シューティングゲーム X68000

X68000から生まれた、ZOOMの傑作アクションゲーム、ジェノサイド

X68000 ジェノサイドシューティングゲーム

X68000から生まれた、ZOOMの傑作アクションゲーム、ジェノサイド

今回はX68000から生まれた

ZOOMの傑作アクションゲーム、ジェノサイドをご紹介させて頂きます。

p「最後に紹介するビキニアーマー美女は、当時、アテナと双璧の人気を誇った、マドゥーラの翼だよ。」 (さいごに紹介するビキニアーマー美女わ、とうじ、アテナと双璧のにんきを誇った、マドゥーラの翼だよ。)

X68000・サイトマップのご紹介

X68000のサイトマップをご紹介します。

X68000・名作・全ゲーム・サイトマップのご紹介

TOPゲーム機PCゲーム機AC)│名作│テーマ│メーカー

PC> │PC98PC88X68000MSX

X68000のまとめ
名作
全ゲーム
まとめ名作(34本)・全ゲームタイトル(520本)
ジャンル別SLG│STG│RPG│AVG│PZL│TBL│格闘│レース
発売年順87年│88年│89年│90年│91年│92年│93年
94年│95年│97年
18禁【18禁アダルト】名作・全ゲームタイトル
シャープ系(X68000、X1、MZシリーズ)の名作ゲーム
コラム
ACT
STG

X68000 | 中古・新品通販の駿河屋

X68000の登場

家庭用機やアーケードに比べ、著しくアクションに不向きなハードだった1980年代後半のパソコン

 

RPGやアドベンチャーゲームの台頭で、斜陽化しつつあったパソコンのアクションゲーム事情は、

 

でも、X68000の登場で一変するんだ。

 

そうパソコンのアクションゲームが、アーケードに追いついた日なんだ。

X68000

X68000

名機X68000を代表するオリジナル作品、ジェノサイド

たとえば、ファミコンのスーパーマリオブラザーズや、メガドライブのソニック・ザ・ヘッジホッグのように、

 

どんな機種にもその象徴的存在と言える一作があるものだよね。

 

1980年代の最強のホビーパソコンである、X68000の場合、それは紛れもなくジェノサイドなんだ。

ジェノサイド

X68000の生まれた日

X68000は、1987年、グラディウスの完全移植版という目のくらむような付属ソフトを引っ提げて、

 

アーケード基板に匹敵する性能を売りに、彗星のごとくデビューしたんだ。

 

以降発売されたゲームソフトの大半もアーケード他機種からの移植作品で、そのほとんどが素晴らしい出来栄えだったため、

 

長きにわたって、ゲームセンターのゲームが自宅でできることが、X68000のアイデンティティとなっていたんだ。

 

X68000

X68000にとってのオリジナルゲーム不在の時代

でも、X68000オンリーのオリジナルゲームは、なかなか登場することがなかったんだ。

 

そして、オリジナルゲームの不在の時代は、約二年にわたって続くことになるんだ。

 

いえ、正確にいうと、この約二年間にに出たオリジナル作品はというと、サンダーフォースIIと、D-RETURN

シューティングゲームの2本だけだったってことになるね。

サンダーフォースII

X68000にジェノサイドの登場

そんな状況下に、ZOOMなる新参メーカーから突如、

ジェノサイドがリリースされたんだ。

 

この作品は、思いがけない手応えと、完成度を実現したオリジナル作品として、

X68000ユーザーから一躍大絶賛を浴びることになるんだ。

 

そして、ジェノサイドとそれを作り出した、ZOOMは、

 

アーケードゲームの移植に勝るとも劣らない、X68000のオリジナルゲームが現れたとして、不動の評価を手に入れることになるんだ。

ジェノサイド

ZOOMのプライド、X68000 ONLY

ジェノサイドを作りあげた、ZOOMにはなみならむX68000への思いがあったんだ。

 

それが、もっとも現れているのが、

ジェノサイド発売直後に、一度だけ出た 雑誌広告において

 

X68000 ONLY

 

の文字がが躍るように強調されていたことだね

 

他機種で遊べないという、ZOOMからの強いメッセージが見て取れるコピーだね、

 

ZOOMにとって、人気のPC98や、アーケードゲームからの移植ではなく、X68000で最も面白く遊べるゲームが、ジェノサイドであり、

 

X68000のために作られたことが、象徴的存在たる必須要件だったんだ。

 

ジェノサイド

X68000のゲームを作るために生まれた、ZOOM

この強いメッセージには、ZOOM創業のきっかけが込められていて

 

開発陣は、X68000を使って面白いことがしたいという勢いと、情熱だけでZOOMの御旗の下に集い

 

ゲーム制作の知識など全くない状態からジェノサイドを作り上げたという、会社結成の歴史が込められているんだ。

 

 

だからZOOMは、X68000ひと筋なのだ。

 

その情熱のほとばしりは、ゲーム性よりもむしろオーディオとビジュアルに色濃く-にじみ出ているんだ。

 

X68000

ジェノサイドのストーリー

ここので、ジェノサイド世界観に浸れるように、作品のストーリーを紹介させて頂きます。

ジェノサイド

2121年、人類は多くの問題を抱えていた。

 

大量の破壊兵器・増えつづけた人口・国際的なテロ・国家間の極端な貧富の差・・・これら問題を解決する為にある計画が実現に向かう。

 

地球上すべての国家をある1つのコンピュータによって統括しようという大胆な計画。

そしてその中央処理装置はMESIAと呼ばれていた。

 

2172年、人類の救世主とされるMESIAはついに稼働を開始。

 

2221年にはすべての国家の政治・経済・生活管理・治安を初めあらゆる項目が、MESIAの管理下に入った。

 

2227年、MESIAの指導に従わなかったとして南太平洋の島が消滅した。MESIAによる人類支配の暴挙が始まった。

 

2228年、MESIAに対向すべく組織された国際平和評議会は技術のすべてをつぎ込みトレーサーと呼ばれる有人バトルマシーンを完成させた。

 

2230年、人類の運命を掛けたファイナルバトルが始まろうとしている。

ジェノサイド

うーん、1980年代末らしい、ターミネーターのような暴走した機械との戦いも物語だね。

ジェノサイドの巨大キャラたち

当時ユーザーたちを何よりも驚かせたのは、

 

巨大なキャラクターたちが、画面狭しと大胆かつスピーディーに闘いを繰り広げるさまだった。

 

発売から時を経た現在のゲームから見ると

 

ジェノサイド

これが巨大?

と映るかもしれないけど、ボスキャラ戦でもないのに、

 

このサイズのキャラクターが動きまくるなど、当時はアーケードでもそうそうお目にかかれない風景だったんだ。

 

剣戟で敵を切り裂け

その迫力とスピード感の中、剣戟で敵を切り裂く。

ジェノサイドでは、剣を主武器に多彩な攻撃スタイルを使い分けるんだけど、

 

言わば、ドラゴンバスター方式のサイドスクロールアクションなのだけど、

このジャンルは当時まだ珍しく、ほかに源平討魔伝や、黄金の城リンクの冒険などあたりが類型として挙げられる程度だったんだ。

ドラゴンバスター

ドラゴンバスターは、

 

ナムコからアーケードゲームとして1985年に登場した、サイドスクロールアクションゲームだよ。

 

かぶと割りや垂直切りといった複雑な技を駆使する、剣戟アクションの元祖だよ。

 

実際ジェノサイドは、雑誌などでSF版の源平討魔伝、などと評されたりもしていたね。

 

ともかくもパソコンでは、初登場のジャンルだったんだ。

源平討魔伝 X68000

X68000史上屈指の難易度、でも面白い

この作品は全部で6ステージ。

 

プレイすると、のっけから敵の硬さに驚かされることになるよ。

 

ジェノサイドは、X68000史上屈指の難易度で知られていて、

特に最終ボスの凶悪さは筆舌に尽くしがたいほどだよ。

 

そして、動きはスピーディーでも、プレイには慎重さが求められる。

 

剣を主武器に……と書いたけどステージ3からはオプションの兵装ベティが使用可能になり、プレイ感覚ががらりと変わるんだ

 

このベティが、この作品における唯一のパワーアップであり、

その存在こそが、ジェノサイドを単なるSF版源平討魔伝で終わらせない、より戦略性の高いゲームに仕立てているよ

 

ジェノサイド

この兵装ベティを表現すると

 

傑作シューティングゲームのR-TYPEのフォースを全方位に飛ばせるようにし、

 

さらに、ボタン押しっ放しでパワーチャージできるようにした、強力無比な代物なんだ

 

これと剣との使い分けが、後半戦の醍醐味でもあるんだ。

 

でもまあ、醍醐味なんて余裕こいていられるのは、4面ボス前くらいまでかも・・・・

 

ここからは、あらゆくテクニックを駆使した戦へと挑むことになるよ・・

ジェノサイド

ジェノサイドの音と映像のインパクト

この頃の雑誌にはジェノサイドの演出は、

 

アーマードビキニ美女ゲームとして人気だった、夢幻戦士ヴァリスに似ていると書かれたりもしたね。

夢幻戦士 ヴァリス

 

でも、プレイ感覚は全く違う感じだし、

スコアという概念が存在しないから、ステージ間に長尺のビジュルアデモがあるなど、演出面には類似性があるかもしれないね。

 

デモはヴァリスのような凝ったアニメーションではなく

あくまでテキスト主体だったけど、

 

主人公の竜ヶ崎健と、自機ニューロコンピュータのランディの人間味あるやりとりが、いい味を出していたね。

 

このあたりはパソコンゲームらしい部分だね。

 

またこれがあるからこそ、

ステージ5ボス・ブラッドショー(生身で主人公機と互角に戦う!)の存在が光ってくるんだ。

 

ジェノサイド

 

X68000の力を存分に引き出した、

グラフィックスとサウンドもまた、ジェノサイドの評価を不動のものとした大事な要素だね。

 

士郎正宗風の重厚でスタイリッシュなメカデザインは、同時代のパソコンゲームと一線を画するものだったし、

ジェノサイド

 

人間を砕くサウンドと広告に銘打たれた、

FM音源とPCMサウンドは、
豪快さとキャッチーさを兼ね備えた聴き応え満点のサイバー・ロックだったよね。

 

これは、X68000作品としては、初めてサントラCD化を実現している。

 

かくしてジェノサイドは、シャープPCの専門雑誌だった、

Oh!X誌のGAMEOFTHEYEARにおいて、5部門にわたって上位3位内入賞という快挙を成し遂げたんだ。

ジェノサイド

ZOOMのX68000時代

ZOOMは、札幌市に拠点を置く会社で、

 

2000年代中盤以降はダウンロード作品を中心に活躍中だ。

ZOOM

彼らは設立当初とにかく、X68000でソフトを5本出すと目標を立て、それを5年かけて実現したんだ。

 

以降は、FMTONWSや、スーパーファミコンに手を広げ、さらにプレイステーションの、ゼロディバイドシリーズで、コンシューマでもマニア人気を獲得したんだ。

 

しかしZOOMファンは口をそろえて、

ZOOM X68000

X68000時代こそ、が一番熱かった!

という。

 

毎度ジャンルを変えて攻めるアグレッシブさ、卓抜したセンスと技術力、

 

そしてマニュアルなどに見られる、お遊び全開のフレンドリーさが、

 

次は何をやらかしてくれるのかと、いやが上にも期待を高めさせてくれた集団だったね。

ZOOM

ジェノサイド以降のZOOM作品

ジェノサイド以降のZOOM作品としては

 

1990年には、Lagoonを発売。

ジェノサイドほどの評価は得られなかったけど、ポテンシャルは感じられるアクションRPGの佳作だよ。

 

翌年には、シューティングゲームの、ファランクスと、ジェノサイド2を発表。

ファランクス

どちらもバランスの取れた秀逸な作品で、

特に後者は、ジェノサイドの欠点をすべて払拭したうえで、あらゆる次元でのグレードアップを遂げている。

 

ただ荒削りなところがなくなった分、多少地味な印象を与えてしまっているのがもったいないところではある。

ジェノサイド2

翌年には、レーシングゲームの意欲作オーバーテイクを発売。

 

これは、X68000時代の総決算と呼ぶにふさわしく、持てる技術を総結集させているよ。

 

またF1モノでは初めて、ドライバー名をすべて公式に実名で表記するという快挙を遂げているね。

オーバーテイク X68000

その後のZOOM

最後に、X68000ユーザーを湧かせてくれた、その後のZOOMについて少し紹介させて頂きます。

 

パソコンゲームメーカーは、1990年代中頃になると、家庭用ゲーム市場へと活路を導く場合が多いんだけど、ZOOMの場合は

 

1993年4月には、イマジニアとの提携を強化すべく、2社共同出資でイマジニアズーム株式会社が設立したんだけど、

 

2年後の1995年1月に、業績不振のためイマジニアズームは解散となったよ。

ZOOM

X68000のオリジナルゲーム最盛期に生まれて、

X68000と共に消えていった、

 

思い出深い集団だったね。

X68000

X68000

ありがとう、ZOOM

 

ZOOM

今回はここまでご閲覧ありがとうございました。

 

下のリンク先にX68000の名作・全ゲームタイトルのご紹介もありますのでご興味のある方は是非ご参照ください。

X68000・サイトマップのご紹介

X68000のサイトマップをご紹介します。

X68000・名作・全ゲーム・サイトマップのご紹介

TOPゲーム機PCゲーム機AC)│名作│テーマ│メーカー

PC> │PC98PC88X68000MSX

X68000のまとめ
名作
全ゲーム
まとめ名作(34本)・全ゲームタイトル(520本)
ジャンル別SLG│STG│RPG│AVG│PZL│TBL│格闘│レース
発売年順87年│88年│89年│90年│91年│92年│93年
94年│95年│97年
18禁【18禁アダルト】名作・全ゲームタイトル
シャープ系(X68000、X1、MZシリーズ)の名作ゲーム
コラム
ACT
STG

X68000 | 中古・新品通販の駿河屋

X68000関連ページのご紹介

X68000の名作(34本)・全ゲームタイトル(520本)のご紹介
X68000の名作(34本)・全ゲームタイトル(520本)のご紹介
X68000の名作(34本)・全ゲームタイトル(520本)のご紹介 ご訪問ありがとうございます。 このページでは90年代前後に活躍した名機、X68000の名作・全ゲームタイトルをご紹介します。 ...
名作・全ゲームタイトルのジャンル別・発売順のご紹介
【X68000・ジャンル別】名作(34本)・全ゲームタイトル(520本)のご紹介
【X68000・ジャンル別】名作(34本)・全ゲームタイトル(520本)のご紹介 ご訪問ありがとうございます。 このページではゲームジャンル別にX68000の名作・全ゲームタイトルをご紹介させて頂きま...
【X68000・発売順】名作(34本)・全ゲームタイトル(520本)のご紹介
【X68000・発売順】名作(34本)・全ゲームタイトル(520本)のご紹介 ご訪問ありがとうございます。 このページでは90年代前後に活躍した名機、X68000の名作・全ゲームタイトルをご紹介します...
【18禁アダルト】名作・全ゲームタイトルのご紹介
【X68000・18禁アダルト】名作(5本)・全ゲームタイトル(150本)のご紹介
【X68000・18禁アダルト】名作(5本)・全ゲームタイトル(150本)のご紹介 ご訪問ありがとうございます。 このページではX68000の18禁(アダルト)ゲームの名作(5本)・全ゲームタイトル(...
シャープパソコン(X68000、X1、MZシリーズ)の名作ゲームのご紹介
【シャープ・X68000、X1、MZ系】名作ゲームタイトル(89本)そして18禁(アダルト)名作ゲーム(5本)のご紹介
【シャープ・X68000、X1、MZ系】名作ゲームタイトルのご紹介 ご訪問ありがとうございます。 シャープのPC(X68000、X1、MZ系)の名作ゲームタイトル一覧のご紹介させて頂きます。 ...
X68000から生まれた、オリジナルシューティングゲームたちのご紹介
X68000から生まれた、オリジナルシューティングゲームたち ~SHARPが生んだ至高の国産PC、X68000~
X68000から生まれた、オリジナルシューティングゲームたち ~SHARPが生んだ至高の国産PC、X68000~ ご訪問ありがとうございます。 今回はX68000から生まれた、オリジナルシューティングゲーム...
X68000の名作シューティングゲームのご紹介~アーケードSTGとオリジナルSTG~
X68000の名作シューティングゲームのご紹介 ~X68000のアーケードSTGとオリジナルSTG~ ご訪問ありがとうございます。 このページではX68000の人気ゲームジャンルのひとつシューティン...
ZOOMの傑作アクションゲーム、ジェノサイドのご紹介
X68000から生まれた、ZOOMの傑作アクションゲーム、ジェノサイド
X68000から生まれた、ZOOMの傑作アクションゲーム、ジェノサイド ご訪問ありがとうございます。前回からの続き 今回はX68000から生まれた ZOOMの傑作...

【ハード別(家庭用・据置・携帯・PC・周辺機器)】ゲーム関連サイトマップのご紹介

【ハード別(家庭用・据置・携帯・PC・周辺機器)】ゲーム関連のサイトマップをご紹介します。

サイトマップ

TOPゲーム機PCゲーム機AC)│名作│テーマ│メーカー

PC・ゲーム機TOP > PC家庭用据置携帯

【ジャンル別】TOP>│RPGAVG格ゲーSTG│SLG│ACT│レーススポーツ
TBL(麻雀)│海外

プレイステーション アイコン PSハード別家庭用据置携帯)│ACPC周辺機器
【任天堂】FCFDSSFCN64GC│Wii│WiiU│Switch
【SONY】シリーズPSPS2PS3PS4
セガMD│SS│DC
NECPCEPCFX【SNK】NEOGEO3DO
任天堂(G&WGBGBA│NDS│3DS)
Sony(PSPPSVita
ネオジオポケット ワンダースワン ゲームギア
NECPC98PC88【SHARP】X68kX1MZ
【富士通】FMTOWNS77AVFM7
【その他】MSXAppleII
アーケード80年代90年代2000年代
周辺機器

周辺機器まとめコントローラーゲーム機別アケコン

ジャンルACT│RPG│AVG格ゲーSTG│SLG│
TBL(麻雀
メーカー任天堂│コーエー│カプコン│ハドソン│セガ

駿河屋スタッフ募集中

Kopenginサイト関連ページのご紹介

Kopenginサイト関連ページをご紹介します。

【名作ゲーム】全名作ソフト(500本以上)のご紹介│まとめ│ファミコン、ゲームボーイ、PC98 、RPGなど

【名作ゲーム】全名作ソフト(500本以上)のご紹介│まとめ│ファミコン、ゲームボーイ、PC98 、RPGなど
名作ゲームタイトルのご紹介│まとめ│ ~ファミコン、ゲームボーイ、PC98 、プレイステーションなど~ 訪問ありがとうございます。 このページではPCや家庭用ゲーム機の名作ゲームソフト(500本以上)をご紹...

PC・家庭用・アーケードゲーム・周辺機器のご紹介│まとめ│

PC・家庭用・アーケードゲーム・周辺機器のご紹介│まとめ│
ゲーム周辺機器のご紹介│まとめ│ ご訪問ありがとうございます。 今回は、PC・家庭用・アーケードゲーム・周辺機器についてご紹介させて頂きます。

名作ゲームのご紹介│まとめ│家庭用ゲーム・PC・アーケードなど

名作ゲームのご紹介│まとめ│家庭用ゲーム・PC・アーケードなど
名作ゲームのご紹介│まとめ│ ~家庭用ゲーム・PC・アーケードなど~ 訪問ありがとうございます。 今回は、名作ゲームソフトをご紹介させて頂きます。 据え置き機・名作ゲームのご紹介│まとめ│...

ジャンル別ゲームタイトルのご紹介│まとめ│

ジャンル別ゲームタイトルのご紹介│まとめ│
ジャンル別ゲームタイトルのご紹介│まとめ│ ご訪問ありがとうございます。 今回は、ジャンル別にゲームタイトルをご紹介させて頂きます。
タイトルとURLをコピーしました