海外ゲームメーカー ファミコン パソコン・PCゲーム

第1回『ウィザードリィ』について ~名作RPG『ウィザードリィ』シリーズ~

ウィザードリィ海外ゲームメーカー

第1回『ウィザードリィ』について

~名作RPG『ウィザードリィ』シリーズ~

ご訪問ありがとうございます。

今回は

『ウィザードリィ』とは ~名作RPG『ウィザードリィ』シリーズ~

をご紹介します。

ウィザードリィ

『ウィザードリィ』とは、

1980年代のRPG黎明期に登場した『ウィザードリィ』は、

『ウルティマ』や『ROGUE』と共に、RPG原点とも言われる作品だよ。

 

『ドラゴンクエスト』や『ファイナルファンタジー』など、

日本のRPGにも大きな影響を及ぼした作品ですよね。

ドラゴンクエスト3

驚くべきことは、現在も『ウィザードリィ』の『システム』が継承され、支持されている作品でもあるんだよ。

RPG黎明期に生まれた『ウィザードリィ』どこにそれほどの魅力があるのだろうか?

ウィザードリィ

『ウィザードリィ』の魅力のひとつは、

 

今もRPGで継承されている『システム』だな。

 

『ウィザードリィ』が誕生した、
1981年 の1作目、『Wizardry 1・Proving Grounds of the Mad Overlord』(狂王の試練場)
ですでに、完成に近い『システム』が誕生していたんだ。

 

『ウィザードリィ』では、

 

『タウン』(休憩・準備)『アドベンチャーエリア』(迷宮)を切り分けてして、

 

『タウン』(休憩・準備)では、

『キャラクター作り』や『パーティー編成』を行い

 

そして、『アドベンチャーエリア』(迷宮)で

『ダンジョン』の探索、『戦闘』』という一連の流れの『システム化』したの。

ウィザードリィ

そして、『ウィザードリィ』の表現方法は、

 

ラインで描かれたシンプルな『ポイントヴュー』の『ダンジョン』
曖昧な『モンスター』イメージにより

 

シンプルに、適切な数に絞りこまれた情報から
プレイヤーに『想像力』をかき立てるようになっているの

ウィザードリィ

この『ダンジョン』の表現ターン制の『戦闘システム』『ウィザードリィ』の顔となっているんだよ。

『システム』だけでなく、『ウィザードリィ』には、

『キャラクター』作成にはじまり、
『迷宮』を徘徊せずにはいられぬ中毒性があるのだ。

ウィザードリィ

『金』『アイテム』『経験値』と、RPGの『3種の神器』を

『収集』又は『育成』するなど

 

ゲームをプレイを夢中にさせるための仕掛けを用意している点も

『ウィザードリィ』の魅力のひとつなのだ。

 

罠を潜りぬけ、神秘の『迷宮』を期待と不安で進み、

行く手を阻む『魔物』を『剣』と『魔法』で切りぬける。

 

そこには戦略に富んだ緊張感ある『戦闘』があり、
クエスト(目標)をクリアすることで充実した達成感を味わうことができる。

ウィザードリィ

このような優れた『システム』を、RPGの黎明期に採用し

 

ゲームを楽しむための基本的な『面白さ』を作り出し、継続してプレイできる『仕掛け』を織り込んでいる作品なのだ。

 

そう、『元祖で、完成されたゲーム』それが『ウィザードリィ』なのである。

ウィザードリィ

『ウィザードリィ』シリーズについて

それでは、ここで『ウィザードリィ』のシリーズ展開についてご紹介したいと思います。

ひとつは、アメリカの『サーテック社』 (Sir-Tech Software)が制作した『本家』

 

日本のオリジナル作品である、通称『和製ウィズ』と言われる作品があるんだ。

ウィザードリィ外伝I ~女王の受難

そして、この『ウィザードリィ・シリーズ』の『本家』も

『本家』の物語をベースして、4つに分けることができるんだ。

 

それは、『サーテック社』が制作した『オリジナル版』と

 

主に日本の『ソフトハウス』が制作した

『ゲームスタジオ監修版』
『ナグザット版』
『ローカス監修版』だよ。

ウィザードリィ

『ウィザードリィ・本家』の主な対応機種は、

 

『サーテック社』の『オリジナル版』は、

 

主に『パソコン』に対応した『Apple II』『コモドール64』『IBM PC』など多数

AppleII

『ゲームスタジオ監修版』は、

主に『家庭用ゲーム機』の『ファミコン』や『スーパーファミコン』に対応

 

『ナグザット版』は、『PCエンジン』

 

『ローカス監修版』は、『プレイステーション』や『セガサターン』だね。

ファミコン(ファミリーコンピューター)

『ウィザードリィ』本家を一覧にするとこんな感じです。

本家シナリオ機種ゲームタイトルサブタイトルなし
オリジナル
Apple II、コモドール
64、IBM PCなど多数
Wizardry #1狂王の試練場
Wizardry #2ダイヤモンドの騎士
Wizardry #3リルガミンの遺産
Wizardry #4ワードナの逆襲
Wizardry #5災渦の中心
Wizardry #6禁断の魔筆
Wizardry #7ガーディアの宝珠
IBM PCなどWizardry #8サブタイトルなし
PC、プレイステーショ
ン、セガサターンなど
The WizardryNemesis Adventure
ゲームスタジオ
監修版
ファミコン
ウィザードリィ
ウィザードリィIIリルガミンの遺産
ウィザードリィIIIダイヤモンドの騎士
スーパーファミコンウィザードリィストーリーオブリルガミン
ゲームボーイカラーウィザードリィGBC版 #1~#3
スーパーファミコンウィザードリィV災渦の中心
ウィザードリィVI禁断の魔筆
ナグザット版
PCエンジンウィザードリィ V
ウィザードリィ I・II
ウィザードリィ III・IV
ローカス監修版
プレイステーション
セガサターン、PCなど
ウィザードリィリルガミンサーガ
プレイステーション
PC
ウィザードリィニューエイジオブリルガミン

 

『ウィザードリィ本家』も沢山の作品がありますね。

『ウィザードリィ本家』のオススメの作品は、

 

『オリジナル』の作品と
『ゲームスタジオ監修版』の『ファミコン』『スーパーファミコン』『ゲームボーイカラー』に移植された作品群ですね。

ウィザードリィ

『ナグザット版』『ローカス監修版』は、
作品の仕上がりから、あまりおすすめできないかな。

 

『ゲームスタジオ監修版』は、

あの『ゼビウス』の生みの親である『遠藤雅伸』さん率いる『ゲームスタジオ』が担当した作品で、

 

特に『ファミコン版』の『ウィザードリィ』

『ウィザードリィ』の生みの親である『アンドリュー・グリーンバーグ』が

ウィザードリィ

これは今までで一番良くできたウィザードリィだー!

とのお墨付きをもらうほどのクオリティでだったんだよ。

『ウィザードリィ』日本のオリジナル作品(和製ウィズ)について

そして、もうひとつの『ウィザードリィ』、日本のメーカーが許諾を得て独自に作った、

 

日本のオリジナル作品である、『通称・和製ウィズ』と呼ばれる作品について紹介させて頂きます。

ウィザードリィ外伝I ~女王の受難

『和製ウィズ』と呼ばれる作品は

 

『ウィザードリィ外伝シリーズ』や『BUSINシリーズ』、『ウィザードリィエンパイア&XTHシリーズ』などが有名だね。

 

『和製ウィズ』シリーズを一覧にするとこんな感じです。

和製Wizシリーズゲームタイトルサブタイトル
外伝シリーズウィザードリィ外伝I~IV女王の受難、古代皇帝の呪い、
闇の聖典など
戦闘の監獄シリーズウィザードリィ外伝戦闘の監獄、慈悲の不在など
エンパイアシリーズウィザードリィ エンパイア
エクスシリーズウィザードリィエクス
BUSINシリーズBUSIN ~Wizardry Alternative~
ルネサンスシリーズウィザードリィ生命の楔など
その他ウィザードリィ サマナーなど多数アスタリスク、緋色の封印、
サマナー、クロニクルなど

 

うーん、『和製ウィズ』も沢山ありますね。

『和製ウィズ』でオススメは、

 

『ゲームボーイ』から発売された、
『外伝シリーズ』の『ウィザードリィ外伝I ~II』かな

ゲームボーイ

この作品群は、

 

『ウィザードリィ』で初めて『携帯ゲーム機』で発売された作品であり

 

また、日本オリジナル作品(通称・和製ウィズ)の先駆けとなった作品でもあるんだよ。

ウィザードリィ外伝I ~女王の受難

開発元は、すでに『ファミコン版』への移植で高評価を得ていた『ゲームスタジオ』。

 

当初は、

ファミコンより性能が劣るゲームボーイでまともなウィズがプレイできるのか!?

ゲームボーイ

と不安の声が上がっていたんだけど

 

でも、出来上がりは上々で、それら不安の声を吹き飛ばすことに成功した作品なんだよ。

ウィザードリィ

『和製ウィズ』のおすすめゲームタイトルを一覧にしてみました。

外伝シリーズ機種ゲームタイトル
外伝シリーズ
ゲームボーイ
ウィザードリィ外伝I ~女王の受難~
ウィザードリィ外伝II ~古代皇帝の呪い~
ウィザードリィ外伝III ~闇の聖典~
エクスシリーズ
PS2
ウィザードリィエクス2 ~無限の学徒~
BUSINシリーズBUSIN ~Wizardry Alternative~

 

ご閲覧ありがとうございました。
トゥットゥルー♪

タイトルとURLをコピーしました