MSX

【MSX】懐かしいMSXの誕生~80年代の夢のホビーパソコン~

MSXの誕生MSX

【MSX】懐かしいMSXの誕生

~1980年代の夢のホビーパソコン~

ご訪問ありがとうございます。

今回は、1980年代に、パソコンの統一規格として生まれた、懐かしいホビーパソコン、MSXの誕生についてご紹介させて頂きます

 

MSX LOGO

MSX・サイトマップのご紹介

MSXのサイトマップをご紹介します。

MSX LOGO

MSXのサイトマップ

TOP > PC│ゲーム機│名作ゲーム│ジャンル│テーマ│メーカー

PC> │PC98PC88X68000MSX

MSXのまとめ
名作
全ゲーム
まとめ名作(56本)全ゲームタイトル(721本)
規格別MSX MSX2
メーカー別コナミ
GRシリーズグラディウス グラディウス2
スペースマンボウ
MSXについてMSXの誕生
初代MSX・MSX2、MSXturboRシリーズの歩み
MSXの機種と当時のCM
MSXに関する動画のご紹介

Youtubeにもこの記事の動画が公開されていますので、ご興味がある方は是非ご参照ください宜しくお願いいたします。

【MSX】懐かしいMSXの誕生~1980年代の夢のホビーパソコン~

ホビーパソコンの、MSXとは、

そもそもMSXって何?

うーんそうだね、シンプルに言うとMSXとは、1980年代はじめに日本で誕生したパソコンの標準規格だよ。

 

MSX

パソコンの標準規格?

そう、なぜこの頃日本でパソコンの標準化が必要だったかというと、

 

このMSXが発表された1980年代はじめの国産PCというのは、メーカーごとに独自規格のパソコンが発売されていて、

 

それぞれに各メーカーや、機種ごとに専用のソフトが必要な時代だったんだ。

NEC

 

シャープ

 

富士通

この頃の大手メーカーといえば、NECやシャープ、富士通などの8ビット御三家時代のことですかね

そうだね、この1980年代初頭には沢山の国産パソコンが発売されていて、

 

この頃登場した国産PCを紹介すると、

 

NECからは、
PC-8800シリーズ(1981年)、

 

PC8800 LOGO

 

富士通からは、
FM-8(1981年)やFM-7(1982年)、

 

そしてシャープからは、
MZシリーズやX1シリーズ(1982年)

 

シャープ X1

 

などが登場した頃なんだ。

それ以外のメーカーも松下電器や日立、そしてソニーなど沢山のメーカーからパソコンが発売されていたんだ。

 

しかもメーカーごとに、専用のソフトウェアが必要だったため、

さらに同じメーカーの新しい機種を購入した場合でも、以前買い揃えていたソフトウェアが対応していないため

 

新しいアプリケーションを買い替え直さないと行けない場合もあったんだ。

 

ひえー、お金がいくらあっても足りないですね。

そうなんだ、この時代のパソコン市場は、沢山のPCが咲き乱れる、

まさに百花繚乱の時代だったんだ。

この頃のパソコンユーザーは大変ですね。

そんなカオス状態のパソコン市場に、これをなんとか変えてゆこうとする人物が現れるんだ。

 

そのひとはこう考えたんだ。

 

パソコンメーカーの枠を越えて同じ規格のマシンを発売できれば、ソフトウェアも共通で利用出来るようになる、

 

それなら多くのエンドユーザーから受け入れられるのではー

 

と考えたのが当時、アスキーとマイクロソフトの幹部だった西和彦さんなんだ。

アスキー 西和彦

西さんといえば、当時のパソコン業界のキーマンのかたですね。

そうだね、この頃のパソコン業界はNECやシャープ、富士通の三強時代へと突入していて、

 

それ以外のメーカーはなかなかこの三社に対抗出来ずにいたんだ。

 

そこで西さんは、

 

打倒、8ビット御三家ー

 

の旗のもと松下電器や三菱、そしてソニーをはじめとする日本の家電メーカーやフィリップスなどの海外企業などを次々と巻き込んで、

 

MSXというPCの標準規格を作り上げようとしたんだ。

 

MSX LOGO

MSX規格の発表

MSXという言葉が、初めて世に出たのは1983年6月16日のことで、

 

この日、東京で行なわれたMSX規格の発表記者会見には、マイクロソフトのビルゲイツとアスキーの西さんに加えて、

 

西和彦 ビル・ゲイツ

 

日本の大手家電メーカーが、14社も出席するという、豪華な顔ぶれでの発表だったんだ。

SONY ソニー

松下 ナショナル

おー、錚々たるメンバーですね。

日本のモノづくりを支える企業たちが、当時まだ若干27歳の若者だったビルゲイツと西さんのもとに集結するという、なんとも歴史的な瞬間だったんだ。

ビル・ゲイツ 西和彦

大企業相手に20代の若者が旗振り役とはすごいですね。

MSXに対抗しようとした、あの人の登場

ところがこの発表会に異議を唱えた人物が現れるんだ。

MSX規格に反対ってこと?

そうなんだ、この人物の主張はというと

西さん、このPC規格ではソフトウエアメーカーに、多額のロイヤリティーを請求する契約になっています、

 

今回の目的はパソコン市場の健全な発展を図るための、標準化のはずです

 

このままの規格条件では、MSX規格による提携を認めるわけにはいかないーー

 

と、それこそ激おこぷんぷんのその人物とは、

 

当時まだ若干25歳だった日本ソフトバンクの孫正義さんなんだ。

ソフトバンク 孫正義

おー、孫さんー

そしてソフトバンクの孫さんは、なんとMSX陣営に参加しなかった他の日本のメーカーを担ぎ出して、

こうなったら、MSXに対抗した独自規格を作ってやるー

ソフトバンク 孫正義

と宣言したんだ。

 

これではMSXは統一規格どころか、当時ビデオデッキで巻き起こっていた、VHSとベータのような仁義なき戦いを繰り返すことにもなりかねない状態だったんだ。

VHS VS ベータ

この1980年代はじめのビデオ戦争では、ベータ規格のソニーが敗北して日本ビクターのVHSが勝利しました。

この孫さんの決起にMSXの先導役だった西さんは、

孫さん、規格統一についてなんとか話し合いで折り合いをつけましょう。

ということで6月13日からこの2人による水面下でのさまざまなやり取りが行なわれることになるんだ。

 

アスキー 西和彦ソフトバンク 孫正義

 

そしてその10日後の6月27日に、ようやく両者は和解することになり、

 

ようやくMSX規格を一本化することで、話し合いの決着がついたんだ。

 

この時の交渉内容の詳細は明らかになっていませんが、

 

業界筋によるとマイクロソフトに入るロイヤリティを大幅にディスカウントするなど、西さんが大きく譲渡しての合意のようです。

 

そのため

MSXの誕生日はいつなんですか?

と聞かれると、この会談の合意日である6月27日のほうを挙げる人もいるんだよ。

 

この6月16日から26日の深夜にかけての争いは、

後に天才m西と神童、孫の10日間戦争と呼ばれるようになる、伝説の会談としてMSXの歴史に刻まれることになるんだ。

 

MSX LOGO

うーん、なんとか折り合いがついて、無事MSX規格の船出となるんですね。

ようやくこの2人の和解により、パソコン規格が成立すると、

 

いよいよMSX陣営である、各メーカーが動き出すことになるんだ。

 

MSXの始動、記念すべき、第一号の、MSXの発売

そして発表から4ヶ月後の1983年10月に、

 

MSX初のホビーパソコンが発売されることになり、

 

この記念すべきMSX第一号は三菱電機のML-8000なんだ、

三菱電機

MSX ML8000 三菱

おー、MSXの登場ー

このメーカーのマシンの登場によって、ついにこのホビーパソコンの歴史がスタートすることになるんだ。

 

しかしこれだけ大々的に発表されて、並み居るライバルの8Bitパソコンたちを震撼させたこのマシンに、強力なライバルが登場することになるんだ。

任天堂ロゴ

強力なライバル?

1983年、玩具業界から、モンスターマシンの登場

それはこのMSXの本体が発売される3か月前のこと、

 

そう1983年7月15日に任天堂からファミリーコンピュータが発売されたんだ。

ファミコン 任天堂 ファミリーコンピュータ

おー、ファミコンの登場

でも、その後このゲーム業界を震撼させることになるこの家庭用ゲーム機は、

当時メディアからあまり注目されることもなく、静かな滑り出しから始まるんだ。

 

しかしこのファミコンがその後大ブームを巻き起こし、ゲーム業界に大革命を起こすことになるとは、この頃のMSX陣営も知る由もない。

スーパーマリオ

メディアで吹き荒れた、ファミコンとMSXの対決

家庭用ゲーム機のファミコンとホビーパソコンのMSXが発売されると、

やがてその話題性から、少しずつメディアも注目しはじめるようになり、

 

その中でも今でも語られ続けている有名な記事といえば、
あの人気雑誌である週刊少年ジャンプの特集ページが有名なんだ。

週刊ジャンプ

 

ジャンプの特集記事?

そう、その掲載されたページの見出しをご紹介すると、

 

ファミリーコンピュータ VS MSX

 

これ1台でキミのTVがゲーム画面にー

 

キミはファミリーコンピュータ派、それともMSX派?

 

週刊ジャンプ 特集 MSX VS ファミコン

 

としてこの2台のマシンのゲームタイトルを紹介したりして、対決ムードむんむんのページを掲載していたんだ。

 

更にこの特集ページには後日談があるんだ、

 

後日談?

そう、この記事は読者から大評判になり、後に少年ジャンプの愛読者なら一度は読んだことのある、あのファミコン神拳のスタートへとつながってゆくんだ。

 

ファミコン真剣 週刊ジャンプ

 

おー、懐かしいですねファミコン神拳

しかもこの記事のライターは、後にドラゴンクエストの生みの親となる堀井雄二さんで

堀井雄二

 

そして編集担当は人気マンガ家の鳥山明さんをドラクエのキャラクターデザイナーとして紹介することになる、マシリト博士こと鳥嶋和彦さんなんだ。

マシリト博士 Dr.スランプ

MSXとファミコンの人気RPGであるドラゴンクエストが、ここで繋がるとは不思議なめぐり合わせですね。

 

ドラゴンクエスト1 エニックス

 

MSXの抱いた夢とは、

最後にMSXの先導役であるアスキーが発行していた、

MSXマガジンの記念すべき創刊0号に掲載されていた、

 

MSXについての展望やこれから訪れるコンピューターの未来について語られている記事を少しご紹介させて頂きます。

 

MSXマガジン 創刊0号

 

電子の見る夢は、ボク達の見る夢と同じだろうか

 

夢のホビーパソコン、MSXの誕生

MSX LOGO

 

家庭でコンピュータを使うなら、それは値段が手頃で使い方が簡単、そして誰にでも楽しめるということが大切だとMSXは考えています。

 

コンピュータはコンピュータとして扱うのではなく、便利で楽しい、そして誰でも気軽に手に入れることが出来るツールでなければなりません、

 

そのためにこのホームパーソナルコンピュータのMSXという存在が必要なのです。

 

もしキミがこのマシンを手に入れることができれば、
ブラウン管を通して楽しみながら数学や英語の学習、さらにコンピュータのプログラムも学ぶことが出来るようになるでしょう

 

さらに将来は、電話機を通して他のコンピュータと情報交換をしたり、キャプテンやINSといった情報サービスをMSXで受けることも出来るようになります

 

これからMSXがどう変化し進歩するかは、まだ未知の世界ですが、

 

このマシンの存在がコンピュータに対するイメージをもっと身近なものへと導いてくれるでしょう。

 

今MSXは、パソコン時代のひとつの頂点を作り上げようとしています。

MSX

という内容なんだ。

 

その後このホビーパソコンは、1980年代後半に最盛期を迎えることになり、

90年には販売台数が全世界累計で400万台を突破することになるんだ。

MSX パナソニク A1

 

この頃の各MSX専門誌では、

 

夢を乗せてMSX400万台突破ー

 

のキャッチコピーが躍ることになるんだ。

 

しかし1990年代になると、家庭用ゲーム機やWindowsパソコンに、圧倒されるようになり、

そのためMSXを取り巻く環境は、急速に悪化してゆくことになるんだ。

 

そして1995年に最後のMSXマシンとなるFS-A1GTをもって

日本でのMSX規格は終焉を迎えることになるんだ。

 

MSX Turbo R

FS-A1GT パナソニック MSX

 

しかしそれでもユーザーがMSXを愛してやまないのは、

 

ひとえに家庭用ゲーム機のようにゲームを楽しむだけではない、このマシンの持つ様々な魅力にひかれたからだろうね。

 

なぜならこのマシンは、ゲームのカートリッジだけでなく、様々な周辺機器に接続することが出来るマシンであり、

 

オープンでシンプルな規格だったおかげで、ハードやソフトに自分で触れるという楽しみを味わうということが出来たんだ、

 

MSX MSX2

そのためMSXを手に入れたこの頃の少年たちは、自分でプログラムを組むことや様々な機器に接続して遊ぶことに夢中になっていたんだ。

 

やがてこのホビーパソコンでモノづくりの原点を味わった少年たちの多くが、今やIT業界で活躍することになるんだ。

 

今のコンピューターが、複雑で広大な都市空間と例えるならば、

MSXはいわば自分だけの小さな空間のようなもので、

 

そうこのマシンは自由に想像を巡らし、クリエイティブな時間を与えてくれる自分だけの小宇宙なのかもしれないね。

 

MSX2

皆さんもたまには、懐かしいあのMSXを体験してみては如何でしょうー

今回はここまで

 

次回はこの夢のホビーパソコンの初代MSXからMSX2、そしてturboRまでのMSXの歴史をご紹介させて頂きます。

 

【MSX】あの懐かしい初代MSXからMSX2、そしてMSXturboRまでのシリーズの歩み
あの懐かしい初代MSXからMSX2、そしてMSXturboRまでのシリーズの歩み 前回からの続き ご 閲覧ありがとうございます。 今回はあの懐かしい初代M...

 

ご閲覧ありがとうございました

MSX・サイトマップのご紹介

MSXのサイトマップをご紹介します。

MSX LOGO

MSXのサイトマップ

TOP > PC│ゲーム機│名作ゲーム│ジャンル│テーマ│メーカー

PC> │PC98PC88X68000MSX

MSXのまとめ
名作
全ゲーム
まとめ名作(56本)全ゲームタイトル(721本)
規格別MSX MSX2
メーカー別コナミ
GRシリーズグラディウス グラディウス2
スペースマンボウ
MSXについてMSXの誕生
初代MSX・MSX2、MSXturboRシリーズの歩み
MSXの機種と当時のCM
MSXに関する動画のご紹介

MSXについての関連ページのご紹介

MSXのまとめページ

MSXについてのご紹介│まとめ ~MSXマシン、名作ゲームタイトルなど~
MSXについてのご紹介 ~MSXマシン、名作ゲームタイトルなど~ ご訪問ありがとうございます。 このページでは80年代末に最盛期を迎えることになるパソコンの標準規格、MSXについてご紹介させて頂きます。 ...

MSXの歩み

MSXの誕生(83年)から91年までのMSXの歩みをご紹介させて頂きます。

MSX LOGO

【MSX】懐かしいMSXの誕生~80年代の夢のホビーパソコン~
【MSX】懐かしいMSXの誕生 ~1980年代の夢のホビーパソコン~ ご訪問ありがとうございます。 今回は、1980年代に、パソコンの統一規格として生まれた、懐かしいホビーパソコン、MSXの誕生についてご紹...
【MSX】あの懐かしい初代MSXからMSX2、そしてMSXturboRまでのシリーズの歩み
あの懐かしい初代MSXからMSX2、そしてMSXturboRまでのシリーズの歩み 前回からの続き ご 閲覧ありがとうございます。 今回はあの懐かしい初代M...

懐かしいMSXマシンたち

数々のMSXマシンをご紹介させて頂きます。

【MSX】あの懐かしいMSXの機種たちとCM ~ソニー、パナソニック、三菱、日立など~
【MSX】あの懐かしいMSXの機種たちとCM ~ソニー、パナソニック、三菱、日立など~ ご視聴ありがとうございます。 今回は1980年代に活躍した あの懐かしいMSXの機種たちを当時のCMを混...

MSXの名作・ゲームタイトル一覧のご紹介

MSXの名作タイトルの一覧

MSXの名作タイトルの一覧をご紹介します。

グラディウス2 MSX

【MSX名作】MSXの名作ゲームソフト(56本)のご紹介
MSXの名作ゲームソフト(56本)のご紹介 ご訪問ありがとうございます。 今回は80年代後半に最盛期を迎えることになるMSXの名作ゲームソフト(56本)をご紹介させて頂きます。 ...
MSXのゲームタイトルの一覧(約700本)

MSXのゲームタイトルの一覧(約700本)をご紹介します。

コナミ MSX メタルギア

MSXのゲームタイトル(721本)のご紹介 ~初代MSX、MSX2~
懐かしいMSXのゲームタイトル一覧 ~初代MSX、MSX2~ ご訪問ありがとうございます。 このページでは懐かしい MSXのゲームタイトル一覧(721作品)をご紹介します。 ...

コナミの名作・ゲームタイトル一覧

MSXのゲームメーカーとして最も貢献したと言われるコナミの名作・ゲームタイトル一覧を紹介します。

コナミ

MSXのゲームで最も貢献したコナミの名作・ゲームタイトル一覧をご紹介させて頂きます。
MSXのゲームで最も貢献したコナミの名作・ゲームタイトル一覧 ご訪問ありがとうございます。 今回はMSXのゲームで最も貢献したと言われている コナミのゲームタイトル一覧をご紹介させて頂きます。 ...

MSXのグラディウスの世界

MSXで独自の世界観を作り上げることに成功したグラディウスシリーズについてご紹介しています。

グラディウス コナミ

MSX版グラディウスの世界 ~グラディウス、グラディウス2、スーパーマンボウ~
MSX版グラディウスの世界 ~グラディウス、グラディウス2、スーパーマンボウ~ ご訪問ありがとうございます。 このページでは、 アーケード版グラディウスより深い世界観を作り上げることに成功した、MSX...

MSXのおすすめ動画のご紹介

サイト管理者(コペンギン)が制作させて頂きましたYoutubeに公開していますMSXに関する動画を紹介します。

MSX コナミ

MSXに関する動画のご紹介 ~MSXの歴史、名作ゲーム、懐かしい機種たちなど~
MSXに関する動画のご紹介 ~MSXの歴史、名作ゲーム、懐かしい機種たちなど~ ご閲覧ありがとうございます。 このページでは、コペンギンがYoutubeに公開させて頂きました、 MSXに関する動画...

サイトマップのご紹介

サイトをご紹介します。

足りないゲーム機情報は随時更新していきますのでお楽しみに

サイトマップ

TOP > PC│ゲーム機│名作ゲーム│ジャンル│テーマ│メーカー

PC・ゲーム機TOP > PC 据置ゲーム機 携帯ゲーム機

【ジャンル別】TOP>│RPG│AVG格ゲーSTG│SLG│ACT│
TBL(麻雀)

プレイステーション アイコン PSハード別(家庭用据置│携帯│AC│PC)
据え置き機
任天堂FCFDSSFCN64GC│Wii│WiiU│Switch
セガMDSSDC
NECPCエンジンPCFX
SonyPSPS2PS3PS4
SNKNEOGEO3DO
G&W GB GBA NDS 3DS PSP PSVita
ネオジオポケット ワンダースワン ゲームギア
PC・パソコン
NECPC98PC88
シャープX68000X1MZ系
富士通FMTOWNS77AVFM7
その他MSXAppleII
アーケード80年代90年代2000年代
周辺機器コントローラーゲーム機別│メーカー別│アケコン(RAP)
タイトルとURLをコピーしました