アーケードゲーム タイトー

【名作STG】第4回タイトーの誕生 ~ウォッカ、ジュークボックス、そして『スペースインベーダー誕生までのタイトーの歴史~

アーケードゲーム

第4回タイトーの誕生 ~ウォッカ、ジュークボックス、そして『スペースインベーダー誕生までのタイトーの歴史~

今回は

第4回タイトーの誕生

~ウォッカ、ジュークボックス、そしてスペースインベーダー誕生までの、タイトーの歴史~ をご紹介します。

今回は『タイトー』の誕生?

そう『タイトー』の誕生してから、

1978年に社会現象なった『スペースインベーダー』の誕生までをご紹介します。

『スペースインベーダー』が大ヒットしたのは
『タイトー』が歩んできた道に要因があるんだ。

歩んできた道?

そう『任天堂』は『花札』や『トランプ』などの『遊具』がルーツなだけど
『タイトー』は貿易がルーツにあるんだよ。

タイトー

そして、輸入・自社製造から販売を広げたネットワークから

 

『スペースインベーダー』が大ヒット基盤が作られてゆくんだ。

『タイトー』の歴史が『スペースインベーダー』を大ヒットさせた?

そうだね。

それでは『タイトー』のはじまりをみてゆこう。

『タイトー』のはじまりは、『ウォッカ』?

『タイトー』のはじまりは

1950年にユダヤ系ロシア人の実業家『ミハイル・コーガン』さんが、個人営業の輸入社と『太東洋行』を設立ところから始まるんだ。

 

『コーガン』がはじめた事業は『ウォッカ』の販売だったんだ。

『ウォッカ』?

あの『ロシア』の『ウォッカ』?

そう『太東洋行(タイトー)』が『ウォッカ』を日本で初めて販売した会社ってことになるね。

今は、ゲーム会社だけどね。

この『太東洋行』は、1953年『株式会社太東貿易』になり、
『タイトー』という会社名になったのは、1972年からなんだ。

タイトー

この『太東』は、極「東」と猶「太」人、つまり『極東のユダヤ人』って意味なんだ。

『タイトー』にそんな意味があるとは?

このページでは、わかりやすくするため『タイトー』で統一させて頂きます。

『タイトー』が日本ではじめて作った『ウォッカ』の名前は『トロイカ』。
このウォッカ、すごく高品質で評判がよかったんだ。

あの『帝国ホテル』の『Bar』にも並べられたほどだったんだよ。

あの高級ホテルの『帝国ホテル』に

『タイトー』は『ウォッカ』を通じて『Bar』など『飲食業』とのつながりをつくることが出来たんだ。

『タイトー』『ピーナッツベンダー』で『喫茶店』へ売り込み

そして、『ウォッカ』の販売と並行して『ピーナッツベンダー』の販売もはじめたんだ。

『ピーナッツベンダー』?

『ピーナッツベンダー』とは、

10円玉を投入するとひとつまみの『ピーナッツ』がパラパラっと出てくる『小型の卓上自販機』です。

『ピーナッツベンダー』は、当時流行っていた『喫茶店』にも販売していたんだ。

当時『喫茶店』への売込みは『委託販売形式だったんだ。

『委託販売形式』?

そう『喫茶店』に設置した『ピーナッツベンダー』の売上の一部を『喫茶店』のオーナーさんに一部還元する仕組みだね。

『喫茶店』への『委託販売ビジネスモデル』のはじまり

『タイトー』の営業マンの売り込みはこんな感じ

社員
営業

この『ピーナッツベンダー』を置いていただければ利益の何割かは還元しますよ

三菱
オーナー

それじゃー、いれましょう❤

 

あれー、なんか『タイトー』が『ゲーム機』を『喫茶店』に売り込んだ時と同じでは?

それに、この頃から『喫茶店』の販売網を作っていていたんだね。

そう、この『喫茶店』への『委託販売ビジネスモデル』が『テーブル筐体』の販売網拡大に生かされるんだ。

『タイトー』『ジュークボックス』に挑戦

1954年頃『ピーナッツベンダー』の販売に成功した『タイトー』は、
勢いに乗って、次に展開したのが『ジュークボックス』なんだ。

『ジュークボックス』なんか懐かしい響きだね。

でもこの頃は『ジュークボックス』の輸入が認められなくて
『米軍基地』から中古品を輸入するしかなかったんだ。

うーん、米軍の横流しかなー?

『タイトー』はスクラップ寸前の『ジュークボックス』を3〜4台買い入れて
壊れていない部品を寄せ集めて、1台の『ジュークボックス』にして販売してたらしいよ。

うーん『タイトー』にもこんな時代が・・・

日本初の『ジュークボックス』を製造に成功

そして、『ジュークボックス』事業をはじめて2年後の1956年には
『ジュークボックス』の自社製造・販売をはじめるんだ。

 

日本初の『ジュークボックス』を製造に成功する。

モノづくりの『タイトー』の誕生

この1956年頃って丁度、『高度経済成長時代』に突入した時期なんだよね。

戦後から10年が経ち、日本の経済も急成長
そして、人々は『娯楽』を求めるようになるんだ。

たしか、『映画』も黄金時代だったような、それでアーケードゲームが登場したはずだよね。

そして、人々のレジャー熱が高まりから

『タイトー』は『レジャー施設』や『旅館』にも販売網を広げてゆく。

 

更に『車社会』の到来で増え始めた『ドライブイン』へも『タイトー』は『ロケーション』を広げていったんだ。

娯楽市場が、急成長だね。

『タイトー』『フリッパー』の発売開始

『タイトー』は『ジュークボックス』から製造・販売から
2年後の1958年には『フリッパー』の発売を開始する。

『フリッパー』?

『フリッパー』とは『ピンボールゲーム』のことだよ。

この頃は、日本では『ピンボール』のことを『フリッパーと呼んでいたらしいよ。

『フリッパー』の名前の由来は

 

『プレイフィールド』に付いている、落ちてくるボールを返す部品の名前の『フリッパー』からきているんだ。

 

『ピンボール』の最大の特徴が『フリッパー』だったから、そう呼んでいたらしいよ。

1950年代は『ピンボール』の黄金時代だったんだ。

今でも『ゲームセンター』に置いてあるから息の長いゲームだね。

『タイトー』の『ゲームセンター』1号店オープン

1960年には、大阪の『近鉄上六駅前』に『タイトー直営ゲームセンター1号店』をオープンするんだ。

ゲームセンター内には『ガンゲーム』や『ピンボール』など40台設置していたいう。

『タイトー』がいよいよ本格的に『ゲーム市場』に参入したってことだね。

その後、『タイトー』は次々と『ゲームセンター』を開設するんだ。

『タイトー』『ゲーム製造・販売』の自社工場の立ち上げ

『ゲームセンター』の成長に伴い

『タイトー』は『ゲーム』の自社開発するための子会社を設立する。

 

それが、1965年に設立され、後に『スペースインベーダー』を誕生させる
『パシフィック工業』なんだ。

おー『パシフィック工業』

『スペースインベーダー』の生みの親である西角友宏』さんが入社するのは、4年後の1969年だね。

この頃から『オリジナルのアーケードゲーム開発会社』へ変貌してゆくだね。

そして『パシフィック工業』は同年の1965年に『クレーンゲーム』を開発しているんだ。

この『クレーンゲーム』は『クラウン602』と名付けられた。

 

発表されるやたちまち人気を集め
翌年には改良型「クラウン603」「クラウン605」と次々登場する。

 

『エレメカ』黄金時代のはじまりだね。

『タイトー』は『自社ゲーム機器』の販売好調の勢いに乗り

 

『メカニック部門』や『自社工場の拡張』しはじめるんだ。そして『自社製品』も含め扱う『ゲームマシン』の量も種類も増えていくんだ。

タイトー

そして『海外輸入製品』の『ピンボール』や『エレメカ』など『海外ゲーム機』の輸入販売も拡大してゆくんだ。

だから『スペースインベーダー』の『西角』さんは、

海外の『最新ゲーム』に触れることがでたんだね。

ボウリングブームが始まった

急成長する『タイトー』に更なる、追い風がやって来る。

1970年頃には『ボウリングブーム』がやって来るんだ。

テレビ放送で『中山律子』さんをはじめとする、

『プロボウラー』の登場で『ボウリング場』がたちまち大人気となり、全国各地にものすごい勢いで開設されていったんだ。

 

『各ボウリング場』には必ずといっていいほど『アミューズメント施設』を確保されていて、『ゲームマシンを設置』されていたんだ。

 

プレイ待ちにお客様が『ゲーム』を楽しむことで『アミューズメント市場』は飛躍的に拡大

『ボウリングブーム』に乗って『エレメカゲーム』は最盛期の頃だね。

その頃『タイトー』は『ドライブゲーム』の『スーパーロード7』を投入。これが大ヒット

勢いに乗り、この年『スカイファイター』『スペースドッキング』『サイクルライダー』などを次々と投入する。

確か、『スカイファイター』は『スペースインベーダー』の生みの親の『西角友宏』さんのデビュー作では・・

『ビデオゲーム』『ポン』の登場

『エレメカ』全盛期の1972年、

アメリカの『アタリ社』が『ビデオゲーム・ポン』を発表するんだ。

『ビデオゲーム』時代の到来を確信した『タイトー』の『西角』さんは、『アタリ社』の『ビデオゲーム・ポン』の解析をはじめるんだ。

『タイトー』国産初のビデオゲームを発売

そして、『ビデオゲーム・ポン』の解析結果から、

『タイトー』の『西角』は、国産初のビデオゲーム『サッカー』を販売する。

産初の『ビデオゲーム』を発売したのは『タイトー』が1番はじめなんだね。

この頃になると

『タイトー』は社員は700人を超え、営業所50以上、その他にも自社・製造工場などの関連企業を持つまでに成長していたんだ。

 

『タイトー』は更に『ビデオゲーム』を次々と発売してゆくんだ。

1974年には国産初の『ビデオレースゲーム』『スピードレース』を発売

1975年には『ウエスタンガン』
1976年『インターセプター』
1977年『 フィスコ400』を発売する。

この『ビデオゲーム』はすべて『西角』さんが開発いたゲームだね。

そうだね

この頃『タイトー』は『ビデオゲーム』で『アーケード業界』の最先端を走っていたんだ。

そして、同年の1977年にはアメリカの『アタリ社』の『ブロック崩しの輸入販売を始めるんだ。

そして『喫茶店』にも設置可能な『テーブル筐体で販売するんだ。

アミューズメント業界の『王者』『タイトー』

これは、1976年(昭和51年)と1977年(昭和52年)
アミューズメント業界7000社の上位6社の『法人申告所得』だよ。

 

1977年のアミューズメント業界の『法人申告所得』は

1位は『タイトー』で20億

2位『セガ』が約8.5億

1976年の14億から8.5億に40%も減ってるね。『エレメカ』が衰退したからかな?

そして3位『東洋娯楽』で約3億

あの『ナムコ』が2.3億

4位に『明晶特殊』で同じく2.3億

5位に『パシフィック工業』が2.3億

あれー、『パシフィック工業』って『西角』さんが勤務している。

『タイトー』の娯楽商品を開発・製造をする子会社だよね。

 

『タイトー』の子会社の売上が『ナムコ』と同じとは・・・

 

『王者』『タイトー』そしてライバルの『セガ』、そして『ナムコ』は・・・・

こうしているとこの頃の『アミューズメント業界』の『王者』『タイトー』だったんだね。

タイトー

そして、大きく水を開けられて2位が『セガ』
『ナムコ』は4位だけど、『タイトー』の1/10の規模だったんだ。

まさか、1970年代末に『ギャラクシン』『パックマン』で大躍進するとは夢にも思わないよね。

まだまだ、小さかった『アミューズメント市場』

それに、業界に7000社も会社があるのに、上位6社の売上が数億単位なんだね。

この頃は『アミューズメント業界』は、まだまだ小さな産業だったんだね。

アミューズメント業界は

『タイトー』の『スペースインベーダー』の登場から
一気に急成長してゆくんだよ。

『タイトー』『セガ』『ナムコ』に更に『コナミ』や『カプコン』も登場してくるしね。

『スペースインベーダー』大ヒット

『アミューズメント業界』の『王者』になった『タイトー』は

 

1976年から77年頃には、はあらゆる娯楽施設に
販売ネットワークを築きあげていたんだ。

 

『タイトー』は1950年代の『ジュークボックス』から『ピンボール』に販売による『飲食店』、『娯楽施設』から『旅館』まで販売ネットワークを拡大してゆく。

『ピーナッツベンダー』で『喫茶店』への取引先ネットワークもあるから
『喫茶店』にもゲームが遊べる『テーブル筐体』を置いてもらっているしね。

これで『タイトー』は、日本のあらゆく場所に販売ネットワークを持つことになり
後は、爆発的にヒットするような『おもしろいゲーム』が登場すれば・・・

そう、このタイミングで『スペースインベーダー』が登場するんだ。

『タイトー』の販売ネットワークを通じて、『スペースインベーダー』は一気に日本全国に行きわたり、
社会現象にまでなる『インベーダーブーム』の到来となるんだ。

僕たちの登場だね。

 

『インベーダーブーム』って

『タイトー』の50年代、60、70年代の布石があったから
こんなにブームになたのかもしれないね。

この頃、なんで『喫茶店』で『インベーダーゲーム』に夢中で遊んでいる人がいたのかがこれでわかったような。

『インベーダーブーム』は一日にして成らずかな

ブームは一瞬だったけどね。

・・・・・ 💧

関連ページのご紹介

名作シューティングゲーム・スペースインベーダー誕生物語のご紹介

迷ったらこのページをクリック、スペースインベーダー誕生物語のご紹介のまとめページです。

【名作STG】スペースインベーダーのご紹介~アーケード・シューティングゲームの始まり~
名作、スペースインベーダーのご紹介 ~アーケード・シューティングゲームのはじまり~ ご訪問ありがとうございます。 70年代末にインベーダーブームを巻き起こすことになる スペースインベーダー登場...

スペースインベーダー誕生物語のご紹介

【名作STG】第1回『ビデオゲーム・ポン』との出会い – スペースインベーダー誕生秘話
第1回『ビデオゲーム・ポン』との出会い – スペースインベーダー誕生秘話 今回は、『ビデオゲーム・ポン』との出会い をご紹介します。 『ビデオゲーム・ポン』との出会い? ...
【名作STG】第2回『ビデオゲーム・ポン』解析『発想力』はやっぱり『アメリカ』– スペースインベーダー誕生秘話
第2回『ビデオゲーム・ポン』解析・発想力はやっぱりアメリカ – スペースインベーダー誕生 ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き 今回は『ビデオゲーム・ポン』解...
【名作STG】第3回『ビデオゲーム・ポン』登場、その時『セガ』『ナムコ』は? – スペースインベーダー誕生秘話
第3回『ビデオゲーム・ポン』登場、その時『セガ』『ナムコ』は? ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き 今回は、 第3回『ビデオゲーム・ポン』登場、その時...
【名作STG】第4回タイトーの誕生 ~ウォッカ、ジュークボックス、そして『スペースインベーダー誕生までのタイトーの歴史~
第4回タイトーの誕生 ~ウォッカ、ジュークボックス、そして『スペースインベーダー誕生までのタイトーの歴史~ ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き 今回は ...
【名作STG】第5回日本初『ビデオゲーム』誕生 – スペースインベーダー誕生 
第5回日本初『ビデオゲーム』誕生 – スペースインベーダー誕生 ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き、 今回は 第5回日本初『ビデオゲーム』誕生 – ス...
【名作STG】第6回『スペースインベーダー』の始まり – スペースインベーダー誕生
第6回『スペースインベーダー』の始まり – スペースインベーダー誕生 ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き、 今回は 『スペースインベーダー』の始まり – ...
【名作STG】第7回『ゲームテクノロジー』の限界 – スペースインベーダー誕生秘話
第7回『ゲームテクノロジー』の限界 – スペースインベーダー誕生秘話 ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き、 今回は、第7回『ゲームテクノロジー』の限界 – ...
【名作STG】第8回『CPU』搭載ゲームとの出会い – スペースインベーダー誕生秘話
第8回『CPU』搭載ゲームとの出会い – スペースインベーダー誕生秘話 ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き、 今回は『CPU』搭載ゲームとの出会い – スペ...
【STG名作】第9回 『スペースインベーダー』の開発環境をつくろう(その1)– スペースインベーダー誕生秘話
【名作STG】第9回 『スペースインベーダー』の開発環境をつくろう(その1)– スペースインベーダー誕生秘話 ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き、 今回は、...
【名作STG】第10回『スペースインベーダー』の開発環境をつくろう(その2) – スペースインベーダー誕生秘話
第10回『スペースインベーダー』の開発環境をつくろう(その2) – スペースインベーダー誕生秘話 ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き、 今回は 『CP...

STG関連ページのご紹介

シューティングゲームまとめページのご紹介

迷ったらこのページをクリック、シューティングゲームのまとめページです。

【名作STG】シューティングゲームのご紹介
【名作STG】シューティングゲームのご紹介 アーケードゲームシューティングゲームの関するご紹介 80年代の名作アーケード・シューティングゲームのご紹介 ゲームセンターでシューティングゲームが主役だった80年...

シューティングゲームのご紹介

アーケードゲームシューティングゲームの関するご紹介

80年代の名作アーケード・シューティングゲームのご紹介

ゲームセンターでシューティングゲームが主役だった80年代のシューティングゲームについてご紹介しています。

【名作STG】80年代の名作アーケード・シューティングゲームのご紹介│まとめ│ゼビウスや、グラディウス、ダライアス、R-TYPE
80年代の名作アーケード・シューティングゲームのご紹介│まとめ│ ご訪問ありがとうございます。 このページでは、80年代に数々の名作ゲームの登場により、黄金時代を築いた、アーケードシューティングゲームの栄枯盛...
名作シューティングゲームの魅力をご紹介

シューティングゲームの魅力連射や巨大戦艦、背景の美学、安全地帯、フォーメーション、そして深いストーリーなどをご紹介しています。

【名作STG】シューティングゲームの魅力│まとめ│連射や巨大戦艦、背景の美学、安全地帯、フォーメーション、そして深いストーリーなど
シューティングの魅力とは│まとめ│ ~連射や巨大戦艦、背景の美学、安全地帯、フォーメーション、そして深いストーリーなど~ ご訪問ありがとうございます。 このページでは、 シ...
名作シューティングゲーム・ゼビウスのご紹介
【名作STG】ゼビウスの誕生秘話│まとめ ~ゼビウスの世界観、超難易度のスーパーゼビウスなど~
名作ゼビウスの誕生秘話、ゼビウスの世界観、超難易度のスーパーゼビウスなど ご訪問ありがとうございます。 このページでは、1980年代に登場した、名作ゼビウスのについてご紹介させ...
【ゲーム音楽】ゼビウス、ドルアーガの塔の誕生まで、ナムコ・ゲーム音楽のご紹介
ゼビウス、ドルアーガの塔の誕生まで、ナムコ・ゲーム音楽のご紹介 ご訪問ありがとうございます。 今回は80年代はじめにゲームセンターで大ヒットしたゼビウス、ドルアーガの塔の誕生までのナムコゲーム音楽につ...
ゼビウス、ディグダグサウンドの生みの親、慶野由利子 ~ナムコサウンド・音楽の魅力~
ゼビウス、ディグダグサウンドの生みの親、慶野由利子 ~ナムコサウンド・音楽の魅力~ ご訪問ありがとうございます。 このページでは、ナムコサウンドの魅力シリーズとして ゼビウ...

シューティングゲームの歴史はここから始まった・スペースインベーダーのご紹介

【名作STG】スペースインベーダーのご紹介~アーケード・シューティングゲームの始まり~
名作、スペースインベーダーのご紹介 ~アーケード・シューティングゲームのはじまり~ ご訪問ありがとうございます。 70年代末にインベーダーブームを巻き起こすことになる スペースインベーダー登場...

パソコンの名作シューティングゲームのご紹介

X68000から生まれた、オリジナルシューティングゲームのご紹介

X68000から生まれた、オリジナルシューティングゲームのご紹介しています。

X68000から生まれた、オリジナルシューティングゲームたち ~SHARPが生んだ至高の国産PC、X68000~
X68000から生まれた、オリジナルシューティングゲームたち ~SHARPが生んだ至高の国産PC、X68000~ ご訪問ありがとうございます。 今回はX68000から生まれた、オリジナルシューティングゲーム...
X68000の名作シューティングゲームのご紹介~アーケードSTGとオリジナルSTG~
X68000の名作シューティングゲームのご紹介 ~X68000のアーケードSTGとオリジナルSTG~ ご訪問ありがとうございます。 このページではX68000の人気ゲームジャンルのひとつシューティン...
【PC88】名作シューティングゲーム・スタークルーザーのご紹介

PC88時代の名作シューティングゲーム、スタークルーザーについてご紹介しています。

【PC88】名作シューティングゲーム・スタークルーザーのご紹介
PC88が生んだ、名作シューティングゲーム、スタークルーザーのご紹介 ~パソコンの名作シューティングゲームたち~ ご訪問ありがとうございます。 前回の続き 今回は ...

【ハード別(家庭用・据置・携帯・PC・周辺機器)】ゲーム関連サイトマップのご紹介

【ハード別(家庭用・据置・携帯・PC・周辺機器)】ゲーム関連のサイトマップをご紹介します。

サイトマップ

TOPゲーム機PCゲーム機AC)│名作│テーマ│メーカー

PC・ゲーム機TOP > PC家庭用据置携帯

【ジャンル別】TOP>│RPGAVG格ゲーSTG│SLG│ACT│レーススポーツ
TBL(麻雀)│海外

プレイステーション アイコン PSハード別家庭用据置携帯)│ACPC周辺機器
【任天堂】FCFDSSFCN64GC│Wii│WiiU│Switch
【SONY】シリーズPSPS2PS3PS4
セガMD│SS│DC
NECPCEPCFX【SNK】NEOGEO3DO
任天堂(G&WGBGBA│NDS│3DS)
Sony(PSPPSVita
ネオジオポケット ワンダースワン ゲームギア
NECPC98PC88【SHARP】X68kX1MZ
【富士通】FMTOWNS77AVFM7
【その他】MSXAppleII
アーケード80年代90年代2000年代
周辺機器

周辺機器まとめコントローラーゲーム機別アケコン

ジャンルACT│RPG│AVG格ゲーSTG│SLG│
TBL(麻雀
メーカー任天堂│コーエー│カプコン│ハドソン│セガ

駿河屋スタッフ募集中

Kopenginサイト関連ページのご紹介

Kopenginサイト関連ページをご紹介します。

【名作ゲーム】全名作ソフト(500本以上)のご紹介│まとめ│ファミコン、ゲームボーイ、PC98 、RPGなど

【名作ゲーム】全名作ソフト(500本以上)のご紹介│まとめ│ファミコン、ゲームボーイ、PC98 、RPGなど
名作ゲームタイトルのご紹介│まとめ│ ~ファミコン、ゲームボーイ、PC98 、プレイステーションなど~ 訪問ありがとうございます。 このページではPCや家庭用ゲーム機の名作ゲームソフト(500本以上)をご紹...

PC・家庭用・アーケードゲーム・周辺機器のご紹介│まとめ│

PC・家庭用・アーケードゲーム・周辺機器のご紹介│まとめ│
ゲーム周辺機器のご紹介│まとめ│ ご訪問ありがとうございます。 今回は、PC・家庭用・アーケードゲーム・周辺機器についてご紹介させて頂きます。

名作ゲームのご紹介│まとめ│家庭用ゲーム・PC・アーケードなど

名作ゲームのご紹介│まとめ│家庭用ゲーム・PC・アーケードなど
名作ゲームのご紹介│まとめ│ ~家庭用ゲーム・PC・アーケードなど~ 訪問ありがとうございます。 今回は、名作ゲームソフトをご紹介させて頂きます。 据え置き機・名作ゲームのご紹介│まとめ│...

ジャンル別ゲームタイトルのご紹介│まとめ│

ジャンル別ゲームタイトルのご紹介│まとめ│
ジャンル別ゲームタイトルのご紹介│まとめ│ ご訪問ありがとうございます。 今回は、ジャンル別にゲームタイトルをご紹介させて頂きます。
タイトルとURLをコピーしました