任天堂 ファミコン

第2回『リコー』との出会い – 『ファミコン』誕生物語

任天堂

第2回『リコー』との出会い – 『ファミコン』誕生物語

今回は
『リコー』との出会い – 『ファミコン』誕生物語 をご紹介します。

『山内社長』の『鶴の一声』からはじまった
『任天堂』の『家庭用ゲーム機』の開発

 

そして『開発責任者』に任命されたか『開発2部』の『上村部長』
『アーケードゲーム版』の『ドンキーコング』が遊べる
『家庭用ゲーム機』を作ることを目標に動き出す。

ファミコン(ファミリーコンピューター)

『家庭用ゲーム機』を共同開発できるパートナーは?

早速、『上村部長』は『家庭用ゲームの開発』に協力してくれる『電子・半導体メーカー』を探したんだ

そして

大手の『電子・半導体メーカー』である『日立』『東芝』『NEC』など に頼んで見た所・・

 

すべて断られてしまった。

東芝

 

日立

 

あらー

日本の『半導体』が世界一に・・・

当時、1980年代はじめは『ワープロ』や『パソコン』が市場に出始めた頃で、
『DRAM』などの『半導体需要』が急拡大した時期なんだ。

RAM

確か1980年代って日本の『半導体』が、世界トップになった頃じゃないの?

そうなんだ

『半導体メーカー』は1980年代はじめに、アメリカを抜いて世界トップの『半導体大国』へと躍り出た頃なんだよ。

 

1988年には日本の『半導体メーカー』の出荷シェア50%を超え、世界一になった時代だね。

日本

日本の『半導体メーカー』の勢いがすごいね。

ということで、日本の『半導体メーカー』は大忙しの頃なんだ。

だから、日本の『半導体メーカー』とっては、そこそこ面白い玩具を作っているイメージしかない『任天堂』

任天堂ロゴ

『半導体メーカー』と『任天堂』の商談

任天堂上村
任天堂上村

是非、弊社は『家庭用ゲーム機』をつくりたいんです。
一緒に、共同開発しませんか?

・・・・・

我社は現在、工場がフル稼働の状態でございまして、
御社に協力させて頂きたいのは山々なのですが・・・

工場

申し訳ございませんが

 

現在の弊社は、フル稼働の状態でございまして・・・

 

御社との共同開発は見送らさせて頂きたいのです。

 

任天堂上村
任天堂上村

・・・・・

そうですか。

『任天堂』共同パートナーが見つからない

任天堂の上村部長

任天堂上村
任天堂上村

当時、日本を代表する半導体メーカーを、片っ端から訪ねてみたんですけど
どのメーカーさんからも、とてもていねいな断り方をされましたよ。

 

まさか、その後『任天堂』の『ファミコン』が爆発的な大ヒットをして。

強大な『家庭用ゲーム機市場』が作られるなんて、
日本の『半導体メーカー』は思いもよらなかっただろうね。

ファミコン

この時『任天堂』から『家庭用ゲーム機』の共同開発を断った『NEC』

 

後に『ハドソン』と『家庭用ゲーム機』の『PCエンジン』を共同開発して、
『任天堂』と対決することになるんだけど、

やっぱり『ファミコン』『スーパーファミコン』には勝てなかったからね。

PCエンジン

日本の『半導体市場』は、1980年代後半になると競争激化と供給過剰

『半導体価格』の下落で苦しむことになるんだけどね。

 

この時『任天堂』と共同開発していたら、本当はもっと大きな『ビジネスシャンス』を掴むことができたかもしれないね。

任天堂ロゴ

まさか、小さなおもちゃ会社だった『任天堂』がその後『巨人』になるとは・・

『家庭用ゲーム機』開発は断念かー、そんな時、電話が・・・

ということで

『任天堂』の『家庭用ゲーム機』プロジェクトは、

いきなり壁にぶち当たってしまったんだ。

ファミコン

上村部長

任天堂上村
任天堂上村

うー
『家庭用ゲーム機』の共同開発をしてくれるパートナーが見つからない
このままでは、プロジェクトを断念するしかないのかなー

任天堂上村

でも、山内社長はあきらめないだろなー。

どうしよう・・・

任天堂・山内社長

そんなある日

電話
電話

るるるるる
るるるるる
るるるるる

任天堂上村

何『リコー』から電話?

リコー

いつもお世話になっております。
上村部長ですか?

お久ぶりです。
実は、お電話させて頂いたのは『上村部長』に少しご相談したいことがあるんですよ。

 

任天堂上村

ご相談?

はい、実は弊社は『大阪府池田市』に『半導体工場』を作ったのです・・

ご興味があれば、是非見学に来て頂きたいのですよ。

工場

任天堂上村

ほう、『リコー』さんが大阪に『半導体工場』を?

はい、『半導体需要』が拡大してますから
弊社も最新の設備を投入した『カスタムIC専用工場』を建設したんですよ。

CPU

任天堂上村
任天堂上村

・・・

わかりました、是非お伺いさせて頂きたます。

 

そうですか、ありがとうございます。

是非『上村部長』のお越しをお待ちしております。

 

弊社の『エンジニア達』も『上村部長』とまたお会いできることを楽しみにしていると思いますよ。

エンジニア

任天堂上村

そうですか。
宜しくお願いします。

電話

ちん

任天堂上村
任天堂上村

またお会いできること?

『リコー』さんと会ったことあったかなー?

 

『リコー』との出会い

『任天堂』の『開発第二部』の『上村部長』チームは、
早速『リコー』からの誘いで『リコー』の『半導体工場』を訪れたんだ。

リコー

『リコー』の『半導体工場』は『任天堂』の本社がある京都市から
車で『名神高速道路』を乗れば、1時間で到着する場所に会ったんだ。

リコー

『上村部長』わざわざ、ご足労頂きましてありがとうございます。

任天堂上村
任天堂上村

いえいえ、

『リコー』さんが最新の『半導体工場』を作られたということなので興味がありましてね。

 

いやー、実は今『半導体』を使った新しい商品を企画中なんですよ。

ゲーム開発

そうなんですか、それはよいタイミングかもしれませんよ。

 

弊社の『半導体工場』は最新の設備を投入しておりますから、
御社の要望に応えられるかもしれませんよ。

 

任天堂上村

そうですか、楽しみですねー。

それでは、『工場』をご紹介させて頂きますのでどうぞこちらへ。

『上村部長』チームは、『リコー』の『半導体工場』を見て回ったんだ。

工場

任天堂上村

この『工場』はいつ立ち上げたんですか?

はい、1981年ですよ。

それまでは、弊社『複合機』の『感光紙工場』だったんですよ。

 

『感光紙工場』は、福井に新しい工場を作ったんで、

それで、空いた土地に、今需要が高まっている『半導体』を作る『工場』を作ろうとなったんですよ。

CPU

任天堂上村
任天堂上村

なるほど、そうしますと『半導体工場』の『技術者』は
どうされたんです?

 

急に『半導のエンジニア』は集まらないでしょう?

 

はい、実はそれで『上村部長』に合わせたい人たちがいるんですよ。

任天堂上村

合わせたい人たち?

はて?

まあ、弊社の『エンジニア』を紹介しますから、
『設計事務所』へご紹介しますよ。

ここが我社の『設計事務所』です。

まで、建設されて間もないので『プレハブ』ですけど。

エンジニア』の人たちを呼んできますね。

 

『リコー』の『半導体工場』は、まだ建設されて間もないため
『半導体』ぼ『設計事務所』は『プレハブ 2 階建て』にエンジニア達が『製図盤』を置いて仕事をしている最中だったんだ。

『リコー』の『エンジニア』との再開

弊社の『エンジニア達』を紹介します。

 

工場長の『浅川』と『半導体ロジックのリーダー』の『八木』です。

 

任天堂上村
任天堂上村

あー『浅川』さん『八木』さん
お久しぶりです。

 

三菱

あー『上村部長』でしたかー。
お久しぶりですね。

実は、『リコー』の『半導体工場長』の『浅川』さんと『現場リーダー』の『八木』さんとは初対面じゃなかったんだ。

初対面じゃない?

そう『任天堂・開発2部』の『上村部長』チームは、1970年代に

 

『浅川』さん『八木』さん達と共同で
『家庭用ゲーム機』の開発をしていたんだよ。

家庭用ゲーム機

任天堂上村

確か、その時は『任天堂』が共同開発した時は
『三菱電機』だったような?

そう『浅川』さん『八木』さんは『三菱電機』の『エンジニア』だったんだよ。

三菱

任天堂上村
任天堂上村

『家庭用ゲーム機』開発では、お世話になりました。

お二人共『三菱』から『リコー』さんへ移られたんですか?

 

三菱

そうなんですよ。

いやー『リコー』さんから新しい『半導体工場』を今度、
『池田』に建設したいから是非立ち上げに協力してくれないかって
誘われましてね。

リコー

三菱

これは、チャンスだと思いまして。

当時の『三菱』の『開発チーム』がまるごと
『リコー』さんにお世話になることになったんですよ。

人々

任天堂上村

そうなんですか。

『浅川』さん『八木』さんが所属していた、
『三菱電機』の『伊丹事業所』は、
『リコー』の『池田工場』から『車で』で30分くらいのところにあるんだ。

『上村部長』チームと共同開発していた

『三菱電機』の開発チームが、チームごと『リコー』の『池田工場』に『スピンオフ』してきていたんだよ。

工場

おー、なんたる偶然。

任天堂上村

『浅川』さん『八木』さんが、『リコー』さんにいれば心強いですね。

三菱

ありがとうございます。

 

いやー実は『半導体工場』を立ち上げたのはいいのですが

なんせ、うちは『大手半導体会社』さんと違って
後発の『新規参入組』なんですよね。

リコー

三菱

最新の設備を導入したのはいいのですが、
お客様を探すのに苦労しているんですよ。

 

任天堂上村
任天堂上村

そうなんですか

 

いやー弊社も『半導体』を使った『新しい商品』を企画中なんです。

 

でも、なかなか『大手の半導体メーカー』さんには
取り合ってもらえなくて困っていたところなんですよ。

 

日立

 

東芝

 

NEC

三菱

そうなんですか。

いやー我社の『工場』は最新の設備が整ってますし
『スタッフ』も『大手に負けない人材』が揃ってますよ。

人々

三菱

工場の稼働もまだ10%程度ですから。
御社のために、ご協力できるよ思いますよ。

任天堂上村
任天堂上村

そうですか、それは頼もしいことです。

 

いやー実は我々チームは『家庭用ゲーム機』の開発をしようと思っているんですよ。

ファミコン(ファミリーコンピューター)

三菱

ほう『家庭用ゲーム機』を

任天堂上村
任天堂上村

はい、それで目標に上げているのが
『アーケードゲーム』の『ドンキーコング』を
家でも遊べるようにしたいんですよ。

 

三菱
三菱

おー御社の『ドンキーコング』を面白いですよね。
我々スタッフもゲーマー揃いでしてね。

 

なるほど『アーケードゲーム』の『ドンキーコング』を
家で遊べるようにですね。

ドンキーコング

三菱

それは、面白そうですね。
挑戦する甲斐がありますね。

任天堂上村

そうですか、それなら是非ご協力お願いしたいですね。

これが『任天堂』と『リコー』が共同開発して
『家庭用ゲーム機』をつくるきっかけになったんだ。

すごい偶然だねー。

そうなんだ

『三菱電機』との『家庭用ゲーム機』の共同開発では
素人同然だった『任天堂・開発2部』に『半導体設計』を基礎から教えてくれたのが
『三菱のスタッフ達』だったんだ。

任天堂・ブロック崩し

そして『リコー』の『半導体工場』には『最新の設備』が設置されていて
しかも立ち上げて間もない『工場』だから
『任天堂』の『家庭用ゲーム機の半導体』を製造できる十分なキャパも残っているしね。

ファミコン(ファミリーコンピューター)

なにせ、その後6000万台出荷することになるからね。

『三菱のエンジニア』といえば当時、『半導体業界』のトップクラスの能力ももつ人材なんだ。

特に、リーダーの『八木』さんはチームの中でも
雲の上の人、別次元の能力をもった人と言われていたんだ。

神だね。

この『八木』さんの能力が

 

『ファミコン』を別次元の『家庭用ゲーム機』へと
押し上げることになるとは・・・

 

『任天堂』の『山内社長』と『リコー』の会見

『任天堂』本社の『社長室』

任天堂上村
任天堂上村

『山内社長』、やっと『家庭用ゲーム機』の開発メドがたちましたよ。

任天堂山内社長
任天堂山内社長

なに、ほんまかー

任天堂山内社長

確か大手メーカーさんから断られって言ってなかったかね?

任天堂上村

はい、そうなんですけど。

実は、大阪でいい『半導体工場』を見つけたんです。

工場

任天堂山内社長

何ー、それは吉報

任天堂山内社長

上村くん、直ぐにその『工場』の『担当者』を呼んでくれ。

任天堂上村

わかりました。

『任天堂』の『山内社長』と『リコー』『工場長』との会見

三菱

『リコー池田工場長』の『浅川』と申します。
この度は、わざわざ『山内社長』にお時間を頂きましてありがとうございます。

リコー

任天堂山内社長
任天堂山内社長

いやいや、上村くんから
いい『半導体』が手に入りそうだと聞きましてね。

 

大手さんは、みんな及び腰でねー
困っとったんですわ。

 

任天堂山内社長
任天堂山内社長

それに以前、弊社の若いもんが、浅川さんたちに『技術』を教えて頂いて

ようやく『技術者』として一人前にさせてもらったと言ってましたんや。

三菱

いえいえ、私達も『任天堂』さんのスタッフ達の熱意には関心されられましたよ。
こうして、またお会いできたのも何かの縁ですかね。

 

任天堂山内社長
任天堂山内社長

そうですな。

『上村』から聞いてると思いますやけど

 

今度、弊社から『家庭用ゲーム機』を作ろうと思ってますんや。
まあ、いろんな会社さんがゲームつくってますから。

 

うちは『家庭用ゲーム機』では後発になりますんけどな。

カセットビジョン

任天堂山内社長
任天堂山内社長

『上村』くんなら、他にない『任天堂』らしい『家庭用ゲーム機』を作ってくれると思ってますねん。

 

是非、御社の協力が必要なんですわ。

 

三菱
三菱

はい、『上村部長』からは、
是非『アーケードゲーム』の『ドンキーコング』を家でも遊べるようにしたいと
言っておられましたよ。

 

いやー、実は弊社も『エンジニア達』も『ゲームマニア』が多いんですよ。

弊社の『ドンキーコング』も遊ばせてもらってますよ。

ドンキーコング

任天堂山内社長
任天堂山内社長

そうですか、いやー。
『リコー』さんもゲーム好きとはなによりです。

 

やっぱり、モノづくりは好きもの同士が、
一緒に作らんといいものできまへんからなー。

 

三菱

そうですね、
私達も、御社のゲームが作れることを楽しみにしているんですよ。

 

任天堂山内社長
任天堂山内社長

そうですかー。

いやー、是非お願いしたいですなー。

 

『任天堂』らしい『ゲーム』を是非我社とつくりましょうや。

任天堂ロゴ

 

リコー

 

三菱

はい、是非宜しくお願いします。

こうして『任天堂』の『山内社長』と『リコー』の『浅川工場』との会見はノリノリで終了したんだ。

山内社長

『山内社長』からの『ゴーサイン』が出た

『任天堂・開発2部』はいよいよ、『家庭用ゲーム機』『ファミコン』の開発に乗り出す。

ファミコン(ファミリーコンピューター)

今回はここまで、
次回は、『上村部長』チームは『リコー』と共同で
『家庭用ゲーム機』の開発を進めることになるのだが、

 

ここで『上村部長』は、大きな選択に迫られることになる。

それは、『CPU』を何に選択するかだったんだ。

 

『部下』かから反対されながらも、『上村部長』が選択したものは・・・

第3回『ファミコン』のCPUはどうする?『上村部長』の選択 – 『ファミコン』誕生物語
第3回『ファミコン』のCPUはどうする?『上村部長』の選択 – 『ファミコン』誕生物語 ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き 今回は 『ファミコン』のCPU...

ご閲覧ありがとうございました。

『ファミコン』誕生物語シリーズ

第1回『ファミコン』のはじまり– 『ファミコン』誕生物語
第1回『ファミコン』のはじまり– 『ファミコン』誕生物語 マリオ ご訪問ありがとうございます。 今回は1980年代に大ブームとなった『家庭用ゲーム機』 『ファミコン』の誕生物語 をご紹介します。 ...
第2回『リコー』との出会い – 『ファミコン』誕生物語
第2回『リコー』との出会い – 『ファミコン』誕生物語 ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き 今回は 『リコー』との出会い – 『ファミコン』誕生物語 をご...
第3回『ファミコン』のCPUはどうする?『上村部長』の選択 – 『ファミコン』誕生物語
第3回『ファミコン』のCPUはどうする?『上村部長』の選択 – 『ファミコン』誕生物語 ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き 今回は 『ファミコン』のCPU...
第4回『ファミコン』のCPUは・・『上村部長』の決断 – 『ファミコン』誕生物語
第4回『ファミコン』のCPUは・・『上村部長』の決断 – 『ファミコン』誕生物語 ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き 今回は 『ファミコン』のCPUは・・...
第5回CPU『MOS6502』の誕生 – 『ファミコン』誕生物語
第5回CPU『MOS6502』の誕生 – 『ファミコン』誕生物語 ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き 今回は 『ファミコン』で採用された、CPU『MOS6...
第6回『ファミリーコンピューター(ファミコン)』は、こうして名付けられた– 『ファミコン』誕生物語
『ファミリーコンピューター(ファミコン)』は、こうして名付けられた ご訪問ありがとうございます。 今回は、『ファミリーコンピューター』(通称:ファミコン)は、こうして名付けられたをご紹介します。 『...
第7回トラブル続きの『ファミコン』発売 –『ファミコン』誕生物語
第7回トラブル続きの『ファミコン』発売 – 『ファミコン』誕生物語 ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き 今回は 第7回トラブル続きの『ファミコン』発売 ...
第8回『ファミコン』最大の危機『ベースボール』の消える魔球事件– 『ファミコン』誕生物語
第8回『ファミコン』最大の危機『ベースボール』の消える魔球事件– 『ファミコン』誕生物語 ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き 今回は 『ファミコン』最大の...
第9回ファミコンの誕生に大きな影響を及ぼしたゲーム機は?~ファミコン』誕生物語~
第9回ファミコンの誕生に大きな影響を及ぼしたゲーム機は? ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き 今回は 『ファミコン』の誕生に大きな影響を及ぼした『ゲーム機...
第10回『任天堂』『理想のゲーム機』との出会い– 『ファミコン』誕生物語
第10回『任天堂』『理想のゲーム機』との出会い– 『ファミコン』誕生物語 ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き 今回は 『任天堂』『理想のゲーム機』との出会...
第11回『ゲーム&ウオッチ』が大ヒットの秘密 そして、なぜ『任天堂の『山内社長』は『ファミコン』の開発を決断したのか?(その1)
『ゲーム&ウオッチ』が大ヒットの秘密 そして、なぜ『任天堂の『山内社長』は『ファミコン』の開発を決断したのか?(その1) ご訪問ありがとうございます。 前回のページ ...
第12回なぜ『任天堂』の『山内社長』は『ファミコン』の開発を決断したのか?(その2)– ファミコンの誕生物語
なぜ『任天堂』の『山内社長』は『ファミコン』の開発を決断したのか?(その2)– ファミコンの誕生物語 ご訪問ありがとうございます。 前回からのページ 今回は なぜ『...
ファミコン誕生物語 ~『ファミコン』のはじまり~
ファミコン誕生物語 ~『ファミコン』のはじまり~ ご訪問ありがとうございます。 前回の続き 今回は 『ファミコン』誕生物語 をご紹介します。 ...
タイトルとURLをコピーしました