シューティングゲーム アーケードゲーム タイトー

【名作STG】第7回『ゲームテクノロジー』の限界 – スペースインベーダー誕生秘話

シューティングゲーム

第7回『ゲームテクノロジー』の限界 – スペースインベーダー誕生秘話

今回は、第7回『ゲームテクノロジー』の限界 – スペースインベーダー誕生秘話 をご紹介します。

『アタリ社』の『ブレイクアウト(ブロック崩し)』に出会いをきっかけに、
『スペースインベーダー』の構想を描き始めた『西角』さん。

同年の1976年に『西角』さんは、新しい『ゲーム機』の開発で、
『ゲームテクノロジー』の限界に突き当たっる。

『ゲームテクノロジー』の限界?

そう『西角』さんが、この『ゲームテクノロジー』の限界を経験したことにより
『スペースインベーダー』を完成させることができたんだ。

『スペースインベーダー』の『5つの過程』

前回『スペースインベーダー』の完成までの『5つの過程というのを紹介したと思うんだけど。

たしか

1つ目が、大まかなゲームイメージ

 

2つ目が、どういう技術でゲームをつくるのか?

 

3つ目が、ゲーム開発環境をつくること

 

4つ目が、具体的なゲーム企画

 

5つ目が、ゲーム開発。

 

そして、『スペースインベーダー』の完成。

って過程だったような。

 

そう、今回はその2つ目の『どういう技術でゲームをつくるのか?
のところだよ。

新しい『ゲームテクノロジー』とは

西角』さんが、1976年に開発をはじめたゲーム『フ ィスコ 400』とい『レースゲーム』なんだけど、

この時『西角』さんは『スペースインベーダー』の構想を考えながら、もう一つ『ゲームテクノロジー』の勉強をしていたんだ。

『ゲームテクノロジー』の勉強?

そう、それが『CPU』を使った『ゲーム機』を作ることだったんだ。

『CPU』を使った『ゲーム機』?

そう、これまで開発してきた『ゲーム機』は、すべてデジタルIC』を使ったゲームだったんだ。

 

『西角』さんは、1972年に『アタリ社』の『ポン』を解析して、
当時最新の『デジタルIC』の技術を身につけることになるんだけど、

 

それから、1973年に日本初の『ビデオゲーム』の『サッカー
1974年 に『スピードレース
1975年 、『ウエスタンガン
1976年、『インターセプター』を開発してきたんだ。

そして、1976年に『レースゲーム』の『フィスコ400』を開発することになるんだけど。

この頃から『デジタルIC』による『ゲーム作り』に限界を感じてきたんだ。

なるほどー。
それで『最新テクノロジー』の『CPU』を勉強しようと・・

そうだね。

それでは『西角』さんが『フィスコ400』の開発経験から

次作の『スペースインベーダー』の開発ではなぜ、
『新しいテクノロジー』に挑戦しようと思い立ったのかを見てみよう。

 

『フィスコ 400』の開発のはじまり

『フィスコ 400』の開発のはじまりは、『タイトー本社』の『営業』からの依頼からだったんだ。

社員
営業

『西角』さん『インターセプター』も完成したことですし、
次の『ゲーム機』の開発の件で
ちょっとお願いしたい『ゲーム』があるんですけど。

 

西角
西角

お願いしたい『ゲーム』ですか?

社員
営業

はい、今『アメリカ』で人気の『アタリ社』の『インディ800』のような『レースゲーム』をつくってほしいんですよ。

西角
西角

『アタリ社』の『インディ800』のようなゲームですか?

社員

そうです『西角』さんの腕なら実現できるよ思うんですよ。

西角
西角

・・・・

わかりました、やってみましょう。

ということで、『西角』さんは、次作ゲームで
『アタリ社』の『インディ800』のような『レースゲーム』を開発することになったんだ

『アタリ社』の『インディ800』?

こんな感じのゲームだよ。

Atari Kee Games Indy 800 arcade video game playing !

このゲームは、1975年に『アタリ社』から発表された
『プレイヤー8人』で『レースゲーム』が遊べる『アーケードゲーム』なんだ。

面白そうだね。

『西角』さんがたちが企画したのは、
このゲームをモチーフにして『プレイヤー4人』で遊ぶ『レースゲーム』の『フィスコ 400だよ。

[AC] アタックUFO Attack UFO

4人が同時に遊べるゲームでしょう、
このゲームを開発するのは、大変そうだね。

そうなだ。

『西角』さんは、1人での開発は無理で判断して、
3人の技術者と開発することになるんだけど。

『西角』さんが、開発したゲームの中で最も苦労したゲームなんだ。

『4人プレイヤー用』のゲームだから『ゲーム機』を4台組み合わせる必要もあるからね。

困難を極めた、『フィスコ 400』の開発

『フィスコ 400』の開発は、困難を極めたんだ。

利用した、ゲーム機の『基盤』は5枚
そして、使われた『デジタルIC』の数は400個以上

 

『ビデオゲーム』初期の『アタリ社』の『ポン』の場合、
『基盤』が1枚『デジタルIC』は70個くらいだから

 

『ゲーム回路』の規模が5倍以上なんだよね。

ひえー

結局、3人の技術者がかかりっきり開発しても、
開発期間は、8 ヶ月以上もかかってしまったんだ。

『ハードウェア』の限界と『プログラム』への思い

『西角』さん『フィスコ 400』を開発してみてどう思われましたか?

西角
西角

そうですね、『フィスコ 400』は私が経験した中でも最も大変なゲーム開発でしたね。

西角
西角

開発もそうなんですけど、回路の設計も大変でしたね。
設計から実際に配線作業をした時も、やっぱり作るのも時間がかかるんですよね。

 

それに、配線の確認を頻繁にしなければなりませんし、
出来上がったと思って、動かしみたら、まったく動かなかったりするんですよ。

『CPU』と『プログラム』でゲームを作る

西角
西角

この頃には『CPU』でゲーム機を作るための勉強をしてたのですけど。

 

『CPU』で作るゲームなら『ソフトウェア』である『プログラム』でゲームが作れるようなるんですよ。

西角
西角

『フィスコ 400』の開発中に『プログラム』でこのゲームが作れれば、この複雑な回路で開発しなくてすむのみなー

 

って思いながら作ってましたね。

西角
西角

この頃は、ハード』ならこうで『ソフト』ならこうで
っていうのを常 に考えながら開発してましたね。。

 

西角
西角

ただ、その時は、ちょっと知識がまだ追いつかなかったんで、
『フィスコ 400』は『 ハードウェア(デジタルIC)』で作りましたけど。

でも『フィスコ 400』の開発で『ハードウェア』で作るのは、もう限界だと思ったんですよ。

西角
西角

年々ゲームに求められるものが、どんどん大きくなっていってましたから

 

これは『CPU』搭載して『プログラム』でゲームを作らないと・・

将来的には、もう『プログラム』でやるようになると確信してましたから。

西角
西角

『フィスコ 400』の完成した時には、

次作の『スペースインベーダー』を作る時は、『CPU』を搭載した『プログラム』でゲームを作ることを決心しましたね。

 

でも『スペースインベーダー』時でも、能力的にはギリギリ間に合ったような 感じでしたけどね。

関連ページのご紹介

名作シューティングゲーム・スペースインベーダー誕生物語のご紹介

迷ったらこのページをクリック、スペースインベーダー誕生物語のご紹介のまとめページです。

【名作STG】スペースインベーダーのご紹介~アーケード・シューティングゲームの始まり~
名作、スペースインベーダーのご紹介 ~アーケード・シューティングゲームのはじまり~ ご訪問ありがとうございます。 70年代末にインベーダーブームを巻き起こすことになる スペースインベーダー登場...

スペースインベーダー誕生物語のご紹介

【名作STG】第1回『ビデオゲーム・ポン』との出会い – スペースインベーダー誕生秘話
第1回『ビデオゲーム・ポン』との出会い – スペースインベーダー誕生秘話 今回は、『ビデオゲーム・ポン』との出会い をご紹介します。 『ビデオゲーム・ポン』との出会い? ...
【名作STG】第2回『ビデオゲーム・ポン』解析『発想力』はやっぱり『アメリカ』– スペースインベーダー誕生秘話
第2回『ビデオゲーム・ポン』解析・発想力はやっぱりアメリカ – スペースインベーダー誕生 ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き 今回は『ビデオゲーム・ポン』解...
【名作STG】第3回『ビデオゲーム・ポン』登場、その時『セガ』『ナムコ』は? – スペースインベーダー誕生秘話
第3回『ビデオゲーム・ポン』登場、その時『セガ』『ナムコ』は? ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き 今回は、 第3回『ビデオゲーム・ポン』登場、その時...
【名作STG】第4回タイトーの誕生 ~ウォッカ、ジュークボックス、そして『スペースインベーダー誕生までのタイトーの歴史~
第4回タイトーの誕生 ~ウォッカ、ジュークボックス、そして『スペースインベーダー誕生までのタイトーの歴史~ ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き 今回は ...
【名作STG】第5回日本初『ビデオゲーム』誕生 – スペースインベーダー誕生 
第5回日本初『ビデオゲーム』誕生 – スペースインベーダー誕生 ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き、 今回は 第5回日本初『ビデオゲーム』誕生 – ス...
【名作STG】第6回『スペースインベーダー』の始まり – スペースインベーダー誕生
第6回『スペースインベーダー』の始まり – スペースインベーダー誕生 ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き、 今回は 『スペースインベーダー』の始まり – ...
【名作STG】第7回『ゲームテクノロジー』の限界 – スペースインベーダー誕生秘話
第7回『ゲームテクノロジー』の限界 – スペースインベーダー誕生秘話 ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き、 今回は、第7回『ゲームテクノロジー』の限界 – ...
【名作STG】第8回『CPU』搭載ゲームとの出会い – スペースインベーダー誕生秘話
第8回『CPU』搭載ゲームとの出会い – スペースインベーダー誕生秘話 ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き、 今回は『CPU』搭載ゲームとの出会い – スペ...
【STG名作】第9回 『スペースインベーダー』の開発環境をつくろう(その1)– スペースインベーダー誕生秘話
【名作STG】第9回 『スペースインベーダー』の開発環境をつくろう(その1)– スペースインベーダー誕生秘話 ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き、 今回は、...
【名作STG】第10回『スペースインベーダー』の開発環境をつくろう(その2) – スペースインベーダー誕生秘話
第10回『スペースインベーダー』の開発環境をつくろう(その2) – スペースインベーダー誕生秘話 ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き、 今回は 『CP...

STG関連ページのご紹介

シューティングゲームまとめページのご紹介

迷ったらこのページをクリック、シューティングゲームのまとめページです。

【名作STG】シューティングゲームのご紹介
【名作STG】シューティングゲームのご紹介 アーケードゲームシューティングゲームの関するご紹介 80年代の名作アーケード・シューティングゲームのご紹介 ゲームセンターでシューティングゲームが主役だった80年...

シューティングゲームのご紹介

アーケードゲームシューティングゲームの関するご紹介

80年代の名作アーケード・シューティングゲームのご紹介

ゲームセンターでシューティングゲームが主役だった80年代のシューティングゲームについてご紹介しています。

【名作STG】80年代の名作アーケード・シューティングゲームのご紹介│まとめ│ゼビウスや、グラディウス、ダライアス、R-TYPE
80年代の名作アーケード・シューティングゲームのご紹介│まとめ│ ご訪問ありがとうございます。 このページでは、80年代に数々の名作ゲームの登場により、黄金時代を築いた、アーケードシューティングゲームの栄枯盛...
名作シューティングゲームの魅力をご紹介

シューティングゲームの魅力連射や巨大戦艦、背景の美学、安全地帯、フォーメーション、そして深いストーリーなどをご紹介しています。

【名作STG】シューティングゲームの魅力│まとめ│連射や巨大戦艦、背景の美学、安全地帯、フォーメーション、そして深いストーリーなど
シューティングの魅力とは│まとめ│ ~連射や巨大戦艦、背景の美学、安全地帯、フォーメーション、そして深いストーリーなど~ ご訪問ありがとうございます。 このページでは、 シ...
名作シューティングゲーム・ゼビウスのご紹介
【名作STG】ゼビウスの誕生秘話│まとめ ~ゼビウスの世界観、超難易度のスーパーゼビウスなど~
名作ゼビウスの誕生秘話、ゼビウスの世界観、超難易度のスーパーゼビウスなど ご訪問ありがとうございます。 このページでは、1980年代に登場した、名作ゼビウスのについてご紹介させ...
【ゲーム音楽】ゼビウス、ドルアーガの塔の誕生まで、ナムコ・ゲーム音楽のご紹介
ゼビウス、ドルアーガの塔の誕生まで、ナムコ・ゲーム音楽のご紹介 ご訪問ありがとうございます。 今回は80年代はじめにゲームセンターで大ヒットしたゼビウス、ドルアーガの塔の誕生までのナムコゲーム音楽につ...
ゼビウス、ディグダグサウンドの生みの親、慶野由利子 ~ナムコサウンド・音楽の魅力~
ゼビウス、ディグダグサウンドの生みの親、慶野由利子 ~ナムコサウンド・音楽の魅力~ ご訪問ありがとうございます。 このページでは、ナムコサウンドの魅力シリーズとして ゼビウ...

シューティングゲームの歴史はここから始まった・スペースインベーダーのご紹介

【名作STG】スペースインベーダーのご紹介~アーケード・シューティングゲームの始まり~
名作、スペースインベーダーのご紹介 ~アーケード・シューティングゲームのはじまり~ ご訪問ありがとうございます。 70年代末にインベーダーブームを巻き起こすことになる スペースインベーダー登場...

パソコンの名作シューティングゲームのご紹介

X68000から生まれた、オリジナルシューティングゲームのご紹介

X68000から生まれた、オリジナルシューティングゲームのご紹介しています。

X68000から生まれた、オリジナルシューティングゲームたち ~SHARPが生んだ至高の国産PC、X68000~
X68000から生まれた、オリジナルシューティングゲームたち ~SHARPが生んだ至高の国産PC、X68000~ ご訪問ありがとうございます。 今回はX68000から生まれた、オリジナルシューティングゲーム...
X68000の名作シューティングゲームのご紹介~アーケードSTGとオリジナルSTG~
X68000の名作シューティングゲームのご紹介 ~X68000のアーケードSTGとオリジナルSTG~ ご訪問ありがとうございます。 このページではX68000の人気ゲームジャンルのひとつシューティン...
【PC88】名作シューティングゲーム・スタークルーザーのご紹介

PC88時代の名作シューティングゲーム、スタークルーザーについてご紹介しています。

【PC88】名作シューティングゲーム・スタークルーザーのご紹介
PC88が生んだ、名作シューティングゲーム、スタークルーザーのご紹介 ~パソコンの名作シューティングゲームたち~ ご訪問ありがとうございます。 前回の続き 今回は ...

サイトマップのご紹介

サイトをご紹介します。

足りないゲーム機情報は随時更新していきますのでお楽しみに

サイトマップ

TOP > PC│ゲーム機│名作ゲーム│ジャンル│テーマ│メーカー

PC・ゲーム機TOP > PC 据置ゲーム機 携帯ゲーム機

【ジャンル別】TOP>│RPG│AVG格ゲーSTG│SLG│ACT│
TBL(麻雀)

プレイステーション アイコン PSハード別(家庭用据置│携帯│AC│PC)
据え置き機
任天堂FCFDSSFCN64GC│Wii│WiiU│Switch
セガMDSSDC
NECPCエンジンPCFX
SonyPSPS2PS3PS4
SNKNEOGEO3DO
G&W GB GBA NDS 3DS PSP PSVita
ネオジオポケット ワンダースワン ゲームギア
PC・パソコン
NECPC98PC88
シャープX68000X1MZ系
富士通FMTOWNS77AVFM7
その他MSXAppleII
アーケード80年代90年代2000年代
周辺機器コントローラーゲーム機別│メーカー別│アケコン(RAP)
タイトルとURLをコピーしました