任天堂 セガ ファミコン

第2回セガ『マークII』『マークIII』発売 -『セガ』VS『任天堂』ファミコン

任天堂

第2回セガ『マークII』『マークIII』発売 -『セガ』VS『任天堂』ファミコン

今回は、
セガ『マークII』『マークIII』発売 -『セガ』VS『任天堂』 についてご紹介します。

 

1970年代に『タイトー』『ナムコ』と共に
『アーケードゲーム業界』に君臨していた『セガ』であったが、

 

1980年代になると、急成長しつつあった『コンシューマー市場』に興味を示し
『家庭用向けパソコン』の『SC-3000』
『家庭用向けゲーム機』の『SG-1000』を投入する。

SG1000

そして1983年に『任天堂』の『ファミコン』が登場し
『家庭用ゲーム機市場』は一気に急成長することになる。

『ファミコン』に対抗して
『セガ』は翌年の1984年に『SG-1000』のバージョンアップを考えていた。

SG1000

『セガ・マークII』の誕生

1984年『セガ』の開発チーム会議

『SG-1000』は、初年度売れたけど、今年はいまいちだなー。

うーん『筐体』が大きすぎるし『コントローラー』も変えたいですねー。

それなら『基板』も小型化して『コントローラー』も変更しちゃいましょう。

『デザイン』を変えたほうはいんじゃないですか?

よし、超特急で『デザイン』含めて起こし直そう。

こうして、『セガ』は、

『デザイン』を一新するため、2000万円かけて『金型』を起こし直し、『基板』の小型化などを進めたんだ。

 

そして翌年1984年に、早くも『SG-1000』の小型改良版である
SG-1000II(セガ・マークII)を発売するんだ。

セガマーク2

はやいー。

『セガ』の『ハードウェア開発担当だった

『佐藤秀樹』さんは、後の『インタビュー』でこう言っています。

『セガ』の良くも悪くもいい点は、

これが駄目ならよし次だと非常に転換が早いんです、とにかくフットワークのいい会社でしたよ。

セガ ロゴ

『SG-1000II(セガ・マークII)』の変更点は?

『SG-1000II(セガ・マークII)』は、

 

初代『SG-1000』の『マイナーバージョンアップ版』なんだけど

『本体外装』や『基板設計』も再設計し直されたんだ。

セガマーク2

『コントローラ』のバージョンアップ

『セガ』は『コントローラー』についても改良を加えたんだ

 

初代『SG-1000』の『コントローラー』は
『1プレイヤー側』の『ジョイスティック』は『本体直結式』となっていて『2プレイヤー側』は『コネクタ式』にだったんだ。

セガ

だから、1プレイヤー側は『コントローラー』を交換する事はできなくて
2プレイヤー側は差し替えができる仕様だったんだ。

『2コントローラー』で『本体直結式』というのは、
『任天堂』の『ファミコン』と同じだね。

そうだね、『SG-1000II(セガ・マークII)』では
『SJ-150』という『着脱式コントローラ』に改善されているんだ。

セガ SJ-150

そして『着脱式コントローラ』の『SJ-150』は方向キーの反応が鈍いというユーザーの声から、

末期には『ゴム製』から『樹脂製』の『ボタン』に変更した、
コントローラSJ-151』をリリースしているよ。

セガ SJ-151

『ファミコン』も
『ゴム製』の『四角ボタン』から『樹脂製』の『丸ボタン』に変更しているね。

ファミコン・コントローラー

それに『ファミコン』の『コントローラー』が

『本体直結式』から『着脱式』に改善されるのは
次世代ゲーム機の『スーパーファミコン』からだよね。

スーパーファミコン

『セガ』も『ユーザーの声』に応えて、いろいろ改善しているんだね。

『セガ・マークIII』の誕生

『セガ』の開発チーム会議

『SG-1000II(セガ・マークII)』を発売したけど、『ファミコン』にまったく対抗できてないな。

セガマーク2

『ファミコン』は、400万台超える勢いですね。

やはり『ファミコン』を凌駕する『マシン』をつくらないとだめだな。

我社の強みは、やはり『アーケードゲーム機』のモノづくりですよね。

『アーケードタイトル』を遊べるような高性能な『マシン』が必要ですね。

それなら、我社の『アーケードゲーム基板』をベース
『家庭用ゲーム機』を作ろう。

『ファミコン』の性能を超える性能の『セガ・マークIII』

こうして『セガ』が、

 

『アーケード機向け』に開発した『ゲーム基板』『SYSTEM II』をベースに開発したのが

1985年に発売された『セガ・マークIII』だよ。

セガマーク3

『セガ・マークIII』は

 

『グラフィック』を大幅にパワーアップさせ、

 

これまでの『汎用IC』を組み合わせた『ハード』構成から、
家庭用に特化した本格的な『ハード』を開発するんだ。

 

『セガ』は、『ファミコン』打倒に燃えていた。

北斗の拳・ジャギ

『セガ』の本気を見てみたいー。

『任天堂』の『ファミコン』そして『セガ』の『SG-1000』が発売された1983年から

 

2年後の1985年に登場した『セガ・マークIII』により

『セガ』は『ファミコン』の性能を超える『家庭用ゲーム機』を登場させたんだ。

セガマーク3

『セガ』は2年で『ファミコン』を超えたー

『任天堂』の『ファミコン』になぜ『セガ』は勝てなかったのか?

しかし

『セガ』は『ファミコン』の凌ぐ性能を持つ『セガ・マークIII』で勝負をかけたが

『任天堂』の『ファミコン』には勝てなかった。

セガマーク3

どうして?『マシン』の性能は『ファミコン』を超えているんでしょう?

確かに『マシン』の性能では『ファミコン』を凌駕していたんだけど
勝てない原因は

 

それは『ゲームソフト』なんだ。

スーパーマリオ

『ゲームソフト』?

そう『ゲームソフト』については、初代の『SG-1000』に戻って紹介します。

『セガ』の『家庭用ゲーム開発チーム』は、

 

『ゲーム機』の開発時に

社内の『セガ・ソフト開発部』にもゲームソフトの制作依頼を依頼していたんだ。

セガ

『セガ・ソフト開発部』

え、『コンシューマー向け』のゲームを開発してほしい?

 

『コンシューマー向け』の『ゲーム機』って、どんな『性能』なんですか?

うーむ、えらく『低スペック』ですね。

セガSG1000

『グラフィック』は?
『16色』しかないんですか?

『セガ』は、最先端の『技術』で勝負する会社ですよー。

 

これでは『セガ』の『魂』は表現できません。

セガ ロゴ

 

北斗の拳・ジャギ

『セガ』の最先端の『アーケードゲーム機』

当時『セガ』は、『アーケードゲーム機』で最新の『技術』を惜しみなく投入していたんだ。

この頃のゲームの最先端は『アーケードゲーム』だったものね。

ところが当時の『家庭用ゲーム機』では、

性能に差がありすぎて、『アーケード』の移植は難しかったんだ。

それに社内の『ゲームソフト』開発部隊は、

『アーケードゲーム』の開発に忙しく、家庭用のゲーム開発には積極的でなかった。

 

そのため『家庭用ゲーム開発チーム』は

『ゲームソフト』開発を外注に頼らざる得なくなっていたんだ。

SG1000

1983年に発売した『ゲームソフト』には

『ボーダーライン』や『コンゴボンゴ』『スタージャッカー』『チャンピオンベースボール』『シンドバットミステリー』などがあるんだけど

 

『スタージャッカー』以外は、
外注の『ゲーム会社』に開発依頼していたんだよ。

 

『任天堂』のゲーム作り

それに対して『任天堂』は、

プログラムは『外注先』の『SRD 』『HAL研究所』などに依頼していたんだけど
ゲームの企画は『宮本茂』さんを中心とする『任天堂』社内でつくっていたんだ。

任天堂・宮本茂

『ファミコン』の『ドンキーコング』や『マリオブラザーズ』とかおもしろいもんね。

それじゃー

『セガ』は『ゲームソフト』つくりを社外を中心に開発していて
『任天堂』は、社内が中心だったてこと。

 

そうなんだ『セガ』の『SG-1000』と『ファミコン』との違いは、

 

『グラフィック性能』が『ファミコン』のほうが優れていることもあるんだけど、

 

やはり『任天堂』が、社内中心に『ゲーム企画』をしていたことが『大ヒット』の要因なんだ。

セガ ロゴ

 

任天堂ロゴ

おもしろい『ゲームソフト』づくりが、大事なんだね。

『セガ』の『アーケードゲーム機』の躍進

1985年に『セガ』の『アーケード部門』は、

 

アーケード向けゲームである『ハングオン』をリリースし『大ヒット』させる。

 

1985年12月には『スペースハリアー』をリリースし、

これも『大ヒット』するんだ。

ハングオン

 

スペースハリアー

『ビデオゲーム』の参入に遅れを取り『ナムコ』の後塵を拝していた

『セガ』も

1985年頃には、数々のヒット作を作り出し

『アーケードゲーム業界』では勢いに乗っていたんだ。

セガ ロゴ

『セガ』のアーケードすごい。

その一方で『セガ』の家庭用の『ゲーム機』は、

 

慢性的な『ゲームソフト』不足に悩まされることになるんだ。

セガマーク3

『セガ』の『ソフト不足』の原因は?

『セガ』は『アーケードゲーム』を次々と大ヒット商品を発表しているのに
『家庭用ゲーム機』では、なぜ『ゲームソフト不足』になってしまったの?

『セガ』の『家庭用ゲーム機』の『ソフト不足』の原因は、2つあるんだ。

2つ?

そう、一つは『セガ』の『文化』
そして、もう一つは『サードパーティ』

『セガ』の『文化』と『サードパーティ』?

『セガ』の『文化』とは

そう『セガ』の『ハード』ウェア開発担当で、
後に『セガ』の社長になる『佐藤秀樹』さんは
後の『インタビュー』でこう言っています。

 

うちは『アーケードゲーム』で育った会社ですから『アーケードゲーム』に向いたゲームが得意なんですよね。

 

『アーケードゲーム』では、お客さんに3分遊んで面白かったと思わせるゲームが必要なんです。

セガ・アーケードゲーム

そうすると『高性能なグラフィックス』と『高速なマイコン』を搭載した『マシン』

それに『ムービング』が体感できる迫力ある『ゲーム筐体』
そういうのが、うちの『十八番』なんですよ。

セガ・アーケードゲーム

だから『ゲームジャンル』も『シミュレーションゲーム』や『ドライブゲーム』『ドッグファイト』などが多いんです。

 

そうなると『ゲームのジャンル』は、非常に限られてしまうんです

セガ・アーケードゲーム

『家庭用ゲーム機』の場合は、長時間じっくり遊ぶものが多いんですよね、

うちはそういのは得意じゃんないんですよ、やっぱり『文化』が違うんでしょうね。

セガ ロゴ

まとめると『セガ』は、見た目重視の見栄で勝負。

歌舞伎

かっこいい
やっぱり、派手でかっこいいゲームが、『セガ』の真髄なのかなー。

歌舞伎

『アーケードゲーム業界』の仁義なき戦い

そして、ソフト不足のもう一つの原因である、
『サードパーティ』についてなんだけど

『セガ』は『家庭用ゲーム機』の『サードパーティ』を増やすため
『アーケード業界』の『ライバル』である『ナムコ』にもソフト供給をお願いしているんだ。

ナムコ

『サードパーティ』を増やす努力はしていたんだね。

『ナムコ』と『セガ』の関係

『ナムコ』の社長室

『ナムコ』の創業者の『中山社長』

なにー『セガ』が『ゲームソフト』を出してほしい?

 

うちは、長年『セガ』とタイマン張ってきたんだー。
そんな『ライバル』にソフトだせるかー。

北斗の拳・ジャギ

『セガ』と『ナムコ』は、

 

1970年代のエレメカ時代から『アーケードゲーム』業界で因縁の『ライバル』関係だったんだ。

北斗の拳

『ハード』ウェア開発担当の『佐藤秀樹』さんは、後の『インタビュー』でこう言っています。

昔から『アーケード業界』で『ライバル』だった社長同士は、

 

お互い『意地』があるんですよね。

 

見栄の張り合いで、いやーなかなか、一緒にやろうとはならないんです。

北斗の拳北斗の拳

すごい、見栄のはりあいだね。

そして『コナミ』の創業者の『上月社長』と『セガ』の『中山社長』は

『ナムコと同じく』

犬猿の仲なんだ

北斗の拳

・・・・・・・

と言うことで『セガ』の『家庭用ゲーム機』は、

『サードパーティ』を集めることに苦労するんだよ。

 

『セガ』唯我独尊だね

北斗の拳

『任天堂』の『ファミコン』に、どうしても勝てない『セガ』は、
次世代『マシン』で『勝負』することになる。

ご閲覧ありがとうございました。

『セガ』家庭用ゲームの時代 『セガ』VS『任天堂』ファミコン

第1回『セガ』家庭用ゲーム参入 『セガ』VS『任天堂』ファミコン
第1回『セガ』家庭用ゲーム参入 『セガ』VS『任天堂』ファミコン ご訪問ありがとうございます。 今回は『セガ』家庭用ゲーム参入 『セガ』VS『任天堂』ファミコン についてご紹介します。 ...
第2回セガ『マークII』『マークIII』発売 -『セガ』VS『任天堂』ファミコン
第2回セガ『マークII』『マークIII』発売 -『セガ』VS『任天堂』ファミコン ご訪問ありがとうございます。 前回のつづき 今回は、 セガ『マークII』『マー...
セガ・メガドライブ誕生~セガVS任天堂ファミコンその3~
セガ・メガドライブ誕生 ~セガVS任天堂ファミコン その3~ ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き 今回はセガ・メガドライブ誕生~セガVS任天堂ファミコン~...
第4回メガドライブ・高性能な16ビットCPUを搭載 ~セガ・メガドライブ誕生~
第4回メガドライブ・高性能な16ビットCPUを搭載 ~セガ・メガドライブ誕生~ ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き、 どうしても『任天堂』の『ファミコン』に...
第5回最終回メガドライブの発売、セガの世界展開~セガVS任天堂ファミコン~
第5回最終回メガドライブの発売、セガの世界展開~セガVS任天堂ファミコン~ ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き、 『セガ』は 『シグネティックス社』か...
タイトルとURLをコピーしました