任天堂 ファミコン

第1回『ファミコン』のはじまり– 『ファミコン』誕生物語

任天堂

第1回『ファミコン』のはじまり– 『ファミコン』誕生物語

マリオ
マリオ

ご訪問ありがとうございます。

今回は1980年代に大ブームとなった『家庭用ゲーム機』
『ファミコン』の誕生物語 をご紹介します。

ファミコン(ファミリーコンピューター)

懐かしいね『ファミコン』

任天堂が1983年に発売した『ファミリーコンピュータ』、通称『ファミコン』

今の『プレイステーション』や『Xbox』などの
『家庭用ゲーム市場』をつくったと言えるほどの名機だよね。

 

実は今回の紹介するのは
『ファミコン』のCPUについてなんだ。

『ファミコン』のCPU?

『ファミコン』には『CPU6502』というCPUが搭載されているんだけど。

1970年代の『8ビットCPU』を勉強していたら
たびたび『6502』というCPUが登場するんだよ。

CPU

『6502』?

1970年代は
『インテル社』の『80系』と言われるCPUと
『モトローラ社』の『68系』と言われるCPUが

2強として競争していた時代なんだ。

 

その時代に開発された『6502』というCPUが
後に『AppleII』や『PCエンジン』『ファミコン』に
採用されていることを知ったんだよ。

AppleII

『モステクノロジー社』とは?

『CPU6502』は

『モトローラ』の『68系』みたいなんだけど
『モトローラ』が開発したのではなく
『モステクノロジー』という会社が開発したものなんだ。

モステクノロジー

『モステクノロジー』?

 

しかも『ファミコン』に搭載されているCPUは
日本のメーカーである『リコー製』の『6502』をカスタマイズしたものなんだ。

リコー

『ファミコン』のCPUは『リコー製』?

そう『ファミコン』のCPUの正式名称は
『Ricoh 2A03』と呼ぶらしんだ。

『モトローラ』の『68系』がルーツの
『モステクノロジー』で開発された
日本の『リコー』が製造したCPUが『ファミコン』に搭載されている?

そうなんだ

『リコー』ってCPUを製造しているの?

謎だね

『リコー』って複合機を作っている会社でしょう?

そういうイメージだよね。

 

それで『ファミコン』を開発した
『任天堂』と『リコー』がどういう経緯で
CPUを製造することになったのか知りたくなったんだよ。

ファミコン

マリオ

ということで今回は
『ファミコン』CPU開発物語と『6502』のルーツをご紹介します。

『ファミコン』のはじまり

マリオ

『ファミコン』のはじまりは『山内社長』からの電話から始まるんだ

マリオ

1981年11月のある日
『任天堂』の『開発2部』の『上村部長』
いつものように定時に自宅で帰宅してくつろいる時だった。

当時『任天堂』は『ゲームウォッチ』のヒットで急成長。

 

しかし『上村部長』が担当する『開発2部』が
商品開発した『業務用ゲーム』の『レーダースコープ』の失敗で

 

『開発2部』は『業務用ゲーム』から撤退していたんだ。

ゲームウォッチ

『上村部長』の部下達は、

 

『ゲームウォッチ』のヒットで大忙しの
『開発1部』の『横井軍平』さんの部署に応援のため駆り出されている最中だったんだ。

それで『開発2部』の部長だった『上村』さん
丁度仕事が空いている時だっただ。

マリオ

そして、
『上村部長』は『業務用ゲーム』の変わる
新しい商品開発を模索しているところだっだんだ。

『山内社長』からの電話・・

そんな時

電話

るるるるるる
るるるるるる
るるるるるる

任天堂上村
任天堂上村

はい上村です。

あなたー。

『山内社長』から電話よー

任天堂上村

え『山内社長』から?

任天堂上村

はい上村です。

任天堂山内社長
任天堂山内社長

上村くんか

元気にしとるか

任天堂上村
任天堂上村

あ、はい

でも、『レーダースコープ』の失敗で
『業務用ゲーム』から撤退してますから

 

今、新しい商品を考えているところです。

アーケードゲーム

任天堂山内社長

まあ、そんなに焦らんでもええ。

1人ぐらい暇でも会社は潰れやせんて

任天堂上村

はあ、ありがとうございます。

任天堂山内社長

それでやな、実は相談があるんや。

任天堂上村

相談といいますと?

任天堂山内社長

上村くんもわかっとると思うやけど

この業界は、浮き沈みが激しい業界や

任天堂上村

はい、それはもう、いろいろ経験させて頂きましたから
身にしみてます。

 

任天堂山内社長

そやろ

それでやな、

今うちで売れている『ゲームウォッチ』のことなんやけど

ゲームウォッチ

任天堂上村

『ゲームウォッチ』ですか?

任天堂山内社長
任天堂山内社長

そうや『ゲームウォッチ』も発売して
そろそろ2年目や

 

ライバル会社も、同じような商品を販売し始めて
そろそろ『ゲームウォッチ』に飽き始めてる気がするんや

ゲームウォッチ

任天堂上村

『ゲームウォッチ』がですか?

任天堂山内社長
任天堂山内社長

そうや、玩具おもちゃちゅーもんは

3年くらいで、飽きられてしまうもんや

 

そろそろ『ゲームウォッチ』に変わる新しい商品が必要と思っているんや

任天堂上村

『ゲームウォッチ』に変わる商品ですか?

任天堂山内社長
任天堂山内社長

そうや

 

それで相談なんやけど

 

次はテレビゲームや

それをキミのところでやらんか?

ゲーム開発

任天堂上村

テレビゲームですか?

任天堂山内社長
任天堂山内社長

そうや

アメリカで『アタリ社』の『VCSが売れているやろ。

日本でも『エポック』の『カセットビジョン』が売れてるそうや

アタリ

任天堂上村

まあ、そうですね。

任天堂山内社長

上村くん、昔家庭用ゲームを開発した経験があるやろ

任天堂上村

はい、今は撤退しましたけれど
何台か作りました。

任天堂山内社長
任天堂山内社長

そうやろ、

うちで家庭用ゲーム機つくれるのは
君しかおらんのや

ファミコン

任天堂上村

あ、はい

任天堂山内社長

それに、上村くん今きみ暇やろ

任天堂上村

あはい
わかりました。

こうして山内社長からの『鶴の一声』
『ファミコン』開発の引き金となったんだ。

任天堂は1970年代に『家庭用ゲーム機』を作っていた?

『上村部長』は、1970年代後半に
『三菱電機』と共同で

 

『カラーテレビゲーム6』と『カラーテレビゲーム15』
『カーレース 112』や『ブロック崩し』などを開発していたんだ。

家庭用ゲーム機

それじゃ『家庭用ゲーム機開発』の実績はあるんだね。

そうだね、だけど
『上村部長』は、

1978年の『タイトー』の『スペースインベーダー』
1979年の『ナムコ』の『ギャラクシアン』に衝撃を受けて

 

『家庭用ゲーム機』から撤退して、
『アーケードゲーム機』に挑戦していたんだ。

スペースインベーダー

でも、『アーケードゲーム』の『レーダースコープ』
あまり売れなくて、

 

新しい商品開発を模索していたところなんだ。

 

『山内社長』は『上村部長』が新しい商品開発を模索していることを
配慮して
今、人気になりつつある『家庭用ゲーム機』の開発を依頼したってことかな。

そうだね。

『家庭用ゲーム機』をどうやって作ろう?

開発部の『上村部長』

任天堂上村
任天堂上村

テレビゲームかー。

どうやってつくろう。

 

・・・・・・

 

1980年代前後に海外では『家庭用ゲーム機』の
『Atari VCS』が大ヒットしていたいんだ。

 

日本でも『エポック社』の『カセットビジョン』などがヒットしていて
多くの『メーカー』が『家庭用ゲーム機』を発売しはじめた頃なんだ。

カセットビジョン

任天堂上村

ライバル会社が次々と『家庭用ゲーム機』を発売しているよね
今から、参入しても我社は、後発メーカーのひとつでしかないよなー。

任天堂上村
任天堂上村

何か、『任天堂』らしい『家庭用ゲーム』をつくらないと
差別化できないよなー。

 

どうしよう

 

そしてこの頃『任天堂』では
1981年に自社開発した『アーケードゲーム』の『ドンキーコング』が
大ヒットしていたんだ。

ドンキーコング

それで『上村部長』は考えた

『任天堂』の強みはやっぱり、

『アーケードゲーム』の開発経験と
おもしろいゲーム、『ドンキーコング』があることかな?

アーケードゲーム

任天堂上村
任天堂上村

そうだ『アーケードゲーム』の『ドンキーコング』が遊べる
『家庭用ゲーム機』を作るのはどうだろう?

 

早速『電子・半導体メーカー』に作れるか聞いてみよう。

 

そして『上村部長』は

 

家庭用ゲームの開発に協力してくれる『電子・半導体メーカー』を探し始めたんだ。

今回はここまで
次回は、いよいよ『上村部長』が『家庭用ゲーム機』開発に動き出す。

 

しかし『上村部長』は、いきなり大きな壁にぶち当たってしまう。

ご閲覧ありがとうございました。

『ファミコン』誕生物語シリーズ

第1回『ファミコン』のはじまり– 『ファミコン』誕生物語
第1回『ファミコン』のはじまり– 『ファミコン』誕生物語 マリオ ご訪問ありがとうございます。 今回は1980年代に大ブームとなった『家庭用ゲーム機』 『ファミコン』の誕生物語 をご紹介します。 ...
第2回『リコー』との出会い – 『ファミコン』誕生物語
第2回『リコー』との出会い – 『ファミコン』誕生物語 ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き 今回は 『リコー』との出会い – 『ファミコン』誕生物語 をご...
第3回『ファミコン』のCPUはどうする?『上村部長』の選択 – 『ファミコン』誕生物語
第3回『ファミコン』のCPUはどうする?『上村部長』の選択 – 『ファミコン』誕生物語 ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き 今回は 『ファミコン』のCPU...
第4回『ファミコン』のCPUは・・『上村部長』の決断 – 『ファミコン』誕生物語
第4回『ファミコン』のCPUは・・『上村部長』の決断 – 『ファミコン』誕生物語 ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き 今回は 『ファミコン』のCPUは・・...
第5回CPU『MOS6502』の誕生 – 『ファミコン』誕生物語
第5回CPU『MOS6502』の誕生 – 『ファミコン』誕生物語 ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き 今回は 『ファミコン』で採用された、CPU『MOS6...
第6回『ファミリーコンピューター(ファミコン)』は、こうして名付けられた– 『ファミコン』誕生物語
『ファミリーコンピューター(ファミコン)』は、こうして名付けられた ご訪問ありがとうございます。 今回は、『ファミリーコンピューター』(通称:ファミコン)は、こうして名付けられたをご紹介します。 『...
第7回トラブル続きの『ファミコン』発売 –『ファミコン』誕生物語
第7回トラブル続きの『ファミコン』発売 – 『ファミコン』誕生物語 ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き 今回は 第7回トラブル続きの『ファミコン』発売 ...
第8回『ファミコン』最大の危機『ベースボール』の消える魔球事件– 『ファミコン』誕生物語
第8回『ファミコン』最大の危機『ベースボール』の消える魔球事件– 『ファミコン』誕生物語 ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き 今回は 『ファミコン』最大の...
第9回ファミコンの誕生に大きな影響を及ぼしたゲーム機は?~ファミコン』誕生物語~
第9回ファミコンの誕生に大きな影響を及ぼしたゲーム機は? ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き 今回は 『ファミコン』の誕生に大きな影響を及ぼした『ゲーム機...
第10回『任天堂』『理想のゲーム機』との出会い– 『ファミコン』誕生物語
第10回『任天堂』『理想のゲーム機』との出会い– 『ファミコン』誕生物語 ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き 今回は 『任天堂』『理想のゲーム機』との出会...
第11回『ゲーム&ウオッチ』が大ヒットの秘密 そして、なぜ『任天堂の『山内社長』は『ファミコン』の開発を決断したのか?(その1)
『ゲーム&ウオッチ』が大ヒットの秘密 そして、なぜ『任天堂の『山内社長』は『ファミコン』の開発を決断したのか?(その1) ご訪問ありがとうございます。 前回のページ ...
第12回なぜ『任天堂』の『山内社長』は『ファミコン』の開発を決断したのか?(その2)– ファミコンの誕生物語
なぜ『任天堂』の『山内社長』は『ファミコン』の開発を決断したのか?(その2)– ファミコンの誕生物語 ご訪問ありがとうございます。 前回からのページ 今回は なぜ『...
ファミコン誕生物語 ~『ファミコン』のはじまり~
ファミコン誕生物語 ~『ファミコン』のはじまり~ ご訪問ありがとうございます。 前回の続き 今回は 『ファミコン』誕生物語 をご紹介します。 ...
タイトルとURLをコピーしました