任天堂 ファミコン

第9回ファミコンの誕生に大きな影響を及ぼしたゲーム機は?~ファミコン』誕生物語~

任天堂

第9回ファミコンの誕生に大きな影響を及ぼしたゲーム機は?

今回は
『ファミコン』の誕生に大きな影響を及ぼした『ゲーム機』は?

をご紹介します。

ファミコン(ファミリーコンピューター)

『ファミコン』に影響を与えた『ゲーム機』?

『家庭用ゲーム機』のはじまり

そう『家庭用ゲーム機』のはじまりは、

1972年に『アメリカ』の『マグナボックス社(Magnavox)』が発売した『オデッセイ』という『ゲーム機』から始まったんだ。

オッデッセイ

そして1977年には『アタリ社』から『Atari 2600(VCS)』が発売され大ベストセラーになるんだ。

 

1970年代には『テレビ』に『ゲーム機』をつなげて
『ゲームソフト』は『ゲーム機本体』とは別売りされる『ビジネスモデル』が確立されていたんだ。

アタリ

それに『任天堂』の『開発2部(後に『ファミコン』を開発する)』は
1970年代に『家庭用ゲーム機』の開発経験をしているからね。

 

『任天堂』が理想にした『家庭用ゲーム機』は?

以前『ファミコン』の誕生についてのページを作成した時に
わからなかったことがあるんだ。

わからなかったこと?

そう『ファミコン』の生みの親である『上村部長』は

どの『家庭用ゲーム機』を参考にして『ファミコン』を開発したのか?ということなんだ。

ファミコン

どの『家庭用ゲーム機』を参考したか?

そう『上村部長』が後のインタビューで

任天堂上村
任天堂上村

ある『家庭用ゲーム機』を見て、
この『ゲーム機』はおもしろ と思って

 

私は、その『ゲーム機』を参考に
『任天堂』らしい理想の『家庭用ゲーム機』をイメージすることが出来たんです。

ゲーム開発

と述べられているんだ。

なるほどー。

何の『家庭用ゲーム機』から影響を受けたのだろう?

 

『ファミコン』は、何の『家庭用ゲーム機』からインスピレーションを受けて開発したんだろうか?

 

ということで

『ファミコン』に影響を与えた、
『家庭用ゲーム機』とは
何なのかということを探してみることにしたんだ。

 

『ファミコン』に影響を与えた、『家庭用ゲーム機』を追え

まずは『任天堂』の『上村部長』がどのような経緯
『ファミコン』を開発していったのかを、もう一度整理してみることにしよう。

ファミコン

ふむふむ

『任天堂』の『ファミコン』開発の始まりは、
1981年11月の、『任天堂』の『山内社長』からの鶴の一声から始まるんだ。

任天堂・山内社長

1980年代はじめの『任天堂』の『開発部』について

その前に

なぜ『任天堂』の『山内社長』が『開発2部』の『上村部長』に
『家庭用ゲーム機』の開発依頼をしたのかが
分かるように、

 

1980年代はじめの『任天堂』の『開発部』について
少しご紹介させて頂きます。

任天堂ロゴ

『任天堂』のおもちゃの開発をする『部署』である、

 

『任天堂』の『開発部』は、

『横井軍平』さんの登場により設立されるんだ。

横井軍平

おー『横井軍平』さん

1971年には

『任天堂』の『光線銃シリーズ』で取引先だった

『シャープ』の『上村』さん(後に『ファミコン』の生みの親になる)
『任天堂』に入社するんだ

動物

そして1980年代になると、
人数が増えてきた『開発部』をは3つの『部』に別れるんだ。

『開発1部』と『開発2部』そして『開発第3部』だね。

『開発第1部』は、

あの『横井軍平』さんが率いる部署で
この『開発第1部』は、

1980年に開発した『ゲームウォッチ』が大ヒットとなり、『任天堂』でもっとも稼ぎ頭の部署になるんだ。

ゲームウォッチ

おー『ゲームウォッチ』

そして、後に『ファミコン』を開発する『開発第2部』は、

『上村部長』がリーダーとなり

1970年代末から1980年代はじめは
主に『アーケードゲーム機』の開発を行っていました。

アーケードゲーム

『アーケードゲーム機』?

そう『横井軍平』さんは大学では『電気系』を学んでいて、
『電子系』の『パソコン』や『ビデオゲーム』は好きじゃなかったんだ。

横井軍平

確かに、『横井』さんの作るゲームは『電気系』の玩具が多かったような・・

『開発第3部』は『竹田玄洋』さんが率いるチームで

主に『アーケードゲーム』の開発をしていたんだ。

 

『竹田』さんは、
『スーパーファミコン』以降の『家庭用ゲーム機』である、
『NINTENDO64』『ニンテンドーゲームキューブ』『Wii』『Nintendo Switch』の開発責任者になる方です。

Nintendo Switch

パンチアウト』も『竹田』さんが作ったゲームだよね。

仕事のなかった『開発2部』

そして『ファミコン』の誕生のきっかけとなる
1981年11月頃は、

 

『上村部長』率いる『開発2部』は、仕事がなかった頃なんだ。

 

仕事がなかった?

そう『開発2部』は1970年代末に、
『アーケードゲーム』の開発をしていたんだけど

当時、画期的な技術を採用した、
『ナムコ』の『ギャラクシン』の影響を受けて開発した

 

『アーケードゲーム』の『レーダースコープ』が大失敗してしまい。

『開発2部』は『アーケードゲーム』の開発から一時撤退することになってしまったんだ。

アーケードゲーム

更に『横井軍平』さんが率いる

『開発1部』の『ゲームウォッチ』の大ヒット

 

『開発2部』の社員たちは『ゲームウォッチ』の開発の手伝いに行かされていた状態だったんだ。

ゲームウォッチ

なので、1981年頃の『上村部長』は

特に仕事もなく毎日定時に、自宅に帰っていたそうなんだ。

当時、ヒット商品に恵まれない『上村部長』

『山内社長』にも相談に行ったそうなんだ。

 

そうすると、『山内社長』は、

任天堂山内社長
任天堂山内社長

うちには、ヒマな社員がいてもいいんや。

 

あせったらあかんで、上村くん

 

と声をかけて下さったみたいです。

『ファミコン』のはじまり

そして、いつものように定時に、自宅に帰った

『上村部長』の自宅に、

 

『山内社長』から電話があったんだ。

電話

『山内社長』は、

任天堂山内社長
任天堂山内社長

そろそろ『ゲームウォッチ』も飽きられる頃や

これからは、『家庭用ゲーム機』の時代や

 

『任天堂』の『家庭用ゲーム機』をつくれるのは、君しかおらん

 

この『山内社長』からの電話が

 

『ファミコン』開発の始まりなんだ。

ファミコン(ファミリーコンピューター)

それじゃ

なぜ『山内社長』は

『上村部長チーム』を『家庭用ゲーム機』開発に担当に選んだのか?

なんだけど

『開発1部』の『横井軍平』さんは『ゲームウォッチ』の開発で大忙しの状態。

 

『開発3部』の『竹田』さんは『アーケードゲーム』の開発中

 

一方の『開発2部』の『上村』さんは、『アーケードゲーム』の撤退で

現在は商品開発をしていない状態

 

でも『家庭用ゲーム機』と『アーケードゲーム』の開発経験があるから

『家庭用ゲーム機』を開発するにはもってこいのチームだったんだよ。

家庭用ゲーム機

 

アーケードゲーム

それで、『山内社長』は『上村部長』に『家庭用ゲーム機』の依頼をしたのかー。

 

タイミングもすごく良かったんだね。

そう、そして『上村部長チーム』の

『家庭用ゲーム機』と『アーケードゲーム』の開発経験が『ファミコン』の成功に繋がるんだよ。

 

そして1983年7月に『ファミコン』が発売されることになるんだ。

『ファミコン』に影響を与えた『家庭用ゲーム機』ので出会いは?

それでは『ファミコン』に影響を与えた『家庭用ゲーム機』

『上村部長』は、いつ頃に出会ったのだろう?

うーん

『ファミコン』に影響を与えた『家庭用ゲーム機』ので出会いはいつ頃?

それでは、『ファミコン』の開発について

わかっていることをまとめてみることにしよう

ファミコン

1981年11月に『ファミコン』開発依頼

 

1982年6月に『ファミコン』の仕様決定

 

1983年7月には『ファミコン』の発売だね。

 

そうなると

 

1981年12月から1982年6月までに

『家庭用ゲーム機』『コンセプト』や『機能検討』
そして、開発の協力してもらえる『パートナー会社』を見つけなければならないね。

 

そうだね、

1982年6月には『ファミコン』仕様の決定が終り
『ソフト開発』や『外観デザイン』の検討が始めているんだ。

 

そして、1983年5月頃には、

『ファミコン』の『ゲームソフト』の『ドンキーコング』も完成しているんだ。

最終開発をしながら『製造』『流通網』の準備をして

1983年7月の『ファミコン』発売を迎える。

ファミコン

うーむ
こうしてみてみると、

何もないところから、1年半で『ファミコン』の発売までこぎつけるのは
そうとう大変だったろうね。

 

ということで、ここで

『ファミコン』に影響を与えた『家庭用ゲーム機』と出会うのは

 

1981年12月から1982年6月まで『家庭用ゲーム機』の仕様が決定する前だということが分かるね。

 

1982年の6月頃までに発売された『家庭用ゲーム機』は?

それじゃー、

 

1982年の6月頃までに、発売された主な『家庭用ゲーム機』
を見てみよう。

 

アメリカで、大ヒットしていた

『アタリ社』の『ATARI2600(VCS)』

 

『マテル社』の『インテレビジョン』

 

そして『コレコ社』の『コレコビジョン』

 

日本のメーカーだと『エポック』の『カセットビジョン』

などかな。

カセットビジョン

『任天堂』の『ATARI2600(VCS)』の感想

うーん『ファミコン』に影響を与えたのは

 

やっぱりアメリカで大ヒットしていた

『アタリ社』の『ATARI2600(VCS)』かなー?

 

『ATARI2600(VCS)』についての
『任天堂』の『上村部長』は、実際にプレイした感想は・・・

アタリ

任天堂上村
任天堂上村

『任天堂』らしい『家庭用ゲーム機』ねえ
どうしよう・・

任天堂上村
任天堂上村

そうだ、アメリカで売れている『ATARI2600(VCS)』をプレイしてみよう
何かヒントがあるかも

 

ピコピコ
ピコピコ
ピコピコ
ピコピコ

 

うーん

 

『ATARI2600(VCS)』はいまいちだなー。

 

任天堂上村
任天堂上村

『グラフィック性能』は『アーケードゲーム』と比べても相当見劣りするし

『ゲーム性』もあまり感じられないなー。

 

『ATARI2600(VCS)』は、あまり魅力がないなー。

アタリ

この頃『上村部長』が

『任天堂』の『家庭用ゲーム機』として理想にしていたのが、

 

『アーケードゲーム』を家庭で遊べるようにすること
だったんだ。

以前に『開発2部』で『アーケードゲーム』の開発をしていたから

『上村部長』にとっては、

日本のレベルの高い『アーケードゲーム』に
『グラフィック性能』と面白さや魅力を感じていたんだ。

『家庭用ゲーム機』では、魅力を感じるような『ゲーム機』はなかなか見つからなかったってことかな?

 

そうだね。

そうなると、1982年頃に
『アーケードゲーム』のようなスムーズな『グラフィック性能』を搭載した
ゲーム機ってあったのかなー?

 

うーむ

アーケードゲーム

ご閲覧ありがとうございました。

『ファミコン』誕生物語シリーズ

第1回『ファミコン』のはじまり– 『ファミコン』誕生物語
第1回『ファミコン』のはじまり– 『ファミコン』誕生物語 マリオ ご訪問ありがとうございます。 今回は1980年代に大ブームとなった『家庭用ゲーム機』 『ファミコン』の誕生物語 をご紹介します。 ...
第2回『リコー』との出会い – 『ファミコン』誕生物語
第2回『リコー』との出会い – 『ファミコン』誕生物語 ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き 今回は 『リコー』との出会い – 『ファミコン』誕生物語 をご...
第3回『ファミコン』のCPUはどうする?『上村部長』の選択 – 『ファミコン』誕生物語
第3回『ファミコン』のCPUはどうする?『上村部長』の選択 – 『ファミコン』誕生物語 ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き 今回は 『ファミコン』のCPU...
第4回『ファミコン』のCPUは・・『上村部長』の決断 – 『ファミコン』誕生物語
第4回『ファミコン』のCPUは・・『上村部長』の決断 – 『ファミコン』誕生物語 ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き 今回は 『ファミコン』のCPUは・・...
第5回CPU『MOS6502』の誕生 – 『ファミコン』誕生物語
第5回CPU『MOS6502』の誕生 – 『ファミコン』誕生物語 ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き 今回は 『ファミコン』で採用された、CPU『MOS6...
第6回『ファミリーコンピューター(ファミコン)』は、こうして名付けられた– 『ファミコン』誕生物語
『ファミリーコンピューター(ファミコン)』は、こうして名付けられた ご訪問ありがとうございます。 今回は、『ファミリーコンピューター』(通称:ファミコン)は、こうして名付けられたをご紹介します。 『...
第7回トラブル続きの『ファミコン』発売 –『ファミコン』誕生物語
第7回トラブル続きの『ファミコン』発売 – 『ファミコン』誕生物語 ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き 今回は 第7回トラブル続きの『ファミコン』発売 ...
第8回『ファミコン』最大の危機『ベースボール』の消える魔球事件– 『ファミコン』誕生物語
第8回『ファミコン』最大の危機『ベースボール』の消える魔球事件– 『ファミコン』誕生物語 ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き 今回は 『ファミコン』最大の...
第9回ファミコンの誕生に大きな影響を及ぼしたゲーム機は?~ファミコン』誕生物語~
第9回ファミコンの誕生に大きな影響を及ぼしたゲーム機は? ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き 今回は 『ファミコン』の誕生に大きな影響を及ぼした『ゲーム機...
第10回『任天堂』『理想のゲーム機』との出会い– 『ファミコン』誕生物語
第10回『任天堂』『理想のゲーム機』との出会い– 『ファミコン』誕生物語 ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き 今回は 『任天堂』『理想のゲーム機』との出会...
第11回『ゲーム&ウオッチ』が大ヒットの秘密 そして、なぜ『任天堂の『山内社長』は『ファミコン』の開発を決断したのか?(その1)
『ゲーム&ウオッチ』が大ヒットの秘密 そして、なぜ『任天堂の『山内社長』は『ファミコン』の開発を決断したのか?(その1) ご訪問ありがとうございます。 前回のページ ...
第12回なぜ『任天堂』の『山内社長』は『ファミコン』の開発を決断したのか?(その2)– ファミコンの誕生物語
なぜ『任天堂』の『山内社長』は『ファミコン』の開発を決断したのか?(その2)– ファミコンの誕生物語 ご訪問ありがとうございます。 前回からのページ 今回は なぜ『...
ファミコン誕生物語 ~『ファミコン』のはじまり~
ファミコン誕生物語 ~『ファミコン』のはじまり~ ご訪問ありがとうございます。 前回の続き 今回は 『ファミコン』誕生物語 をご紹介します。 ...
タイトルとURLをコピーしました