シューティングゲーム X68000

X68000から生まれた、オリジナルシューティングゲームたち ~SHARPが生んだ至高の国産PC、X68000~

X68000のシューティングゲームシューティングゲーム

X68000から生まれた、オリジナルシューティングゲームたち

~SHARPが生んだ至高の国産PC、X68000~

ご訪問ありがとうございます。

今回はX68000から生まれた、オリジナルシューティングゲームたちをご紹介させて頂きます。

X68000

X68000・サイトマップのご紹介

X68000のサイトマップをご紹介します。

X68000・名作・全ゲーム・サイトマップのご紹介

TOPゲーム機PCゲーム機AC)│名作│テーマ│メーカー

PC> │PC98PC88X68000MSX

X68000のまとめ
名作
全ゲーム
まとめ名作(34本)・全ゲームタイトル(520本)
ジャンル別SLG│STG│RPG│AVG│PZL│TBL│格闘│レース
発売年順87年│88年│89年│90年│91年│92年│93年
94年│95年│97年
18禁【18禁アダルト】名作・全ゲームタイトル
シャープ系(X68000、X1、MZシリーズ)の名作ゲーム
コラム
ACT
STG

X68000 | 中古・新品通販の駿河屋

あまり知られていないX68000の名作シューティングゲーム

アーケード基板に迫る性能を持つことから、ゲーマーたちが羨望のまなざしで見つめた名機X68000

 

X68000

 

1990年代前後という時代の最高級パソコンのひとつであり、完璧なアーケードシューティング移植に恵まれたことで知られるね。

 

一方でオリジナルの良質な2Dシューティングもあったことは、あまり知られていないいんだよね。

 

アーケードらしさとパソコンらしさを両有した、X68000ならではのオリジナルのシューティングゲーム作品を紹介させて頂きます

 

アーケードゲームが、自宅でも遊べつ唯一無二のマシン、X68000

ゲームセンターとまったく同じゲームが家でもできる!

 

そんな殺し文句が、何にも勝る魅力を持っていた1980年代末アーケードゲームの花形といえば、一にも二にもシューティングであった。

 

ゲームメーカー各社は、そこに惜しみなく技術を投入し、ハードウェアの性能にも最先端の後術が凝縮され、

家庭用との性能差はもはや歴然、家庭用への完全移植など夢のまた夢……。

 

RTYPE

そんな時代の最中に彗星のごとく登場し、革命を起こしたのがX68000であった

 

1987年発売当時のお値段は、専用モニタ込みで約45万円
そこには完全移植の先駆者であったあの憧れのグラディウスも同梱されていた。

 

グラディウス コナミ

 

しかし発売初年の87年から翌年の88年にかけては、まだゲームの発売本数も少なく一般タイトルは二年で50本に満たない。

 

だがそのうち約1/4アーケード移植であり、

しかもドラゴンスピリットや源平討魔伝を筆頭にハイレベルなものが多かったため、ユーザーたちの不満は少なかった・・・

とはいえ問題はあった

1988年オリジナル作品、サンダーフォースIIの登場

移植ではないオリジナル作品には、アクションやシューティングがまったくと言っていいほど見られなかったのだ。

アーケード基板クラスの性能があるのに、なぜ誰もそこに行かない……?

この疑問に答えるように登場したのが、テクノソフトのサンダーフォースIIであった。

 

初代サンダーフォースは、PC8801などの各種パソコン向けだったが、その時点ですでにアーケード志向の強いゲームだったので、

 

X68000は理想的な続編向けプラットフォームだったと言えるだろう。

 

サンダーフォースIIでは従来の全方向ステージに横方向スクロールステージを加え、さらにパワーアップシステムも導入、アーケード感覚はいやまし膨らんだ。

 

以降のシリーズではむしろこれらの追加要素がグームの中心となってゆくことに。

 

サンダーフォースII

秀麗なビジュアルとサウンドも高い評価を得て、翌年には発売間もないメガドライブにも移植されることに、以後そちらに主軸を移しさらなる発展を遂げていく

 

そしてテクノソフトのX68000作品はこれが最初で最後となった。

 

X68000のシューティングゲームはサンダーフォースII以降、しばらくはオリジナルシューティング不作の時代が続いた。

サンダーフォースII メガドライブ

X68000の名作シューティングゲームのご紹介~アーケードSTGとオリジナルSTG~
X68000の名作シューティングゲームのご紹介 ~X68000のアーケードSTGとオリジナルSTG~ ご訪問ありがとうございます。 このページではX68000の人気ゲームジャンルのひとつシューティン...

1989年、ディー・リターン(D-RETURN)の登場

そんな中にひっそりと現れたのがディー・リターン(D-RETURN)である。

 

一見すると同人ソフトのようなパッケージ。

 

ディー・リターン

 

X68000としては地味なサウンドとグラフィックス、ろくすっぽ宣伝もされず当初は敬遠されがちだったが、シューティングに飢えたユーザーたちはダメモトでトライした。

 

そして

ディー・リターン

意外なほど燃えた。

被弾することが前提の激烈な攻撃最初は誰もが困惑したが、やがて見えてくる確かな手応え、そして感動的な最終面~エンディング・・

 

こんなゲームはいまだほかに存在しない。

 

アーケードともコンシューマとも異なるコアな趣味人のプラットフォームならではの醍醐味をこのゲームは教えてくれた。

 

ディー・リターン

制作はなんと神戸大学情報統計部(コンピュータ部)。

つまり学生たちの作品を商品化したのが本作なのだ。

 

中心人物の赤坂賢洋さんはプログラムからビジュアル、音楽に至るまですべてひとりで制作している。

 

ディー・リターン

まさに個人制作に近いゲリラ制作から唯一無二の作品が生まれるところがX68000らしい。

 

X68000

オリジナリティを魅せてくれた、ナイトアームズ(1989年)の登場

これまでの作品たちはどこまでもアーケード感覚を基にしているのに対し、明確なオリジナリティを魅せてくれたのがナイトアームズであった。

ナイトアームズ

 

開発のアルシスソフトウェア3D処理を生かした3Dゲームに定評のある会社(PC88の名作スタークルーザー制作)で、この作品も3Dステージと横スクロール2Dステージの交互展開を特徴としている。

 

ナイトアームズ

 

3Dを色濃く押し出すあまり全体を見ると粗も目立つが、シューティング本来の緊張感は決しておろそかにされておらず、今も根強く愛好されている。

 

山中季哉さんの鮮やかなFM音源もまた本作の人気を支えている。

 

ナイトアームズ

1990年代、X68000のオリジナルシューティングが開花する

ウルフチームのシューティングゲーム

趣味で制作した一本のゲームが・・・グラナダの登場

X68000本格的にオリジナルシューティングが開花するのは1990年からである。

 

ここで主役の座に躍り出たのがギャルゲーの始祖とも評された夢幻戦士 ヴァリスでも知られるウルフチームだった。

夢幻戦士 ヴァリス

その切っかけを作ったのは、その後この作品のメインプログラマーとなる豊田利夫さんが趣味で制作した一本のゲームである。

 

これをウルフチームに持ち込んだところ直ちに商品化が決定、十分なアレンジを施した後グラナダという名で発売される。

 

グラナダ

ゲームは、全方向スクロールの戦車ものいみじくも、当時ウルフチーム社員が、

アサルトとグロブダーを足して2で割ったものですね。

と説明しているとおりアーケードからの影響は強いものがある。

 

だが完成まで二年を要したというだけあってその洗練度は高くプレイアビリティも演出も万全の仕上がり

 

当時珍しかったMIDI対応の音楽桜庭統さんの初期の代表作として名高い。

グラナダ

 

それまでゲームよりストーリーを優先させる制作スタンスをとっていたウルフチームグラナダを機に大きく転針し、以後立て続けにシューティングを発売していく。

 

グラナダ

傑作ソルフィースが登場(1990年)

同年の1990年10月にはFZ戦記アクシス

 

 

そして11月には持ち込みから生まれたもう一本の傑作、ソルフィースが登場する。

ソルフィース

 

開発を担当した谷裕紀彦さんは、もともとマイコンBASICマガジンというゲームプログラム投稿雑誌の常連であり、

 

当時はPC-8001という化石のようなパソコンに、ドラゴンスピリットやR-TYPEを再現してみせた凄腕プログラマーとして称賛を浴びていた

 

そんな彼がX68000で本領発揮してみせたのがソルフィースだったのだ。

 

ソルフィース

これでもかとばかりに登場する多関節キャラなど、当時最先端のプログラム技術とアイデアをふんだんに詰め込んだ、爽快感ある申し分なしの意欲作である

 

ソルフィース

 

演出面も評判になり、滑らかアニメーションが長時間繰り広げられるオープニングデモはとりわけ話題を呼んだ。

 

しかし残念ながらウルフチームのシューティング路線は、これが最後の作品となってしまう、誠に残念至極。

 

ソルフィース

X68000の名作シューティングゲームのご紹介~アーケードSTGとオリジナルSTG~
X68000の名作シューティングゲームのご紹介 ~X68000のアーケードSTGとオリジナルSTG~ ご訪問ありがとうございます。 このページではX68000の人気ゲームジャンルのひとつシューティン...

エグザクトの登場(1990年)

同じ頃エグザクトという新規メーカーからナイアスなるシューティングが1990年10月に発売された。

 

素性の知れないメーカーの一見シンプルなのに妙にけばけばしいシューティング。

ナイアス

これは大丈夫なのか?

と発表当初、誰もが訝しがった。

 

しかし実際にプレイしてみると印象はがらりと変わる。

 

X68000ユーザーは画面を横方向に1イン単位で揺らす高度なラスタースクロールが度肝を抜かれた、

 

この技術では92年に発売されるサンダーフォースIVが有名なのだが、

当時最先端のプログラムテクニックが使われ、独自OS搭載による高速ローディングの実現など、

 

ただならぬプログラム技術に裏打ちされた質実剛健な佳作がそこにはあった。

 

ナイアス

 

ゲームシステムサンダーフォースIIに酷似していて、オリジナリティはないものの、

 

ステージ展開には見事にめりはりが効いておりやみくもにオリジナリティを求めた作品よりも安心してプレイできた。

 

決して歴史的名作とは言えないかもしれないが埋もれるには惜しい作品であることは確かだ

 

ナイアス

 

エグザクト高い技術力は後にプレイステーションのジャンピングフラッシュであまねく知れ渡ることとなり、

 

このソフトハウス高いプログラミング技術、質の高いグラフィックスと音楽により、ウルフチームのちの紹介するZOOMとともに

X68000の黄金期を築き上げたものたちである。

 

ナイアス

新声社、シューティングを発表、スコルピウス

1991年某日、アーケードゲーム専門誌のゲーメストで有名な新声社が、

ゲーメスト

X68000用シューティングを開発する

との報がもたらされた。

 

確かにゲームライターやプレイヤーとしてはプロ集団

しかし制作者としては素人集団・・・

 

X68000のユーザーたちは、

ゲームに精通したプロだが開発はド素人では?

と期待半分、不安半分の面持ちで発売を待った。

 

この揺れる想いは完成した作品であるスコルピウスにもそのまま反映され、

 

評価はばっさり二分されることとなる。

 

客観的に見れば及第点以上のタイトルではあるだろう。

 

自機から飛び出すサソリの尾アームを駆使するギミックは斬新だったし、グラフィックスも悪くない

 

ただしかし練り込みの甘さは確かに目立ち後半面の難易度もむやみに高かった。

 

スコルピウス

 

何より発売時期が後で紹介するファランクスとかぶったのは痛かった。

 

もう少し時間をかけていれば・・・と思わずにはいられない。

 

なお音楽は高濱祐輔さんとあの源平討魔伝で知られる中潟憲雄さんが担当。

FM音源で聴ける最後の中潟節がここにある。

 

スコルピウス

 

X68000のオリジナルシューティングといえば、ZOOM!

デビュー作、ジェノサイド(1989年)

X68000ユーザー誰もがオリジナルといえばZOOM!と口をそろえる。

 

彼らはデビュー作のジェノサイド(1989年)以降、他社と一線を画するクリエイティビティで多くのユーザーを魅了し続けてきた。

 

X68000から生まれた、ZOOMの傑作アクションゲーム、ジェノサイド
X68000から生まれた、ZOOMの傑作アクションゲーム、ジェノサイド ご訪問ありがとうございます。前回からの続き 今回はX68000から生まれた ZOOMの傑作...

プァランクス(1991年)

そしてZOOM!から、

X68000の第三作目はシューティングゲームでいきます。

との宣言のもと、大きな注目のなかで生まれたのがファランクスである。

 

良くも悪くもズームらしい一作であった。

 

緻密なグラフィックス多彩な演出ギミックなど、総合的には期待を裏切らないクオリティを達成している一方で、ゲーム展開にはやや冗長なところがあった。

 

ともあれZOOMのゲームとしての存在感には満ちており、人気は根強い。

 

プァランクス

ちなみにズームはハドソンと同じ札幌のソフトハウスであり、

 

93年4月にはイマジニアとの提携を強化すべく、2社共同出資でイマジニアズーム株式会社が設立、

 

しかし2年後の95年1月に業績不振のためイマジニアズームは解散となったよ。

 

プァランクス

縦スクロールシューティング、コード・ゼロ(91年・ランダムハウス)

ここまで紹介してきた中に縦スクロールものが一本もないことにお気づきだろうか。

 

これは意図的に省いたのではなく、移植作以外は本当に存在しなかったのだ。

 

縦スクロール系、初の完全オリジナルシューティングがコード・ゼロである。

コード・ゼロ

 

オリジナルとはいえ、アーケードで人気の雷電の影響が著しいのだが、PC-98用ゲームとして獣神ローガス(1987年)で勇名を馳せたランダムハウスが開発とあって高い完成度を誇っていた。

 

 

知名度こそ低いが地味に評価は高い作品である。

ぜひともX68000コレクションに入れてほしい。

 

コード・ゼロ

1993年以降の同人シューティングの発展

超連射68Kの登場(1995年)

最後にあえて同人ゲームを紹介し、このページを締めくくろうと思う。

 

同人ではあるが、ある意味もっとも有名なX68000オリジナルシューティングがこれであり、

その事実がX68000の何たるかを象徴している。

X68000

 

93年を境に商業ベースのオリジナルシューティングは消滅し、以降は同人シューティングが大きな発展を遂げた。

 

X68000らしい生き様である。

同人といえども商業に劣らない出来のものが少なくなく、それだけでシリーズが一本書けてしまうくらいの勢いなのだが、

 

中でも突出した完成度を誇ったのが、95年から発表された超連射68Kであろう。

 

超連射68K

 

現在、Windows版が無償配布されており(超連射で検索してみよう)、

その色褪せることのない魅力にいつでも気軽に接することができる。

 

超連射68K

X68000は、当時のPC98やFM TOWNSはるかに凌ぐグラフィック能力を持ちアクションやシューティング系に強いマシンであり、

 

しかも発売元のシャープからOSやBIOSが無償で公開され、XM68 、XM6などのエミュレーターもあるので、

 

是非この機会にX68000のシューティングを楽しんでみるのはどうだろう。

 

もしどうしても憧れのX68000を手に入れたいのなら私も行きつけの駿河屋さんでゲットしてほしい、格安で入手できるからだ。

シューティングゲームに関するページのご紹介

名作シューティングゲームに関する専用ページも公開していますのでご興味のある方は是非ご参照ください。

【名作STG】シューティングゲームのご紹介
【名作STG】シューティングゲームのご紹介 アーケードゲームシューティングゲームの関するご紹介 80年代の名作アーケード・シューティングゲームのご紹介 ゲームセンターでシューティングゲームが主役だった80年...

X68000・サイトマップのご紹介

X68000のサイトマップをご紹介します。

X68000・名作・全ゲーム・サイトマップのご紹介

TOPゲーム機PCゲーム機AC)│名作│テーマ│メーカー

PC> │PC98PC88X68000MSX

X68000のまとめ
名作
全ゲーム
まとめ名作(34本)・全ゲームタイトル(520本)
ジャンル別SLG│STG│RPG│AVG│PZL│TBL│格闘│レース
発売年順87年│88年│89年│90年│91年│92年│93年
94年│95年│97年
18禁【18禁アダルト】名作・全ゲームタイトル
シャープ系(X68000、X1、MZシリーズ)の名作ゲーム
コラム
ACT
STG

X68000 | 中古・新品通販の駿河屋

X68000関連ページのご紹介

X68000の名作(34本)・全ゲームタイトル(520本)のご紹介
X68000の名作(34本)・全ゲームタイトル(520本)のご紹介
X68000の名作(34本)・全ゲームタイトル(520本)のご紹介 ご訪問ありがとうございます。 このページでは90年代前後に活躍した名機、X68000の名作・全ゲームタイトルをご紹介します。 ...
名作・全ゲームタイトルのジャンル別・発売順のご紹介
【X68000・ジャンル別】名作(34本)・全ゲームタイトル(520本)のご紹介
【X68000・ジャンル別】名作(34本)・全ゲームタイトル(520本)のご紹介 ご訪問ありがとうございます。 このページではゲームジャンル別にX68000の名作・全ゲームタイトルをご紹介させて頂きま...
【X68000・発売順】名作(34本)・全ゲームタイトル(520本)のご紹介
【X68000・発売順】名作(34本)・全ゲームタイトル(520本)のご紹介 ご訪問ありがとうございます。 このページでは90年代前後に活躍した名機、X68000の名作・全ゲームタイトルをご紹介します...
【18禁アダルト】名作・全ゲームタイトルのご紹介
【X68000・18禁アダルト】名作(5本)・全ゲームタイトル(150本)のご紹介
【X68000・18禁アダルト】名作(5本)・全ゲームタイトル(150本)のご紹介 ご訪問ありがとうございます。 このページではX68000の18禁(アダルト)ゲームの名作(5本)・全ゲームタイトル(...
シャープパソコン(X68000、X1、MZシリーズ)の名作ゲームのご紹介
【シャープ:X68000,X1,MZ系】名作ゲームタイトル(89本)そして18禁(アダルト)名作ゲーム(5本)のご紹介
【シャープ:X68000,X1,MZ系】名作ゲームタイトルのご紹介 ご訪問ありがとうございます。 シャープのPC(X68000、X1、MZ系)の名作ゲームタイトル一覧のご紹介させて頂きます。 ...
X68000から生まれた、オリジナルシューティングゲームたちのご紹介
X68000から生まれた、オリジナルシューティングゲームたち ~SHARPが生んだ至高の国産PC、X68000~
X68000から生まれた、オリジナルシューティングゲームたち ~SHARPが生んだ至高の国産PC、X68000~ ご訪問ありがとうございます。 今回はX68000から生まれた、オリジナルシューティングゲーム...
X68000の名作シューティングゲームのご紹介~アーケードSTGとオリジナルSTG~
X68000の名作シューティングゲームのご紹介 ~X68000のアーケードSTGとオリジナルSTG~ ご訪問ありがとうございます。 このページではX68000の人気ゲームジャンルのひとつシューティン...
ZOOMの傑作アクションゲーム、ジェノサイドのご紹介
X68000から生まれた、ZOOMの傑作アクションゲーム、ジェノサイド
X68000から生まれた、ZOOMの傑作アクションゲーム、ジェノサイド ご訪問ありがとうございます。前回からの続き 今回はX68000から生まれた ZOOMの傑作...

【ハード別(家庭用・据置・携帯・PC・周辺機器)】ゲーム関連サイトマップのご紹介

【ハード別(家庭用・据置・携帯・PC・周辺機器)】ゲーム関連のサイトマップをご紹介します。

サイトマップ

TOPゲーム機PCゲーム機AC)│名作│テーマ│メーカー

PC・ゲーム機TOP > PC家庭用据置携帯

【ジャンル別】TOP>│RPGAVG格ゲーSTG│SLG│ACT│レーススポーツ
TBL(麻雀)│海外

プレイステーション アイコン PSハード別家庭用据置携帯)│ACPC周辺機器
【任天堂】FCFDSSFCN64GC│Wii│WiiU│Switch
【SONY】シリーズPSPS2PS3PS4
セガMD│SS│DC
NECPCEPCFX【SNK】NEOGEO3DO
任天堂(G&WGBGBA│NDS│3DS)
Sony(PSPPSVita
ネオジオポケット ワンダースワン ゲームギア
NECPC98PC88【SHARP】X68kX1MZ
【富士通】FMTOWNS77AVFM7
【その他】MSXAppleII
アーケード80年代90年代2000年代
周辺機器

周辺機器まとめコントローラーゲーム機別アケコン

ジャンルACT│RPG│AVG格ゲーSTG│SLG│
TBL(麻雀
メーカー任天堂│コーエー│カプコン│ハドソン│セガ

駿河屋スタッフ募集中

Kopenginサイト関連ページのご紹介

Kopenginサイト関連ページをご紹介します。

【名作ゲーム】全名作ソフト(500本以上)のご紹介│まとめ│ファミコン、ゲームボーイ、PC98 、RPGなど

【名作ゲーム】全名作ソフト(500本以上)のご紹介│まとめ│ファミコン、ゲームボーイ、PC98 、RPGなど
名作ゲームタイトルのご紹介│まとめ│ ~ファミコン、ゲームボーイ、PC98 、プレイステーションなど~ 訪問ありがとうございます。 このページではPCや家庭用ゲーム機の名作ゲームソフト(500本以上)をご紹...

PC・家庭用・アーケードゲーム・周辺機器のご紹介│まとめ│

PC・家庭用・アーケードゲーム・周辺機器のご紹介│まとめ│
ゲーム周辺機器のご紹介│まとめ│ ご訪問ありがとうございます。 今回は、PC・家庭用・アーケードゲーム・周辺機器についてご紹介させて頂きます。

名作ゲームのご紹介│まとめ│家庭用ゲーム・PC・アーケードなど

名作ゲームのご紹介│まとめ│家庭用ゲーム・PC・アーケードなど
名作ゲームのご紹介│まとめ│ ~家庭用ゲーム・PC・アーケードなど~ 訪問ありがとうございます。 今回は、名作ゲームソフトをご紹介させて頂きます。 据え置き機・名作ゲームのご紹介│まとめ│...

ジャンル別ゲームタイトルのご紹介│まとめ│

ジャンル別ゲームタイトルのご紹介│まとめ│
ジャンル別ゲームタイトルのご紹介│まとめ│ ご訪問ありがとうございます。 今回は、ジャンル別にゲームタイトルをご紹介させて頂きます。
タイトルとURLをコピーしました