シューティングゲーム アーケードゲーム タイトー

【名作STG】第2回『ビデオゲーム・ポン』解析『発想力』はやっぱり『アメリカ』– スペースインベーダー誕生秘話

シューティングゲーム

第2回『ビデオゲーム・ポン』解析・発想力はやっぱりアメリカ – スペースインベーダー誕生

今回は『ビデオゲーム・ポン』解析・発想力はやっぱりアメリカをご紹介します。

『スペースインベーダー』の生みの親になる『西角友宏』さんは

 

『ビデオゲーム・ポン』に出会い、
ゲーム業界は『エレメカ』の時代から『ビデオゲーム』時代へ移り変わることを確信する。

 

そして、『ビデオゲーム・ポン』への好奇心から解析をはじめるのであった。

『西角』さん『ビデオゲーム・ポン』の解析をはじめる

西角
西角

『ポン』の解析をはじめて最初の1 ヶ月くらいは、

基板を眺めながら『回路図』を作っていく作業からはじめました。

西角
西角

本当は『アタリ』と『ライセンス契約』していると『仕様書』が手に入るのですが。

我社は『サンプル品』買っているだけだったので『仕様書』は入手できなかったんです。

 

ですので、はじめは大まかな仕組みを知るために『回路図』を作ることにしました

西角
西角

『回路図』を作るために

壁に白紙を貼り『ポン』基盤の『IC』をひとつひとつ書き出してゆくことから始めました。

西角
西角

普通は『IC』に番号が付いているんですよ、例えば、7410とか

我社の製品の場合は、解析されないようい『 IC』の番号を消したりするんですが
『アタリ社のポン』場合は、そんなことはしていないで番号はそのまま書いてありました。

 

そして、その番号を見ながら壁の紙に『回路図』書いてゆくんです。

西角
西角

1番どこにつながっているのか、回路見ながらね

何番の『 IC』 が何番につながっているかをダーッと鉛筆で回路書いていきました。

 

初めは、クモの巣 みたいで、何かさっぱり分からないんですけど。

『回路図』を書き終えるのに1 ヶ月近くかかりましたね。
それで一応、回路らしい『回路図』はできたんですけど・・

1 ヶ月かけて『ポン』の『回路図』が完成

西角
西角

ただ、その書いている『回路図』の『図面』じゃないです

たた『IC』の位置を書いているだけなですよ。

 

実は機能的に、ここは何の部分って『回路図』に書かないといけないんですけど。

私の書いたのは、この『 IC』の位置を置いて、回路引っ張ってきただけなんです。

 

ですから、どの回路とどの回路つながっているのか、見てもさっぱり分からないです。

西角
西角

そこからは、その『回路図』がどのようにして動くのかというのを、3 ヶ月近くかけて調べましたよ。

 

そのころは、もうほとんど、徹夜まではいかないけど、夜遅くまで調べていた覚えがあり ます。

最新テクノロジー『ポン』

『西角』さんが『アタリ社』の『ポン』を解析しはじめたのは、1972年頃、『スペースインベーダー』が発表される6年前だね。

『タイトー』社内で『デジタルIC』に詳しいのは『西角』さんだけだった。

『西角』さんも『デジタルIC』について勉強しはじめてから半年くらい
『ポン』基盤の『回路図』を作成するので精一杯だったんだ。

この頃の『アタリ社』の『ポン』は、ゲーム業界の最新テクノロージだったんだね。

『西角』さんが『ポン』を解析した理由は?

西角
西角

当時、私が『ポン』の仕組みを理解しようと思ったのは、
2つの理由があったんです。

西角
西角

ひとつは『ポン』のような『デジタルIC』を使った『ビデオゲーム』をつくってみようと思ったことと、

もうひとつは技術屋としての好奇心ですね。

 

どういう原理で動いているのか
どうやってテレビに表示する仕組みを作っているのかなどを知りたかったんです。

 

4ヶ月ぐらいの回路図解析で『ポン』どのように動いているかというところまでは理解できたと思います。

『ポン』の解析が終わった後の感想は?

『ポン』の解析が終わった時にどう思いましたか?

西角
西角

驚きというか、やっぱりびっくりしました

よくできているなと思いましたね

よくできているとは?

西角
西角

日本じゃ、こういう『デバイス』や『デジタルIC』の品種が少なかったので、こんな『回路』はつくれなかっただろうと。

 

それに、日本人の発想じゃ多分できないなーと。

やっぱりアメリカ

西角
西角

日本でも、

半導体の大手メーカーの『トップエンジニアクラス』だったらできるかもしれませんけど

普通の『エンジニア』は、『制御装置』でも『IC デシタル』使うなんてあんまり考えていなかった時代ですからね。

 

西角
西角

しかも、それを『映像』に使うというのは・・

 

『テレビ』と組み合わせるっていうこと自体が、発想しないと思うんですね。

西角
西角

この頃は『テレビ』ももちろん高 かったですし、その当時は。

 

それを『表示装置』に使うというのは、考えもしなかった。
やっぱ りアメリカだなと思いましたね。

『テレビ』でゲームをするという新しい発想

今は、『テレビ』で『ゲーム』を遊ぶことは、あたりまえのようだけど

機械で遊ぶゲームが、流行っていた頃に、

 

『テレビ』に『ゲーム機器』を取り付けるという発想自体が新しかったんだね。

 

そうだね。

この『ビデオゲーム』に出会った日本のゲーム業界は、

10年後、『ビデオゲーム』を生んだ『アメリカ』を超えるゲームを作るようになるとは・・・

最新のゲームテクノロジーはアメリカから

この頃は、最新のゲームトレンドは、どうやって入手していたんですか?

西角
西角

そうですねー、やっぱり海外の、特に『アタリ社』があるアメリカの情報『ミッドウェイ社』経由で結構入ってきましたね。

 

私の開発室に『アタリ』や『ラムテック』とか、大体主要な製品や
海外の売れ筋のゲームが

毎月1台ぐらいの頻度で、送られてくるんですよ。

『西角』さんがあまり『ゲームセンター』に行かなかった理由
西角
西角

もちろん、輸入した『ゲーム機』はしっかりと『ロケーションテスト』をして、最終的には『稼働』するんですけどね。

 

だから、アメリカで割と『ヒット』しているとか『話題性』のある『ゲーム機』は、
大体『ゲームセンタ ー』行かなくても、社内で遊ぶことができたんですよ。

西角
西角

だから『ゲームセンター』に行かなかったですね
まあ、 行かなくてもすんだってことなんですけどね。

今回はここまで、
次回は、『アタリのポン』の登場で『ビデオゲーム』が誕生する。

時代は、『エレメカ』から『ビデオゲーム』への時代へと・・

 

この頃のアーケード業界の3強は王者『セガ・エンタープライゼス』『太東貿易(タイトー)』『中村製作所(ナムコ)』の時代。

 

『タイトー』は、後に『スペースインベーダー』の生みの親となる『西角友宏』さんが『ビデオゲーム・ポン』の解析をはじめる。

 

この頃は、アーケードゲーム業界の3強の『セガ』『ナムコ』は
『ビデオゲーム』誕生にどのように対応したのだろう?

【名作STG】第3回『ビデオゲーム・ポン』登場、その時『セガ』『ナムコ』は? – スペースインベーダー誕生秘話
第3回『ビデオゲーム・ポン』登場、その時『セガ』『ナムコ』は? ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き 今回は、 第3回『ビデオゲーム・ポン』登場、その時...

関連ページのご紹介

名作シューティングゲーム・スペースインベーダー誕生物語のご紹介

迷ったらこのページをクリック、スペースインベーダー誕生物語のご紹介のまとめページです。

【名作STG】スペースインベーダーのご紹介~アーケード・シューティングゲームの始まり~
名作、スペースインベーダーのご紹介 ~アーケード・シューティングゲームのはじまり~ ご訪問ありがとうございます。 70年代末にインベーダーブームを巻き起こすことになる スペースインベーダー登場...

スペースインベーダー誕生物語のご紹介

【名作STG】第1回『ビデオゲーム・ポン』との出会い – スペースインベーダー誕生秘話
第1回『ビデオゲーム・ポン』との出会い – スペースインベーダー誕生秘話 今回は、『ビデオゲーム・ポン』との出会い をご紹介します。 『ビデオゲーム・ポン』との出会い? ...
【名作STG】第2回『ビデオゲーム・ポン』解析『発想力』はやっぱり『アメリカ』– スペースインベーダー誕生秘話
第2回『ビデオゲーム・ポン』解析・発想力はやっぱりアメリカ – スペースインベーダー誕生 ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き 今回は『ビデオゲーム・ポン』解...
【名作STG】第3回『ビデオゲーム・ポン』登場、その時『セガ』『ナムコ』は? – スペースインベーダー誕生秘話
第3回『ビデオゲーム・ポン』登場、その時『セガ』『ナムコ』は? ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き 今回は、 第3回『ビデオゲーム・ポン』登場、その時...
【名作STG】第4回タイトーの誕生 ~ウォッカ、ジュークボックス、そして『スペースインベーダー誕生までのタイトーの歴史~
第4回タイトーの誕生 ~ウォッカ、ジュークボックス、そして『スペースインベーダー誕生までのタイトーの歴史~ ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き 今回は ...
【名作STG】第5回日本初『ビデオゲーム』誕生 – スペースインベーダー誕生 
第5回日本初『ビデオゲーム』誕生 – スペースインベーダー誕生 ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き、 今回は 第5回日本初『ビデオゲーム』誕生 – ス...
【名作STG】第6回『スペースインベーダー』の始まり – スペースインベーダー誕生
第6回『スペースインベーダー』の始まり – スペースインベーダー誕生 ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き、 今回は 『スペースインベーダー』の始まり – ...
【名作STG】第7回『ゲームテクノロジー』の限界 – スペースインベーダー誕生秘話
第7回『ゲームテクノロジー』の限界 – スペースインベーダー誕生秘話 ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き、 今回は、第7回『ゲームテクノロジー』の限界 – ...
【名作STG】第8回『CPU』搭載ゲームとの出会い – スペースインベーダー誕生秘話
第8回『CPU』搭載ゲームとの出会い – スペースインベーダー誕生秘話 ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き、 今回は『CPU』搭載ゲームとの出会い – スペ...
【STG名作】第9回 『スペースインベーダー』の開発環境をつくろう(その1)– スペースインベーダー誕生秘話
【名作STG】第9回 『スペースインベーダー』の開発環境をつくろう(その1)– スペースインベーダー誕生秘話 ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き、 今回は、...
【名作STG】第10回『スペースインベーダー』の開発環境をつくろう(その2) – スペースインベーダー誕生秘話
第10回『スペースインベーダー』の開発環境をつくろう(その2) – スペースインベーダー誕生秘話 ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き、 今回は 『CP...

STG関連ページのご紹介

シューティングゲームまとめページのご紹介

迷ったらこのページをクリック、シューティングゲームのまとめページです。

【名作STG】シューティングゲームのご紹介
【名作STG】シューティングゲームのご紹介 アーケードゲームシューティングゲームの関するご紹介 80年代の名作アーケード・シューティングゲームのご紹介 ゲームセンターでシューティングゲームが主役だった80年...

シューティングゲームのご紹介

アーケードゲームシューティングゲームの関するご紹介

80年代の名作アーケード・シューティングゲームのご紹介

ゲームセンターでシューティングゲームが主役だった80年代のシューティングゲームについてご紹介しています。

【名作STG】80年代の名作アーケード・シューティングゲームのご紹介│まとめ│ゼビウスや、グラディウス、ダライアス、R-TYPE
80年代の名作アーケード・シューティングゲームのご紹介│まとめ│ ご訪問ありがとうございます。 このページでは、80年代に数々の名作ゲームの登場により、黄金時代を築いた、アーケードシューティングゲームの栄枯盛...
名作シューティングゲームの魅力をご紹介

シューティングゲームの魅力連射や巨大戦艦、背景の美学、安全地帯、フォーメーション、そして深いストーリーなどをご紹介しています。

【名作STG】シューティングゲームの魅力│まとめ│連射や巨大戦艦、背景の美学、安全地帯、フォーメーション、そして深いストーリーなど
シューティングの魅力とは│まとめ│ ~連射や巨大戦艦、背景の美学、安全地帯、フォーメーション、そして深いストーリーなど~ ご訪問ありがとうございます。 このページでは、 シ...
名作シューティングゲーム・ゼビウスのご紹介
【名作STG】ゼビウスの誕生秘話│まとめ ~ゼビウスの世界観、超難易度のスーパーゼビウスなど~
名作ゼビウスの誕生秘話、ゼビウスの世界観、超難易度のスーパーゼビウスなど ご訪問ありがとうございます。 このページでは、1980年代に登場した、名作ゼビウスのについてご紹介させ...
【ゲーム音楽】ゼビウス、ドルアーガの塔の誕生まで、ナムコ・ゲーム音楽のご紹介
ゼビウス、ドルアーガの塔の誕生まで、ナムコ・ゲーム音楽のご紹介 ご訪問ありがとうございます。 今回は80年代はじめにゲームセンターで大ヒットしたゼビウス、ドルアーガの塔の誕生までのナムコゲーム音楽につ...
ゼビウス、ディグダグサウンドの生みの親、慶野由利子 ~ナムコサウンド・音楽の魅力~
ゼビウス、ディグダグサウンドの生みの親、慶野由利子 ~ナムコサウンド・音楽の魅力~ ご訪問ありがとうございます。 このページでは、ナムコサウンドの魅力シリーズとして ゼビウ...

シューティングゲームの歴史はここから始まった・スペースインベーダーのご紹介

【名作STG】スペースインベーダーのご紹介~アーケード・シューティングゲームの始まり~
名作、スペースインベーダーのご紹介 ~アーケード・シューティングゲームのはじまり~ ご訪問ありがとうございます。 70年代末にインベーダーブームを巻き起こすことになる スペースインベーダー登場...

パソコンの名作シューティングゲームのご紹介

X68000から生まれた、オリジナルシューティングゲームのご紹介

X68000から生まれた、オリジナルシューティングゲームのご紹介しています。

X68000から生まれた、オリジナルシューティングゲームたち ~SHARPが生んだ至高の国産PC、X68000~
X68000から生まれた、オリジナルシューティングゲームたち ~SHARPが生んだ至高の国産PC、X68000~ ご訪問ありがとうございます。 今回はX68000から生まれた、オリジナルシューティングゲーム...
X68000の名作シューティングゲームのご紹介~アーケードSTGとオリジナルSTG~
X68000の名作シューティングゲームのご紹介 ~X68000のアーケードSTGとオリジナルSTG~ ご訪問ありがとうございます。 このページではX68000の人気ゲームジャンルのひとつシューティン...
【PC88】名作シューティングゲーム・スタークルーザーのご紹介

PC88時代の名作シューティングゲーム、スタークルーザーについてご紹介しています。

【PC88】名作シューティングゲーム・スタークルーザーのご紹介
PC88が生んだ、名作シューティングゲーム、スタークルーザーのご紹介 ~パソコンの名作シューティングゲームたち~ ご訪問ありがとうございます。 前回の続き 今回は ...

サイトマップのご紹介

サイトをご紹介します。

足りないゲーム機情報は随時更新していきますのでお楽しみに

サイトマップ

TOP > PC│ゲーム機│名作ゲーム│ジャンル│テーマ│メーカー

PC・ゲーム機TOP > PC 据置ゲーム機 携帯ゲーム機

【ジャンル別】TOP>│RPG│AVG格ゲーSTG│SLG│ACT│
TBL(麻雀)

プレイステーション アイコン PSハード別(家庭用据置│携帯│AC│PC)
据え置き機
任天堂FCFDSSFCN64GC│Wii│WiiU│Switch
セガMDSSDC
NECPCエンジンPCFX
SonyPSPS2PS3PS4
SNKNEOGEO3DO
G&W GB GBA NDS 3DS PSP PSVita
ネオジオポケット ワンダースワン ゲームギア
PC・パソコン
NECPC98PC88
シャープX68000X1MZ系
富士通FMTOWNS77AVFM7
その他MSXAppleII
アーケード80年代90年代2000年代
周辺機器コントローラーゲーム機別│メーカー別│アケコン(RAP)
タイトルとURLをコピーしました