんだね。

まあ、『テクノロジー』の流れも同じように
『複雑』から『シンプル』へと流れてゆくからな。

まさに『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』孤高の傑作なんだね。

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO

その後の『菅野ひろゆき』

『菅野ひろゆき』さんは

 

2011年の春頃より突如活動を休止してしまうの

 

『菅野』さんは、仕事中に突然倒れて緊急入院し、集中治療することに

 

その後病院を退院した後、何度も入退院・手術を繰り返しつつ、闘病しながら『ミステリート2 〜フェアウェル・エンカウンター〜』を製作をしていたの。

 

でも過労から再度体調を悪化させてしまい、東京都文京区の病院に緊急入院することに

その後は病院で闘病生活を送っていたんだけれどが容態が急変し、

 

同年の2011年12月19日、『脳梗塞』及びそれに伴う『脳内出血』のため午前11時52分に死去されました。

 

43歳という若さでのは早すぎる他界でした。

ご冥福をお祈りします

『アドベンチャーゲーム』の年表(1980年~1996年)

ここで、1980年から1996年まで(『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』まで)

『テキスト・アドベンチャーゲーム』の歴史をふり返ってみよう。

この『アドベンチャーゲームの歴史』で紹介させて頂いた作品は太字にしています。

発売年月日タイトルプラットフォーム
1980年『Zork I: The Great Underground Empire』PC
1981年『Zork II: The Wizard of Frobozz』PC
1982年
『Zork III: The Dungeon Master』PC
『ミステリーハウス』PC
8月『ポートピア連続殺人事件』PC
1984年
7月『サラダの国のトマト姫』PC
12月12日『北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ』PC
1985年5月『軽井沢誘拐案内』PC
8月『殺人倶楽部マーダークラブ』PC
1987年
4月2日『さんまの名探偵』ファミコン
4月24日『探偵 神宮寺三郎 新宿中央公園殺人事件』ファミコン
4月28日『ジーザス』PC
9月『ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島前編/後編』ディスクステム
1988年
4月27日『ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者』ディスクステム
11月26日『スナッチャー』PC
『琥珀色の遺言~西洋骨牌連続殺人事件~』PC
1990年『SPACESHIP WARLOCK』PC
1991年
8月30日『メタルスレイダーグローリー』ファミコン
12月20日『ノスタルジア1907』メガドライブCD
1992年
3月7日『弟切草』スーパーファミコン
12月17日『同級生』PC
1993年『ミストMYST』PC
1994年
5月27日『ときめきメモリアル』PCエンジン
7月29日『ポリスノーツ』PC
11月25日『かまいたちの夜』スーパーファミコン
1995年
6月16日『夜光虫』スーパーファミコン
8月4日『学校であった怖い話』スーパーファミコン
11月22日『EVE burst error』PC・18禁
11月24日『魔女たちの眠り』スーパーファミコン
12月22日『ざくろの味』スーパーファミコン
1996年
1月26日『雫』PC・18禁
2月3日『ラジカル・ドリーマーズ -盗めない宝石-』スーパーファミコン
3月1日『トワイライトシンドローム 探索偏』
7月26日『痕』PC・18禁
7月26日『NOëL NOT DiGITAL』PS
12月26日『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』PC・18禁

 

関連ページのご紹介

歴代の名作アドベンチャーゲームまとめページのご紹介

迷ったらこのページをクリック、歴代AVGのまとめページです。

歴代の名作アドベンチャーゲームのご紹介
歴代の名作アドベンチャーゲームのご紹介 ご訪問ありがとうございます。 このシリーズでは、 『アドベンチャーゲーム』の黎明期から現在に続く 歴代の名作アドベンチャーゲームをご紹介します。 ...
歴代の名作アドベンチャーゲームのご紹介
【第1回】アドベンチャーゲームの誕生~歴代の名作アドベンチャーゲームのご紹介~
【第1回】アドベンチャーゲームの誕生 ~歴代の名作アドベンチャーゲームのご紹介~ ご訪問ありがとうございます。 今回は、『アドベンチャーゲーム』の誕生そして 『アドベンチャーゲーム』の歴史 についてご紹介しま...
【第2回】ファミコン・アドベンチャーゲームの誕生~歴代の名作アドベンチャーゲームのご紹介~
【第2回】ファミコン・アドベンチャーゲームの誕生 ~歴代の名作アドベンチャーゲームのご紹介~ ご訪問ありがとうございます。 前回の続き 今回は、『ファミコン』での『...
【第3回】アダルトアドベンチャーゲームの成長 、新しい新天地、弟切草の登場 ~歴代の名作アドベンチャーゲームのご紹介~
【第3回】アダルトアドベンチャーゲームの成長 、新しい新天地、弟切草の登場 ~歴代の名作アドベンチャーゲームのご紹介~ ご訪問ありがとうございます。 前回の続き 今...
【第4回】異才・散野ひろゆきの登場、 孤高の傑作・この世の果てで恋を唄う少女YU-NOの誕生
【第4回】異才・散野ひろゆきの登場、 孤高の傑作・この世の果てで恋を唄う少女YU-NOの誕生 ~歴代の名作アドベンチャーゲームのご紹介~ ご訪問ありがとうございます。 前回の続き ...
【第5回】街 〜運命の交差点〜・infinityシリーズ・Never7・Ever17の誕生 ~歴代の名作アドベンチャーゲームのご紹介~
【第5回】街 〜運命の交差点〜・infinityシリーズ・Never7・Ever17の誕生 ~歴代の名作アドベンチャーゲームのご紹介~ ご訪問ありがとうございます。 前回の続き ...
【第6回・最終章】泣きゲーブームそして同人ゲームの登場 ~Fate、シュタインゲートなど~
【第6回・最終章】泣きゲーブームそして同人ゲームの登場~Fate、シュタインゲートなど~ ~歴代の名作アドベンチャーゲームのご紹介~ ご訪問ありがとうございます。 前回の続き ...

名作アドベンチャーゲーム(AVG)のご紹介│まとめ│

ご訪問ありがとうございます。

 

このページでは80年代の名作アドベンチャーゲーム、オホーツクに消ゆについてご紹介させて頂きます。

名作アドベンチャーゲームの紹介

【名作AVG】PC98からPS4まで名作アドベンチャーゲーム(300本以上)の紹介│まとめ│
PC98からPS4まで名作アドベンチャーゲーム(300本以上)の紹介 ご訪問ありがとうございます。 今回はPCから家庭用ゲーム機まで名作アドベンチャーゲーム(300本以上)をご紹介します。 ...

歴代の名作アドベンチャーゲームのご紹介(誕生から現在まで)

歴代の名作アドベンチャーゲームのご紹介
歴代の名作アドベンチャーゲームのご紹介 ご訪問ありがとうございます。 このシリーズでは、 『アドベンチャーゲーム』の黎明期から現在に続く 歴代の名作アドベンチャーゲームをご紹介します。 ...

独自の進化を遂げた『ゲーム音楽』- 『アドベンチャーゲーム音楽の歴史』シリーズ

【ゲーム音楽】独自の進化を遂げた名曲アドベンチャーゲーム・ミュージックのご紹介
独自の進化を遂げた名曲アドベンチャーゲーム・ミュージックのご紹介 ご訪問ありがとうございます。 今回は独自の進化を遂げた名曲アドベンチャーゲーム・ミュージックのご紹介をご紹介します。 ...

堀井雄二・名作アドベンチャーゲーム3部作のご紹介│まとめ│

堀井雄二・名作アドベンチャーゲーム3部作のご紹介│まとめ│~ポートピア連続殺人事件、オホーツクに消ゆ、軽井沢誘拐案内~
堀井雄二、名作アドベンチャーゲーム3部作のご紹介 ~ポートピア連続殺人事件、オホーツクに消ゆ、軽井沢誘拐案内~ ご訪問ありがとうございます。 このページでは堀井雄二さんの名作アドベンチャーゲーム、ミ...

名作本格ミステリー・アドベンチャーゲーム刑事J.Bハロルドのご紹介

【リバーヒルソフト】名作本格ミステリーAVG・刑事J.Bハロルドシリーズを生み出したリバーヒルソフトのご紹介│まとめ│
本格ミステリー・アドベンチャーゲーム・刑事J.Bハロルドシリーズを生み出したリバーヒルソフトのご紹介 ご訪問ありがとうございます。 このページでは、、 本格ミステ...

ファミコン探偵倶楽部のご紹介

【名作AVG】ファミコン探偵倶楽部のご紹介│まとめ│~名作ミステリー・アドベンチャーゲーム~
名作ミステリー・アドベンチャーゲーム、ファミコン探偵倶楽部のご紹介 ご訪問ありがとうございます。 今回は、名作ミステリー・アドベンチャーゲーム、ファミコン探偵倶楽部を紹介させて頂きます。 ファミ...

PC88時代の大作アドベンチャーゲーム・スターアーサー伝説・3部作(惑星メフィウス・暗黒星雲・テラ4001)のご紹介

【PC88AVG】大作アドベンチャーゲーム・スターアーサー伝説・3部作(惑星メフィウス・暗黒星雲・テラ4001)のご紹介
大作アドベンチャーゲーム『スターアーサー伝説・3部作』のご紹介 ~『惑星メフィウス』『暗黒星雲』『テラ4001』~ ご訪問ありがとうございます。 今回は、 1980年代...

【ハード別(家庭用・据置・携帯・PC・周辺機器)】ゲーム関連サイトマップのご紹介

【ハード別(家庭用・据置・携帯・PC・周辺機器)】ゲーム関連のサイトマップをご紹介します。

サイトマップ

TOPゲーム機PCゲーム機AC)│名作│テーマ│メーカー

PC・ゲーム機TOP > PC家庭用据置携帯

【ジャンル別】TOP>│RPGAVG格ゲーSTG│SLG│ACT│レーススポーツ
TBL(麻雀)│海外

プレイステーション アイコン PSハード別家庭用据置携帯)│ACPC周辺機器
【任天堂】FCFDSSFCN64GC│Wii│WiiU│Switch
【SONY】シリーズPSPS2PS3PS4
セガMD│SS│DC
NECPCEPCFX【SNK】NEOGEO3DO
任天堂(G&WGBGBA│NDS│3DS)
Sony(PSPPSVita
ネオジオポケット ワンダースワン ゲームギア
NECPC98PC88【SHARP】X68kX1MZ
【富士通】FMTOWNS77AVFM7
【その他】MSXAppleII
アーケード80年代90年代2000年代
周辺機器

周辺機器まとめコントローラーゲーム機別アケコン

ジャンルACT│RPG│AVG格ゲーSTG│SLG│
TBL(麻雀
メーカー任天堂│コーエー│カプコン│ハドソン│セガ

駿河屋スタッフ募集中

Kopenginサイト関連ページのご紹介

Kopenginサイト関連ページをご紹介します。

【名作ゲーム】全名作ソフト(500本以上)のご紹介│まとめ│ファミコン、ゲームボーイ、PC98 、RPGなど

【名作ゲーム】全名作ソフト(500本以上)のご紹介│まとめ│ファミコン、ゲームボーイ、PC98 、RPGなど
名作ゲームタイトルのご紹介│まとめ│ ~ファミコン、ゲームボーイ、PC98 、プレイステーションなど~ 訪問ありがとうございます。 このページではPCや家庭用ゲーム機の名作ゲームソフト(500本以上)をご紹...

PC・家庭用・アーケードゲーム・周辺機器のご紹介│まとめ│

PC・家庭用・アーケードゲーム・周辺機器のご紹介│まとめ│
ゲーム周辺機器のご紹介│まとめ│ ご訪問ありがとうございます。 今回は、PC・家庭用・アーケードゲーム・周辺機器についてご紹介させて頂きます。

名作ゲームのご紹介│まとめ│家庭用ゲーム・PC・アーケードなど

名作ゲームのご紹介│まとめ│家庭用ゲーム・PC・アーケードなど
名作ゲームのご紹介│まとめ│ ~家庭用ゲーム・PC・アーケードなど~ 訪問ありがとうございます。 今回は、名作ゲームソフトをご紹介させて頂きます。 据え置き機・名作ゲームのご紹介│まとめ│...

ジャンル別ゲームタイトルのご紹介│まとめ│

ジャンル別ゲームタイトルのご紹介│まとめ│
ジャンル別ゲームタイトルのご紹介│まとめ│ ご訪問ありがとうございます。 今回は、ジャンル別にゲームタイトルをご紹介させて頂きます。

タイトルとURLをコピーしました