機動戦士ガンダム

【MSV・ザクMS開発史】ガンダムMSV時代のジオン軍ザク・モビルスーツ開発史のご紹介

ガンダム ザク機動戦士ガンダム

【MSV・ザクMS開発史】ガンダムMSV時代のジオン軍ザク・モビルスーツ開発史のご紹介

~旧ザクMS-05C,ザクII・MS-06R,MS-06Fなど~

ご訪問ありがとうございます。
今回は、ガンダムMSVシリーズ(83~84年)で描かれたジオン軍ザク・モビルスーツ開発史をご紹介します。

 

ガンダム作品(アニメ・映画・漫画・ガンプラなど)関連サイトマップのご紹介

ガンダム作品(アニメ・映画・漫画・ガンプラなど)関連のサイトマップをご紹介します。

ガンダム作品(アニメ・映画・漫画・ガンプラなど)関連サイトマップ

TOPゲーム機PCゲーム機AC)│名作│テーマ│メーカー

PC・ゲーム機TOP > PC家庭用据置携帯

【ジャンル別】TOP>│RPGAVG格ゲーSTG│SLG│ACT│レーススポーツ
TBL(麻雀)│海外

格闘ゲームTOP > 名作│発売年別メーカー別AC据置携帯

【一年戦争】年表
【MS開発史】ジオン軍(ザク高機動型ザク水陸両用陸上用MS空間用MS)連邦(ガンダム│ジム│部隊構成
【ジオン独立戦争史】地球侵攻作戦サイクロプス隊
【作品別】映像・小説・漫画作品
【映像作品】まとめメディア別│発表年別│世界観別
【宇宙世紀:U.C.】まとめ│MSV(ガンプラ書籍地球侵攻作戦史)│ポケットの中の戦争│【第08MS小隊】部隊構成│【ポケットの中の戦争】サイクロプス隊│【オリジン】(ガンプラオリジンガンプラMSD
【クリエイター】カトキハジメ作品
プラモデル作品
ガンプラブーム80~83(その1その2)│MSV(全機種ザク開発史水陸両用陸上用MS空間用MSMS-06Rポケットの中の戦争サイクロプス隊│)│HG(初代ガンダム高機動ザクオリジンMSD)│MG(Ver.Ka)│センチネルU.C.ハードグラフ
デザイン
【メカニックデザイン】カトキハジメ(アニメ│センチネルMG Ver.Ka書籍│)山根 公利(全作品
【キャラクターデザイン】安彦良和(オリジンMS
ゲーム作品
テーマ
【スパロボ】スパロボ
【ガンダム】ガンダムVSSDガンダムギレンの野望│ガンダム外伝(THE BLUE DESTINY
【テーマ別】
ジャンル別【アクション】ガンダムVS【SRPG】スパロボ
【SLG】SDガンダムギレンの野望│ガンダム外伝(THE BLUE DESTINY
サイトマップ一覧

ガンダムVS | TVゲーム(ゲーム) | 中古・新品通販の駿河屋

機動戦士ガンダム【MSVシリーズ】とは

MSV(モビルスーツバリエーション:MOBILE SUIT VARIATION)とは、ガンプラブームの終焉(81~83年)時に誕生したテレビアニメ『機動戦士ガンダム』をベースに、

  • プラモデル(MSVシリーズ)や
  • 雑誌・書籍(コミックボンボン、HOW TO BUILD GUNDAM 1&2等)など複数のメディアで展開されたメカニックデザイン企画です。

【MSVシリーズ】から機動戦士ガンダムの世界が深まる

MSV(モビルスーツバリエーション)企画は、劇場版『機動戦士ガンダム・三部作』の上映が終了した(81~82年)、83年から84年に展開され、

  • アニメに登場する機体のバリエーション、
  • より掘り下げた機体設定、
  • エースパイロットの設定などが発表された「一年戦争」という舞台の世界観が広がり、作品自体にも深みが増すことに貢献することになります。

【1980年代】ガンプラの歴史
アニメ・コンテンツ
ガンプラ
主力新規
1980
初代ガンダム
TV:初回~再放送(79~82年)
劇場3部作(81~82年)
初代ガンプラ
1/144~2400
1/100スケールモデル
1/60スケールモデル
19811/20キャラコレ
1/250【ジオラマ】情景模型
1/72メカニックモデル
19821/100 リアルタイプ
1983
MSV企画(雑誌)
MSV(ガンプラ:83~84年)
1984
1985機動戦士Ζガンダム1985~86年Zガンプラ
1986ガンダムΖΖ1986年ZZガンプラ
1987
逆襲のシャア
ガンダムセンチネル
逆襲のシャア・ガンプラ
ガンダムセンチネル・ガンプラ
1988
1989機動戦士ガンダム0080
ポケットの中の戦争
ガンプラ0080

 

そして、この企画から『機動戦士ガンダムのモビルスーツ歴史』が語られるようになり、現在の『モビルスーツ開発史』の基礎が作られることになります。

 

今回は、その中でもMSVで語られた『モビルスーツ開発史』に欠かせないジオン軍・ザクの開発史をご紹介します。

 

【MSV】の始まりは、大河原邦男さんの『ザクバリエーション』から

【MSV】の始まりは、大河原邦男さんが『劇場版 機動戦士ガンダム アニメグラフブック』(1981年5月)に掲載した4つの『ザクバリエーション』から始まります。

 

MVS関連の出来事・発表事項
年月出来事・発表書籍
1981
5月ザクバリエーションの発表

  • 湿地帯用ザク、
  • 砲撃戦用ザク(後のザクキャノン)、
  • 水中型ザク(後のザク・マリンタイプ)、
  • 砂漠戦用ザク(後のザク・デザートタイプ)
劇場版 機動戦士ガンダム
アニメグラフブック
  • 新たなザクとグフ、
  • ドムの中間機
  • (後のYMS-08A 高機動型試作機・ドム)や
  • ジオング完成型(後のパーフェクトジオング)の発表
劇場版 機動戦士ガンダムIII ストーリーブック(1982年)、
テレビ版 機動戦士ガンダム ストーリーブック(2~4巻:81年)
7月ザクバリエーションを模型として立体化HOW TO BUILD GUNDAM
(ホビージャパン)
9月高機動型ザクII(MS-06R)の登場GUNDAM CENTURY
11月コミックボンボン(講談社)』創刊コミックボンボン
1982
1月『プラモ狂四郎(コミックボンボン)』の連載コミックボンボン
5月「モビルスーツバリエーション」発表
「黒い三連星仕様ザク06R」「ジム・キャノン」「ゲルググキャノン」
HOW TO BUILD GUNDAM 2
1983
4月MSVガンプラ発売(バンダイ)
ザクII MS-06R
ザクキャノン MS-06K
プロトタイプドム YMS-09
12月ジョニー=ライデン登場
(コミックボンボン・ガンダムMSV エースパイロット列伝(石橋謙一)
コミックボンボン
19843月シン=マツナガ登場
(コミックボンボン・ガンダムMSV エースパイロット列伝(石橋謙一)
コミックボンボン

その後、

  • 『テレビマガジン』編集長の安井尚志さんを中心に
  • 「ストリーム・ベース(モデラー集団)」の3人(小田雅弘、高橋昌也、川口克己)に「クラフト団」が誕生し
  • 『SFプラモマガジン』では、小田雅弘さん(ストリーム・ベース)が設定を作り、大河原さんがデザインを起こすという後の「MSV」への基礎ができあがることになります。

MSVスタッフのご紹介
プロデューサー安井尚志
シリーズ構成・解説
小田雅弘(ストリーム・ベース)
設定
小田雅弘(ストリーム・ベース)、大河原邦男
メカデザイン
大河原邦男、増尾隆幸、小田雅弘(ストリーム・ベース)、開田裕治
クリンナップ
大河原邦男、増尾隆幸、小田雅弘(ストリーム・ベース)
イラスト
大河原邦男、増尾隆幸、開田裕治 ほか
ボックスアート石橋謙一、上田信
シリーズ構成協力
高橋昌也(ストリーム・ベース)、
川口克己(ストリーム・ベース)、
小澤勝三(オズ・アート・ワーク)

【MSV版】ジオン軍・ザクMS開発史のご紹介

MSVスタッフが、随筆した書籍『機動戦士ガンダムモビルスーツバリエーション (1) ザク編』などをもとに、ジオン軍・ザクMS開発史をご紹介します。

 

アニメムックモビルスーツ バリエーション 1 ザク編

【ザク】ジオン軍モビルスーツ開発史のご紹介

国力の劣るジオングの快進撃を支えたモビルスーツ

機動戦士ガンダムの舞台、1年戦争(宇宙暦79~80年)でジオン公国が、国力において勝る連邦軍と、ほぼ互角に戦うことができたのは、モビルスーツの存在があったればこそです。

 

特に大戦初期には、モビルスーツ機動部隊の活躍が、ジオン軍を一方的な勝利をもたらすことになります。

 

ミノフスキー粒子の発見は、レーダーなどの電波機器の使用を不可能にし、これは、20世後半に完成された兵器体系や戦略・戦術理論を根本的に覆すものでした。

そこで、ジオン軍では、ミノフスキー粒子干渉下での有視界戦闘を目的とする兵器の開発に着手。数々の設計を積み重ね、構想五年にしてモビルスーツMS-01が完成します。

 

その後、7年にしてMS-05ザクが実戦配備されることになります。

 

【MSVシリーズ】で発表されたザクタイプのご紹介
試験機
形式番号タイプモデル名
MS-01クラブマン
MS-02
MS-03
MS-04プロトタイプザク
旧ザク
MS-05AザクI(前期)
MS-05CザクI(後期)
ザクII
MS-06AザクII A型
MS-06CザクII C型
MS-06Dザク・デザートタイプ
MS-06Eザク強行偵察型
MS-06E-3ザクフリッパー
MS-06Fザク・マインレイヤー
MS-06FザクII F型(ドズル専用ザクII)
MS-06FSザクII FS型(ガルマ専用ザクII)
MS-06G陸戦型ザクII改修型
MS-06JザクII (湿地帯用)
MS-06Kザクキャノン
MS-06Mザク・マリンタイプ
MS-06Tザク・トレーナー
MS-06Vザクタンク
MS-06W作業用ザク
高機動型ザクII
MS-06R-1高機動型ザクII (R-1型)
MS-06R-1A高機動型ザクII (R-1A型)
MS-06R-2高機動型ザクII (R-2型)
MS-06R-2P試製高機動型ザクII(R-2P型)
MS-06R-3高機動型ザクII
(先行試作型)
MS-06RP試製高機動型ザクII(RP型)

ジオン軍モビルスーツ部隊・織成の変化

ジオン公国軍の誕生

宇宙世紀58年。ジオン=ズム=ダイクンにより、サイド3共和国宣言が行われ、同時に国防隊が創設されました。

 

その4年後(U.C.62年)、実権をに握ったデギン・ソド・ザビにより、国防隊は異例の早さで国軍に昇格することになります。

モビルスーツ部隊の編成

それから14年後、宇宙世紀76年5月。初の実践用モビルスーツMS-05ザクの量産化に従い、キシリア・ザビ大佐(当時)の指揮になる実験的モビルスーツ部隊、教導機動部隊が編成されることになります。

【ジオン軍】実験的モビルスーツ部隊(教導機動部隊)
大隊中隊小隊機体火力武器
大隊本部チベタイプ1隻
教導機動部隊大隊
MS中隊
MS小隊MS-05ザク3機
105mマシンガン
MS小隊MS-05ザク3機
105mマシンガン
対艦小隊MS-05ザク3機280mバズーカ
支援戦隊チベタイプ1隻
パブアタイプ2隻

この大隊は、モビルスーツによる基本戦法を確立しただけでなく、その後の勃発する『一年戦戦争』で名を上げることになる多くのエースパイロットを養成したことで知られています。

当時の大隊名簿には、シャア=アズナブルや、後に黒い三連星の名を馳せるガイア、オルテガ、マッシュなどの名が伺えます。

二つに分かれたジオン軍(宇宙攻撃軍と突撃機動部隊)

モビルスーツ部隊されて2年後、宇宙世紀78年10月。

宇宙艦艇の国軍の主力とするドズル=ザビ少将(当時)と
モビルスーツこそ主要兵器と考えるキシリア=ザビ大佐(当時)が鋭く対立することになります。

 

いずれも自説が通らなければ、軍籍を離れとまで言い出す始末、これに対してギレン=ザビ総帥は、妥協案として軍を二分することを決断します。

 

【ジオン軍】大戦初期の編成
宇宙攻撃軍ドズル・ザビ中将
突撃機動軍
キシリア・ザビ少将
地球攻撃軍ガルマ・ザビ大佐

 

  • ドズルは中将となり、宇宙攻撃軍を指揮し、
  • キシリアは少将となり、突撃機動部隊を指揮することになります。

ドズルとキシリアは、それぞれ昇進し、自らの軍において、その戦術論を実践できるようになります。

 

 

後に、ガルマ=ザビ大佐を司令部とする地球攻撃軍が新編成され、事実上、キシリア少将指揮下に加わることになります。

連邦とジオンの開戦

宇宙世紀79年1月。ジオン公国は地球連邦に対し、独立戦争を挑むことになります。これが後に『1年戦争(79年1月~80年1月)』と言われる大戦の幕開けとなります。

 

宇宙世紀0079年1月の出来事
出来事
3日ジオン宣戦布告ジオン公国が、地球連邦政府に対して宣戦を布告し、
直後に地球連邦軍に対して先制攻撃を仕掛ける。
月面都市グラナダを制圧。
続いてサイド1・2・4へ奇襲を敢行。NBC兵器(毒ガス兵器、GGガス)無差別使用。
4日ブリティッシュ作戦ジオン公国軍、サイド2のコロニー「アイランド・イフィッシュ」を定位置から移動させ、
地球へ落下させる「ブリティッシュ作戦」発動。
10日一週間戦争地球連邦軍の防戦によって崩壊したサイド2コロニー「アイランド・イフィッシュ」の一部が、
オーストラリア大陸シドニーを直撃する。
開戦からこの一連の戦いを一週間戦争と呼ぶ。
11日サイド6、中立宣言
15日~16日ルウム戦役サイド5宙域にて、ルウム戦役が戦われる。
地球連邦軍第三艦隊と第一艦隊の8割が壊滅し、
ランチ(連絡艇)で脱出を試みたレビル将軍が黒い三連星に捕捉され、捕虜になる。
また、この戦役でシャア・アズナブル中尉(当時)は
サラミス級4隻、マゼラン級1隻を撃沈し、連邦将兵から「赤い彗星」とおそれられる。
17日ジオン公国軍、プロパガンダ放送を使い、捕虜となったレビル将軍の姿を全地球圏に公表。
22日地球連邦軍の特殊部隊が極秘裏にレビル将軍奪還作戦を開始する。
28日ジオン公国政府、サイド6を通し地球連邦政府に休戦条約の締結を打診。
31日レビル将軍の脱出ジオン公国政府と地球連邦政府は休戦条約の交渉に臨むが、
調印直前に捕虜となっていたレビル将軍がジオン本国を脱出し、
ジオン公国軍の内情を暴露する「ジオンに兵なし」演説を実施。
これにより連邦政府は継戦に傾き南極条約は休戦条約から戦時条約に変更、
ジオン公国軍は地球侵攻作戦を開始。

コロニーを地球に落下させた『一週間戦争』が発生

宣戦布告と同時にジオン軍は、サイド1、2、4を制圧し、更にコロニー自体を地球に落下させる『ブリティッシュ作戦』を開始します。これが世に言う『一週間戦争』です。

 

『ルウム戦役』が始まる

『ブリティッシュ作戦』は、見事に功を奏し、士気高まるジオン軍は、その1ヶ月後、サイド5(ルウム)に駐留する連邦軍、レビル艦隊と史上最大の宇宙艦隊戦に突入することになります。これが後に『ルウム戦役』と呼ばれる戦闘です。

『ルウム戦役』に登場したザク・MS-06ザクIICタイプ

この時点でのジオン軍が投入したモビルスーツは、

  • MS-05ザク(A、Bのニタイプ)と、
  • MS-06ザクII(A、C、Fの三タイプ)でした。

【ルウム戦役】に登場したMS一覧
名称型式
タイプ
ザク
MS-05
A
B
ザクII
MS-06
A
C
F

この戦役での主力モビルスーツは、MS-06ザクIICタイプでした。

この頃には、既にMS-05ザグは旧式化しつつあり、傑作機と言われることになるザクII・MS-06Fタイプの生産数は、それほど多くはありませんでした。

ジオン軍は、1週間戦争後、制圧したコロニーの工業ブロックで、モビルスーツを含む全兵器の生流を開始し、同時にジオン本国では、新型モビルスーツの開発に着手し始めていました。

驚愕、モビルスーツ・ザクの活躍

  • 大戦初期におけるザクの活躍は、眼を見張るものがあり、ザク1個小隊の戦力は、巡洋艦1隻を凌ぐとも言われ、
  • しかも作戦目的に合わせて武装を変えられるなど、新たな戦略・戦術の可能性を考えさせられるものでした。

宇宙世紀0079年1月の出来事
出来事
3日ジオン宣戦布告ジオン公国が、地球連邦政府に対して宣戦を布告し、
直後に地球連邦軍に対して先制攻撃を仕掛ける。
月面都市グラナダを制圧。
続いてサイド1・2・4へ奇襲を敢行。NBC兵器(毒ガス兵器、GGガス)無差別使用。
4日ブリティッシュ作戦ジオン公国軍、サイド2のコロニー「アイランド・イフィッシュ」を定位置から移動させ、
地球へ落下させる「ブリティッシュ作戦」発動。
10日一週間戦争地球連邦軍の防戦によって崩壊したサイド2コロニー「アイランド・イフィッシュ」の一部が、
オーストラリア大陸シドニーを直撃する。
開戦からこの一連の戦いを一週間戦争と呼ぶ。
11日サイド6、中立宣言
15日~16日ルウム戦役サイド5宙域にて、ルウム戦役が戦われる。
地球連邦軍第三艦隊と第一艦隊の8割が壊滅し、
ランチ(連絡艇)で脱出を試みたレビル将軍が黒い三連星に捕捉され、捕虜になる。
また、この戦役でシャア・アズナブル中尉(当時)は
サラミス級4隻、マゼラン級1隻を撃沈し、連邦将兵から「赤い彗星」とおそれられる。
17日ジオン公国軍、プロパガンダ放送を使い、捕虜となったレビル将軍の姿を全地球圏に公表。
22日地球連邦軍の特殊部隊が極秘裏にレビル将軍奪還作戦を開始する。
28日ジオン公国政府、サイド6を通し地球連邦政府に休戦条約の締結を打診。
31日レビル将軍の脱出ジオン公国政府と地球連邦政府は休戦条約の交渉に臨むが、
調印直前に捕虜となっていたレビル将軍がジオン本国を脱出し、
ジオン公国軍の内情を暴露する「ジオンに兵なし」演説を実施。
これにより連邦政府は継戦に傾き南極条約は休戦条約から戦時条約に変更、
ジオン公国軍は地球侵攻作戦を開始。

その威力をもって『一週間戦争』、『ルウム戦役』においてもレビル艦隊に勝利し、指揮官レビルを捕虜にするという大戦果も上げていたのです。

 

ジオン軍(地球攻撃軍)の地球侵攻

『ルウム戦役』によりジオン軍、連邦軍共に、宇宙空間での大規模な戦闘が不可能なほど消耗していました。

 

その後、宇宙世紀79年1月31日に、核兵器使用禁止などをうたった南極条約が結ばれたこともあり、少なくとも宇宙空間での戦闘は膠着状態に陥ることになります。

 

【ジオン軍】大戦初期の編成
ドズル・ザビ中将宇宙攻撃軍
キシリア・ザビ少将
突撃機動軍
ガルマ・ザビ大佐地球攻撃軍

宇宙世紀79年3月1日、戦局を打開すべく、ジオン軍の地球侵攻作戦が開始されます。この作戦には、開始1ヶ月前に編成されや地球攻撃軍があたることになります。

 

この地球攻撃軍(キシリア配下)は、突撃機動軍・第一機動歩兵師団を基幹とし、急ぎ改編、増強されたものであり、軍としての規模は大きいものではなく、地上で完全制圧できる地域も限られていました。

ジオン軍・地球攻撃軍の構成
航空部隊
海洋部隊
潜水艦隊
洋上艦隊
輸送艦隊
航空隊
地上部隊
(師団本部)
陸上機動師団×5
MS大隊
MS中隊×3→
小隊(MS3機)×3
機甲大隊
歩兵大隊
対空中隊

主戦力は、もちろんモビルスーツ(ザク・MS-06F)でしたが、配備数はさして多くはなく、戦闘車両、航空機などでその不備を補っていました。

ジオン軍(地球攻撃軍)の地球侵攻に編成された部隊数は?

MSVでは、ジオン軍(地球攻撃軍)の地球侵攻のために編成された地球攻撃軍は、

 

航空部隊と海洋部隊、地上部隊の3つの部隊で構成され、
更に地上部隊は、師団本部の指揮下のもと、

 

 

ジオン軍・地球攻撃軍の構成
航空部隊
海洋部隊
潜水艦隊
洋上艦隊
輸送艦隊
航空隊
地上部隊
(師団本部)
陸上機動師団×5
MS大隊
MS中隊×3→
小隊(MS3機)×3
機甲大隊
歩兵大隊
対空中隊

 

  • 陸上機動師団は、5師団、
    • そして1師団下には、
      • MS大隊-MS中隊(3中隊)-MS小隊(3小隊)があり
      • このモビルスーツ隊を補完するように、
        • 機甲大隊、
        • 歩兵大隊、
        • 対空中隊が編成されていました。

地上部隊(MS部隊)の配備表(5師団)
大隊中隊小隊MS機体
第1
陸上機動師団(大隊)
第1
中隊
第1小隊3
第2小隊3
第3小隊3
第2
中隊
第1小隊3
第2小隊3
第3小隊3
第3
中隊
第1小隊3
第2小隊3
第3小隊3
第2
陸上機動師団(大隊)
第1
中隊
第1小隊3
第2小隊3
第3小隊3
第2
中隊
第1小隊3
第2小隊3
第3小隊3
第3
中隊
第1小隊3
第2小隊3
第3小隊3
第3
陸上機動師団(大隊)
第1
中隊
第1小隊3
第2小隊3
第3小隊3
第2
中隊
第1小隊3
第2小隊3
第3小隊3
第3
中隊
第1小隊3
第2小隊3
第3小隊3
第4
陸上機動師団(大隊)
第1
中隊
第1小隊3
第2小隊3
第3小隊3
第2
中隊
第1小隊3
第2小隊3
第3小隊3
第3
中隊
第1小隊3
第2小隊3
第3小隊3
第5
陸上機動師団(大隊)
第1
中隊
第1小隊3
第2小隊3
第3小隊3
第2
中隊
第1小隊3
第2小隊3
第3小隊3
第3
中隊
第1小隊3
第2小隊3
第3小隊3
5師団15中隊45小隊135

計算してみるとMSV設定では、地上部隊は、5師団、15中隊、45小隊、モビルスーツは、約135機が投入されたことになります。

MSザク・ファミリータイプのご紹介

MSVでは、モビルスーツ開発史に基づき、MSザクのファミリータイプが描かれることになります。

 

MSVで発表されたザク・ファミリータイプ一覧のご紹介

MSVで発表されたザク・ファミリータイプは、

  • 旧ザク(MS-05)が、2機体、
  • ザクII(MS-06)が、15機体、キット発売(7キット)
  • 高機動型ザクII(MS-06R)が、6機体、キット発売(6キット)です。

【MSVシリーズ】で発表されたザクタイプのご紹介
試験機
形式番号タイプモデル名キット数スケール
MS-01クラブマン
MS-02
MS-03
MS-04プロトタイプザク
旧ザク
MS-05AザクI(前期)
MS-05CザクI(後期)
ザクII
MS-06AザクII A型
MS-06CザクII C型
MS-06Dザク・デザートタイプ11/144
MS-06Eザク強行偵察型11/144
MS-06E-3ザクフリッパー11/144
MS-06Fザク・マインレイヤー11/144
MS-06FザクII F型(ドズル専用ザクII)
MS-06FSザクII FS型(ガルマ専用ザクII)
MS-06G陸戦型ザクII改修型
MS-06JザクII (湿地帯用)
MS-06Kザクキャノン21/144,1/100
MS-06Mザク・マリンタイプ11/144
MS-06Tザク・トレーナー
MS-06Vザクタンク11/144
MS-06W作業用ザク
高機動型ザクII
MS-06R-1高機動型ザクII (R-1型)
MS-06R-1A高機動型ザクII (R-1A型)31/144,1/60,1/100
MS-06R-2高機動型ザクII (R-2型)31/144,1/60,1/100
MS-06R-2P試製高機動型ザクII(R-2P型)
MS-06R-3高機動型ザクII
(先行試作型)
MS-06RP試製高機動型ザクII(RP型)

ザクIIの登場

ザクは、今次大戦(一年戦争)における、ジオン軍の主力モビルスーツであり、この機体は、MS-05とMS-06に分けられます。

 

正確にはMS-05がザク、MS-06がザクIIと定義されることになります。

 

【MSVシリーズ】で発表されたザクタイプ(MS-05/MS-06)のご紹介
名称形式番号タイプモデル名
旧ザク
MS-05
AザクI(前期)
CザクI(後期)
ザクII
MS-06
AザクII A型
CザクII C型
Dザク・デザートタイプ
Eザク強行偵察型
E-3ザクフリッパー
Fザク・マインレイヤー
FザクII F型(ドズル専用ザクII)
FSザクII FS型(ガルマ専用ザクII)
G陸戦型ザクII改修型
JザクII (湿地帯用)
Kザクキャノン
Mザク・マリンタイプ
Tザク・トレーナー
Vザクタンク
W作業用ザク
高機動型ザクII
MS-06
R-1高機動型ザクII (R-1型)
R-1A高機動型ザクII (R-1A型)
R-2高機動型ザクII (R-2型)
R-2P試製高機動型ザクII(R-2P型)
R-3高機動型ザクII
(先行試作型)
RP試製高機動型ザクII(RP型)

しかし、生産機数が多いことから、MS-06タイプをザクとよび、MS-05を旧型ザクと区別する人も多いです。

MS-05ザクのご紹介

MS-05ザクは、初めて実戦に耐えうるモビルスーツとして開発されたMS-04から、無駄な機能を取り除いてゆくことにより完成した機体です。

 

そしてそのバリエーションは、初期生産のA型と後期生産のB型がありました。

【MSVシリーズ】で発表された旧ザクタイプのご紹介
名称形式番号タイプモデル名
試験機MS-01クラブマン
MS-02
MS-03
MS-04プロトタイプザク
旧ザク
MS-05
AザクI(前期)
CザクI(後期)

 

このMS-05の登場により、モビルスーツへの関心が高まり、新型機の開発が急ピッチで進められてゆくことになります。

MS-05Aタイプのご紹介

Aタイプは、MS-05の初期生産型であり、このMSの登場から教導機動大隊が編成されることになります。

更に、パイロットの養成や戦闘技術の研究が行われた機体でもあります。また、モビルスーツ自体の改良や新型機の開発、武器テストの試験機にも活用されていました。

 

MS-05Bタイプのご紹介

Bタイプは、MS-05の後期に生産された機体です。外観はAタイプと変わらないのですが、コクピットや装甲の材質などが改良され、モビルスーツによる初の実戦部隊は、このBタイプで編成されました。

 

【ジオン軍】実験的モビルスーツ部隊(教導機動部隊)
司令部大隊中隊小隊機体
実践部隊
大隊本部チベタイプ1隻
教導機動部隊大隊
MS中隊
MS小隊×2MS-05Bザク3×2
対艦小隊×1MS-05Bザク3×1
支援戦隊チベタイプ1隻
パブアタイプ2隻

MS-06ザクIIのご紹介

『一年戦争』で、名実共にジオン軍の主力モビルスーツとなったのが、このMS-06ザクIIであり、最も多くのバリエーションを生み出すことになる機体でもあります。

 

【MSVシリーズ】で発表されたMS-06ザクタイプのご紹介
名称形式番号タイプモデル名
ザクII
MS-06
AザクII A型
CザクII C型
Dザク・デザートタイプ
Eザク強行偵察型
E-3ザクフリッパー
Fザク・マインレイヤー
FザクII F型(ドズル専用ザクII)
FSザクII FS型(ガルマ専用ザクII)
G陸戦型ザクII改修型
JザクII (湿地帯用)
Kザクキャノン
Mザク・マリンタイプ
Tザク・トレーナー
Vザクタンク
W作業用ザク
高機動型ザクII
MS-06
R-1高機動型ザクII (R-1型)
R-1A高機動型ザクII (R-1A型)
R-2高機動型ザクII (R-2型)
R-2P試製高機動型ザクII(R-2P型)
R-3高機動型ザクII
(先行試作型)
RP試製高機動型ザクII(RP型)

この機体は、MS-05ザクを全面的に設計し直したもので、完成後はMS-05と形状が異なったため、新しい型式番号(MS-06 )が与えられました。

MS-06Aタイプのご紹介

Aタイプは、MS-06ザクIIの初の量産機であり、両肩のアーマーが、スパイクのない丸形なのが特徴です。生産機数はさほど多くなく、すぐにCタイプに引き継がれることになります。

MS-06Cタイプのご紹介

Cタイプは、開戦時の主力モビルスーツであり「ルウム戦役」で大活躍することになります。

 

プラモデル1/144 HG MS-06C ザクII C型/C-5型 「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦」

MS-06Fタイプのご紹介

Fタイプは、最も多く生産されたタイプであり、単に『ザク』と呼ばれる場合は、このタイプをさすほど代表的な傑作機体です。

 

外観はCタイプと同じですが、全てのモビルスーツの基本となった機体です。

プラモデル1/144 RG MS-06F 量産型ザク 「機動戦士ガンダム」

MS-06FSタイプのご紹介

FSタイプは、MS-06Fタイプの頭部に、30mm機関砲を4門増加装備し、白兵戦における戦力強化を施したタイプです。

 

ガルマ=ザビの愛機でもあります。(初代ガンダムには未登場)

プラモデル1/144 HGUC MS-06FS ザクII (ガルマ専用機)「機動戦士ガンダム」

MS-06Sタイプのご紹介

Sタイプは、MS-06Fタイプのメイン推進ロケットの推力を、130トンに強化したタイプです。主に中隊指揮官以上のベテランパイロット向けに生産された機種です。

シャア=アズナブル少佐の使用機も、このタイプです。

プラモデル1/144 RG MS-06S シャア専用ザク 「機動戦士ガンダム」 [5061595]

MS-06Rタイプのご紹介

MS-06Rタイプは、MS-06シリーズの高機動空間戦用バージョンであり、改良を重ねた結果、外観こそそれまでのザクと大差ないものの内部機構は別のモビルスーツに作り上げられています。

 

操縦は難しくなりりましたが、戦闘能力が向上し、多くのエースパイロットに愛用した、現在も人気のモデルです。

プラモデル1/144 HGUC MS-06R-2 ジョニー・ライデン専用ザクII 「機動戦士ガンダム」 [5060400]

MS-06Eタイプのご紹介

Eタイプは、MS-06CタイプやFタイプを改造して作られた強行偵察機です。大戦中期には、更に改良され、複合探知システムを搭載したMS-06E-3タイプもつくられました。

プラモデル1/144 MS-06E3 ザクフリッパー「機動戦士ガンダム MSV」 No.24

MS-06Tタイプのご紹介

Tタイプは、大戦初期に使用された練習機で、主にMS-06Cタイプから改造された機体です。教官用のコクピットが増設されたことが、ただ1つの改造点です。

MS-06Jタイプのご紹介

Jタイプは、陸戦用ザクで、MS-06Fタイプから地上戦には不要な空間戦装備を取り払ったもの機体です。このタイプは、地球攻撃軍の地球侵攻に伴って、現地の工作部隊で製造されていました。

プラモデル1/100 MG MS-06J ザク Ver.2.0 「機動戦士ガンダム」 [5061580]

MS-06Dタイプのご紹介

Dタイプは、砂漠や熱帯地方での戦闘を主目的に製造されたMSです。デザートタイプと呼ばれ、北アフリカ戦線のみに配備されていました。

 

プラモデル1/144 MS-06D ザク デザートタイプ 「機動戦士ガンダムMSV」 No.4

MS-06Kタイプのご紹介

Kタイプは、対空防衛ザクとして計画されましたが、重量バランスなどの問題を解決できず試作機に終わった機体です。尚、試作機は全機、実戦参加しています。

 

試作機すら実践に投入せざる得ないジオン軍の現場の苦しさが伺える機体ですね。

プラモデル1/100 MS-06K ザクキャノン 「機動戦士ガンダムMSV」

MS-06Mタイプのご紹介

Mタイプは、MS-06Fタイプを基本に、水中戦用に再設計された機体です。ザクの基本設計が空間戦用のものであったため、開発が思うように進まず、試験機に終わってしまします。

後に、MSM-01へ形式変更されています。

プラモデル1/144 MS-06M 水中用ザク「機動戦士ガンダム MSV」 シリーズNo.6

MS-06Gタイプのご紹介

Gタイプは、MS-06Jタイプ(陸戦用ザク)をさらに高性能化した機体です。脚部に補助推進装置を搭載し、装甲も強化されています。

MS-07グフよりも太くみえますね。

MS-06Wタイプのご紹介

Wタイプは、地球攻撃軍の工作部隊で組み立てられた作業用のザクです。正式な型式ではないようです。

 

フィギュアROBOT魂 <SIDE MS> MS-06W 一般作業型ザク ver. A.N.I.M.E. 「機動戦士ガンダム」 魂ウェブ商店限定

MS-06Vタイプのご紹介

Vタイプは、戦闘不能となったザクの上半身とマゼラベースを組み合わせた大型作業用車です。地球攻撃軍の工作部隊により現地で改造されました。

プラモデル1/144 MS-06V ザクタンク「機動戦士ガンダム MSV」 No.12

MS-06Zタイプのご紹介

Zタイプは、MSN-02ジオングの開発に向け、サイコミュシステムの試験機として製造された機体です。このモビルスーツからサイコミュ技術が発展してゆくことになります。

 

プラモデル1/144 MS-06Z ザク Zタイプ 「機動戦士 ガンダムMSV」 シリーズNo.29

MSN-01のご紹介

MSN-01は、MS-06Z・2号機の脚部を大推進ロケットに換装したタイプです。高機動レベルでの、サイコミュシステムの実験用され、MS-06Zタイプより、更にザクのイメージから離れた機体になってしまいました。

プラモデル[JAN無し版] 1/144 MSN-01 高速機動型ザク 「機動戦士ガンダム MSV」 シリーズNo.27 [0501345]

ガンダム作品(アニメ・映画・漫画・ガンプラなど)関連サイトマップのご紹介

ガンダム作品(アニメ・映画・漫画・ガンプラなど)関連のサイトマップをご紹介します。

ガンダム作品(アニメ・映画・漫画・ガンプラなど)関連サイトマップ

TOPゲーム機PCゲーム機AC)│名作│テーマ│メーカー

PC・ゲーム機TOP > PC家庭用据置携帯

【ジャンル別】TOP>│RPGAVG格ゲーSTG│SLG│ACT│レーススポーツ
TBL(麻雀)│海外

格闘ゲームTOP > 名作│発売年別メーカー別AC据置携帯

【一年戦争】年表
【MS開発史】ジオン軍(ザク高機動型ザク水陸両用陸上用MS空間用MS)連邦(ガンダム│ジム│部隊構成
【ジオン独立戦争史】地球侵攻作戦サイクロプス隊
【作品別】映像・小説・漫画作品
【映像作品】まとめメディア別│発表年別│世界観別
【宇宙世紀:U.C.】まとめ│MSV(ガンプラ書籍地球侵攻作戦史)│ポケットの中の戦争│【第08MS小隊】部隊構成│【ポケットの中の戦争】サイクロプス隊│【オリジン】(ガンプラオリジンガンプラMSD
【クリエイター】カトキハジメ作品
プラモデル作品
ガンプラブーム80~83(その1その2)│MSV(全機種ザク開発史水陸両用陸上用MS空間用MSMS-06Rポケットの中の戦争サイクロプス隊│)│HG(初代ガンダム高機動ザクオリジンMSD)│MG(Ver.Ka)│センチネルU.C.ハードグラフ
デザイン
【メカニックデザイン】カトキハジメ(アニメ│センチネルMG Ver.Ka書籍│)山根 公利(全作品
【キャラクターデザイン】安彦良和(オリジンMS
ゲーム作品
テーマ
【スパロボ】スパロボ
【ガンダム】ガンダムVSSDガンダムギレンの野望│ガンダム外伝(THE BLUE DESTINY
【テーマ別】
ジャンル別【アクション】ガンダムVS【SRPG】スパロボ
【SLG】SDガンダムギレンの野望│ガンダム外伝(THE BLUE DESTINY
サイトマップ一覧

ガンダムVS | TVゲーム(ゲーム) | 中古・新品通販の駿河屋

ガンダム作品(アニメ・映画・漫画・ガンプラなど)関連ページのご紹介

ガンダム作品(アニメ・映画・漫画・ガンプラなど)関連ページをご紹介します。

ロボット(ガンダム・スパロボ)ゲーム・サイトマップのご紹介

ロボット(ガンダム・スパロボ)ゲームのサイトマップをご紹介します。

ロボット(ガンダム・スパロボ)ゲームのサイトマップ

TOPゲーム機PCゲーム機AC)│名作│テーマ│メーカー

PC・ゲーム機TOP > PC家庭用据置携帯

【ジャンル別】TOP>│RPGAVG格ゲーSTG│SLG│ACT│レーススポーツ
TBL(麻雀)│海外

格闘ゲームTOP > 名作│発売年別メーカー別AC据置携帯

ゲーム作品
テーマ
【スパロボ】スパロボ
【ガンダム】ガンダムVSSDガンダムギレンの野望│ガンダム外伝(THE BLUE DESTINY
【テーマ別】
ジャンル別【アクション】ガンダムVS【SRPG】スパロボ
【SLG】SDガンダムギレンの野望│ガンダム外伝(THE BLUE DESTINY
映像・小説・漫画作品
宇宙世紀【映像作品】まとめ
プラモデル作品
サイトマップ一覧

ガンダムVS | TVゲーム(ゲーム) | 中古・新品通販の駿河屋

ロボット(ガンダム・スパロボ)ゲーム関連ページのご紹介

ロボット(ガンダム・スパロボ)ゲーム関連ページをご紹介します。

RPGサイトマップのご紹介

RPGのサイトマップをご紹介します。

RPGサイトマップ

TOPゲーム機PCゲーム機AC)│名作│テーマ│メーカー

PC・ゲーム機TOP > PC家庭用据置携帯

【ジャンル別】TOP>│RPGAVG格ゲーSTG│SLG│ACT│レーススポーツ
TBL(麻雀)│海外


RPG-top >まとめ│名作│年代別│シリーズテーマ機種別
【サブジャンル】RPG│ARPG│SRPG
PC
【NEC】PC9818禁)│PC8818禁)【その他】X68kApple【Windows】Windows18禁)【ホビー】MSX18禁
据え置き
【Sony】PSPS2PS3PS4【Microsoft】X360Xone
【任天堂】一覧FCSFCN64GCWiiWiiUSwitch【セガ】一覧│MDSSDC海外)【NEC】PCエンジン
携帯ゲーム【任天堂】一覧GBGBANDS3DS
【Sony】一覧PSPPSVita
シリーズ
テーマ
【ARPG】SF(マスエフェクト)│【SRPG】スパロボ│【RPGドラゴンクエストDQ1DQ2インタビュー)│ウィザードリィウィザードリィとは世界観12)│ファンタシースター旧4部作DC
テーマ80年代名作RPG12345
サイトマップ一覧

RPG | ロールプレイング | ゲーム | 中古・新品通販の駿河屋

【RPG】サイトマップ関連ページのご紹介

【RPG】の関連ページをご紹介します。

【機種別・名作RPG】機種別・名作RPGのご紹介 ~PC98,PS,PS2,PS3,PS4,Xbox360~

【機種別・名作RPG】機種別・名作RPGのご紹介 ~PC98,PS,PS2,PS3,PS4,Xbox360~
【機種別・名作RPG】のご紹介 ~PC98,PS,PS2,PS3,PS4,Xbox360など~ 今回は機種別(PC98,PS,PS2,PS3,PS4,Xbox360など)名作RPGのご紹介をご紹介します。 ...

【名作RPG】シリーズ別RPGシリーズのご紹介│まとめ│

【名作RPG】シリーズ別RPGシリーズのご紹介│まとめ│
【名作RPG】シリーズ別RPGシリーズのご紹介│まとめ│ ご訪問ありがとうございます。 今回は【まとめ】シリーズ別・名作RPGシリーズをご紹介させて頂きます。 【名作RPG】RPGシリー...

【名作RPG】テーマ別・RPGシリーズのご紹介│まとめ│

【名作RPG】テーマ別・RPGシリーズのご紹介│まとめ│
【名作RPG】テーマ別・RPGシリーズのご紹介│まとめ│ ご訪問ありがとうございます。 今回はテーマ別・RPGシリーズをご紹介させて頂きます。 【名作RPG】80年代の名作RPGのご...

【ゲームジャンル別】サイトマップのご紹介

【ゲームジャンル別】サイトマップをご紹介します。

【ゲームジャンル別】サイトマップ

TOPゲーム機PCゲーム機AC)│名作│テーマ│メーカー

PC・ゲーム機TOP > PC家庭用据置携帯

【ジャンル別】TOP>│RPGAVG格ゲーSTG│SLG│ACT│レーススポーツ
TBL(麻雀)│海外

プレイステーション アイコン PSジャンルtop>まとめ│ハード別│ジャンル│メーカー│
まとめACT(アクション│AAVG│ステルス│格闘)TPS/FPS(TPS│FPS)│RPG(RPG│ARPG│SRPG)│AVGSTG(2DSTG│3DSTG)│SLG(SLG│ターン│RTS)│
TBL(麻雀家庭用AC
レース│スポーツ
シリーズ
テーマ
サイトマップ一覧(まとめ)

新品/中古ゲーム販売 通販ショップの駿河屋

タイトルとURLをコピーしました