ハドソン ファミコン

第10回『ロードランナー』と『ナッツ&ミルク』の発売『ファミコン』初のサードパーティの誕生(その1) – 『ハドソン』の『ファミコン』参入物語

ハドソン

第10回『ロードランナー』と『ナッツ&ミルク』の発売『ファミコン』初のサードパーティの誕生(その1)

今回は『ロードランナー』と『ナッツ&ミルク』の発売『ファミコン』初のサードパーティの誕生 をご紹介します。

ファミコン(ファミリーコンピューター)

『ハドソン』はいよいよ『ファミコン』ゲームの開発を開始する。

 

社運をかけた『ゲームソフト』として選択したのが、

『ロードランナー』と『ナッツ&ミルク』なんだよ。

ロードランナー

 

ナッツアンドミルク

 

でも、なぜ『ハドソン』は、この2本のゲームを選んだの?

『ハドソン』がどのようにして、この2本のゲームを選んだのかを見ていこう

『ハドソン』は、なぜ『ファミコン』デビュー作に『ロードランナー』と『ナッツ&ミルク』を選んだの?

『ハドソン』のゲーム選定会議

それでは『ファミコン』で発売するゲームは、何にしましょう

ハドソン

うーん、そうだなー

我社初の『ファミコン』ゲームで、失敗するわけにはいかないからな

第1弾のゲームで転けたら会社が傾いちゃいますものね。

ハドソン

ハドソン

そうなんだ『ファミコン』の参入には、我社の命運が掛かっているからな

気合いれていきましょう

ハドソン

まず『ファミコン』初のゲームは、2本立てでいこうと思うんだ

2本立てですか?

ハドソン

そう、1本のゲームが失敗しても、もう1本が成功すればいいからね

ロム(ROM)

リスク分散ってことですね。

ハドソン
ハドソン

そう、そして1本は『札幌』の『開発チーム』が『ナッツ&ミルク』を制作する予定だから

 

あとは『東京』の『開発チーム』が何をつくるかだな。

 

ハドソン
ハドソン

今回の『ゲーム開発』は

 

はじめづくしだし、開発期限も厳しいからな
ゲームの制作は、1月にはじめて3月には、完成していなくてはならない

 

ということは、開発期間は、2ヶ月半しかないということですね。

ハドソン
ハドソン

そう、4月からは営業活動をしなければならないからな、

だから3月完成は必須なんだよ。

 

それに『ファミコン』の『ゲーム開発』は、はじめてのこと
どんな不測の事態が起こるかわからないからね

パソコン

ハドソン
ハドソン

しかも『ファミコン』のCPUは、日本ではあまり普及していない、CPU『6502』だからな。

 

もっとも確実に開発するなら、
CPU『6502』の『パソコン』で、大ヒットしているゲームを『移植』することが確実だよな。

CPU

たしかにそうですね。

 

CPU『6502』の『パソコン』といいますと、

日本ではあまり普及してませんから、海外の『パソコン』になりますね。

海外でCPU『6502』を搭載していて、人気のある『パソコン』と言えば

 

『アップル社』の『AppleII』とか

『コモドール社』の『コモドール64』とかですかね

AppleII

ハドソン
ハドソン

そうだな、

あの『パソコン』は『ゲームソフト』も豊富に揃っているしな。

 

それなら『AppleII』か『コモドール64』で大ヒットしているゲームで

しかも『ライセンス』が獲得できそうなゲームってないかな。

 

そういえば『ブローダーバンド社』のゲームは、比較的『ライセンス』が獲得しやすいですよ。

 

あの会社なら、いろんなゲーム会社に『ライセンス』を販売してますから版権交渉はしやすいと思います。

ブロードバンド社

ハドソン

なるほど『ブローダーバンド社』ねー、いいかもしれないな

 

それで、あの会社でヒットしているゲームって何があるのかな

そうですねー

例えば『チョップリフター』とか『スペランカー』

後『ロードランナー』なんかがありますね。

チョップリプター

ハドソン

『ロードランナー』?

はい、『ロードランナー』は

『AppleII』や『コモドール64』で大ヒットしています。

 

そういえば、あのゲームは、社長の友達がハマっていたよな。

社内でも、遊んでる人がいますし

 

『ロードランナー』はすごく面白いですよ。
『ファミコン』で遊べたら最高ですね。

ロードランナー

ハドソン

なるほど『ロードランナー』ねえ、いいかもしれないな

・・・

 

あのー『ロードランナー』を『ファミコン』に『移植』しませんか
きっと、大ヒットしますよ

 

ハドソン
ハドソン

そうだな、いいかもしれない

それに、あのゲームの『ライセンス』を獲得できれば『ソースコード』も手に入るぞ

 

そうすれば『ファミコン』と同じCPUの『6502』だから
ゲームの『移植』が、簡単にできるかもしれないな。

ファミコン

それは、いいですね

面白いゲームで、しかも『移植』が簡単にできるって
『一石二鳥』じゃないですか

ハドソン

よーし、それじゃー『ロードランナー』で勝負しよう

わかりました、では早速、アメリカの『ハドソンUSA』に相談して

『ブローダーバンド社』への『ライセンス交渉』をしてもらいます。

アメリカ

『ハドソン』『ファミコン』デビュー作は2本立てで決定

ということで『ハドソン』の『ファミコン』の第1弾のゲームは、

『ナッツ&ミルク』と『ロードランナー』に決まったんだ。

『ハドソン』が、2本立てにしたのは
どちらかの1本のゲームが失敗しても、もう1本がヒットすればいいという理由だったんだね。

そうなんだよ

 

そして『札幌』の『開発チーム』が『ナッツ&ミルク』を担当して

 

『東京』のチームが『ロードランナー』を『移植』することになったんだよ。

ロードランナー

もし『ロードランナー』の『ライセンス』が獲得できなくても
『札幌』の『開発チーム』のゲームが発売できるからね。

『ロードランナー』を選んだのは『移植』しやすいから?

それに『ロードランナー』を選んだのは、

『ファミコン』のCPUと同じ『6502』を搭載した『パソコンゲーム』なら『移植』がしやすいという理由もあるんだね。

そうなんだ、

同時アメリカで大ヒットしていた『パソコン』は、

 

『アップル社』の『AppleII』や

『コモドール社』の『コモドール64』などがヒットしていて

CPUには『6502』を採用していたんだよ。

 

日本では『Z80』や『Intel製』のCPUが採用されることが多かったからね。

AppleII

『ロードランナー』の生みの親『ダグ・スミス』

それと、『ロードランナー』って『ハドソン』の『オリジナルゲーム』じゃないんだね。

そう『ロードランナー』は、

 

アメリカの『ゲーム作家』である『ダグ・スミス』さんが制作して、『AppleⅡ』で大ヒットした『アクションパズルゲーム』なんだよ。

ダグスミス

そして、アメリカの『ブローダーバンド社』が『ライセンス』を保有しているんだよ。

ということは

『ハドソン』が『ブローダーバンド社』から『ライセンス』を取得できれば『ファミコン』で発売できるってことだね。

ブロードバンド社

それで『ハドソン』は、『ロードランナー』の『ライセンス』を獲得するために
『ブローダーバンド社』との交渉に乗り出すんだ。

当時、『ハドソン』にはアメリカに『ハドソンUSA』という、アメリカ支局があったんだ。

 

そこで『ハドソンUSA』が版権交渉のため『ブローダーバンド社』に訪問するんだ。

ハドソン

『ハドソンUSA』と『ブローダーバンド社』との『ライセンス交渉』

『ハドソンUSA』担当者

ハドソン
ハドソン

『ブローダーバンド』さん、今度弊社が発売します、日本の『家庭用ゲーム機』で

御社の『ロードランナー』を使用させて頂きたいのですが
如何でしょうか

ロードランナー

三菱
ブロードバンド社

・・・

 

オーケー

 

三菱
三菱

日本の『家庭用ゲーム機』に、弊社の『ロードランナー』を『移植』することは構いません

 

そのかわり、ゲーム1本につき1ドルの『ロイヤリティー』

そのゲームが完成したら、弊社にそのゲームを見せてください

 

それが、同意頂けるのなら契約しましょう

ブロードバンド社

 

ハドソン

ハドソン

ありがとうございます、その条件なら問題ないです。

三菱

オーケー、それならすぐ契約手続きをはじめましょう

こうして、『ロードランナー』の『ライセンス』契約が成立したんだよ。

『ブローダーバンド社』とは

ちなみに『ブローダーバンド社』ってどんな会社なの

『ブローダーバンド社』は、

1980年にアメリカで設立された、『ゲームソフト』などを販売している会社なんだ。

ブロードバンド社

この会社は、多くの優秀なゲーム作家と共同企画をして、それを販売するというビジネスをしていたんだよ。

 

『ブローダーバンド社』が契約していた有名なゲーム作家としては

『チョップリフター』の作者『ダンゴーリン』さん
『ロードランナー』の作者『ダグスミス』さん

 

そして『バンゲリングベイ』は『シムシティ』の作家としても有名な『ウィルライト』さんなどが契約していたんだよ。

シムシティ

その後『ハドソン』は

 

『チャンピオンシップロードランナー』や『バンゲリングベイ』もこの会社から『ライセンス』契約受けて『ファミコン』から発売することになるんだ。

バンゲリングベイ

おー、懐かしい、『バンゲリングベイ』

ハドソン
ハドソン

今回はここまで、
次回は、
『ブローダーバンド社』との『ライセンス』契約も無事に完了し
いよいよ『ロードランナー』の開発をはじめる『ハドソン』

ハドソン

ご閲覧ありがとうございました。

『ハドソン』のファミコン参入物語シリーズ

第1回『ハドソン』の誕生 -『ハドソン』のファミコン参入物語
第1回『ハドソン』の誕生 – 『ハドソン』のファミコン参入物語 ご訪問ありがとうございます。 今回は、『ハドソン』の誕生『ハドソン』のファミコン参入物語 を紹介します。 ...
第2回『ハドソン』『シャープ』との共同開発 – 『ハドソン』のファミコン参入物語
第2回『ハドソン』『シャープ』との共同開発 – 『ハドソン』のファミコン参入物語 前回からのつづき ご訪問ありがとうございます。 今回は、 『ハドソン』『シ...
第3回『ハドソン』『ファミリーベシック』の開発 – 『ハドソン』のファミコン参入物語
第3回『ハドソン』『ファミリーベシック』の開発 – 『ハドソン』のファミコン参入物語 ご訪問ありがとうございます。 前回からのつづき ...
第4回『ハドソン』ファミコンの参入を決意 – 『ハドソン』のファミコン参入物語
第4回『ハドソン』ファミコンの参入を決意 – 『ハドソン』のファミコン参入物語 ハドソン ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き、 今回は、 第4回『ハドソ...
第5回ハドソン『ファミコン 開発ツール』づくり – 『ハドソン』のファミコン参入物語
第5回ハドソン『ファミコン 開発ツール』づくり – 『ハドソン』のファミコン参入物語 ハドソン ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き、 今回は、 第5回ハ...
第6回『ファミコン』初の『サードパーティ』誕生 – 『ハドソン』の『ファミコン』参入物語
第6回『ファミコン』初の『サードパーティ』誕生 – 『ハドソン』の『ファミコン』参入物語 ハドソン ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き、 今回は、 後に...
第7回歴史のif『任天堂』と『ハドソン』の交渉が決裂していたら? – 『ハドソン』のファミコン参入物語
第7回歴史のif『任天堂』と『ハドソン』の交渉が決裂していたら? – 『ハドソン』のファミコン参入物語 ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き、 今回は、 後...
第8回『ハドソン』『資金』集め大作戦(その1)– 『ハドソン』の『ファミコン』参入物語
第8回『ハドソン』『資金』集め大作戦 – 『ハドソン』の『ファミコン』参入物語 ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き 今回は、 『ハドソン』『資金』集め...
第9回『ハドソン』 『資金』集め大作戦(その2) – 『ハドソン』の『ファミコン』参入物語
第9回『ハドソン』 『資金』集め大作戦(その2) – 『ハドソン』の『ファミコン』参入物語 ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き、 今回は、 『ハドソン...
第10回『ロードランナー』と『ナッツ&ミルク』の発売『ファミコン』初のサードパーティの誕生(その1) – 『ハドソン』の『ファミコン』参入物語
第10回『ロードランナー』と『ナッツ&ミルク』の発売『ファミコン』初のサードパーティの誕生(その1) ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き、 今回は『ロードラ...
第11回【最終章】『ロードランナー』と『ナッツ&ミルク』の発売『ファミコン』初のサードパーティの誕生(その2) – 『ハドソン』の『ファミコン』参入物語
第11回『ロードランナー』と『ナッツ&ミルク』の発売『ファミコン』初のサードパーティの誕生(その2) ハドソン ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き、 今回...
第12回おすすめ動画『ファミコン』初のサードパーティの誕生 – 『ハドソン』の『ファミコン』参入物語
おすすめ動画『ファミコン』初のサードパーティの誕生 – 『ハドソン』の『ファミコン』参入物語 ハドソン ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き、 今回は ...
タイトルとURLをコピーしました