ハドソン ファミコン

第4回『ハドソン』ファミコンの参入を決意 – 『ハドソン』のファミコン参入物語

ハドソン

第4回『ハドソン』ファミコンの参入を決意 – 『ハドソン』のファミコン参入物語

今回は、
第4回『ハドソン』ファミコンの参入を決意 – 『ハドソン』のファミコン参入物語 をご紹介します。

いよいよ『ハドソン』が『ファミコン』への参入を決意する。

今回は、ハドソンがどのようにして『ファミコン』参入の決意に至ったのかについてご紹介します。

ハドソン

『ハドソン』は『シャープ』の仲介で

『任天堂』の『ファミリーベーシック』の開発を経験する

 

そして『ファミコン』に興味を持つことになるんだ。

ファミコン(ファミリーコンピューター)

『ハドソン』と『ファミコン』との出会い

『ファミリーベーシック』の開発中の『ハドソン』

『ハドソン』は『任天堂』からの『ファミリーベーシック』の開発依頼のおかげで『ファミコン』を発売前に体験することができたんだ。

ファミコン

『ハドソン』のスタッフ

『ファミリーコンピューター』?
どんなものか、ちょっと『プレイ』してみましょうよ。

『ハドソン』のスタッフは、

『ファミコン』をテレビに接続して、発売前の『ゲームソフト』で『プレイ』してみたんだ。

おおー『グラフィック』がすごくいいですね
これ、すごい『ゲーム機』かもしれませんよ。

ピコピコピコ
ピコピコピコ
ピコピコピコ

 

おー、おもしろいー

この『任天堂』の『ゲーム機』、まるで『ゲームセンター』のゲームみたいですよ。

中本さんー、この『ゲーム機』すごくおもしろいですよ。

 

ハドソン
ハドソン

なにー
どれどれ

 

ピコピコピコ
ピコピコピコ
ピコピコピコ

 

このゲームすごいなー
これ何ていう『ゲーム機』だっけ?

 

『任天堂』の『ファミリーコンピューター』ですよ。

ファミコン

ハドソン
ハドソン

これを『任天堂』が発売するのかー

『ハドソン』のスタッフにとって、

『任天堂』が発売する『ファミリーコンピューター』は、全く新しい体験だったんだ。

1980年代はじめの『パソコン・ゲーム』

『ファミコン』が発売される、

1980年代はじめは、『パソコン』はまだ黎明期の時代

 

パソコン業界では、

8ビット機の『NEC』の『PC-8800シリーズ』

『富士通』の『FM-8』

そして『シャープ』の『X1シリーズ』などが発売されて間もない頃で

この頃の『パソコンゲーム』は、まだこんな感じでした。

 

 

うーん
かなり、つらいなー

ゲームの王様『『アーケードゲーム』

そして、当時のゲームの最先端は『アーケードゲーム機』だったんだ。

『アーケードゲーム・メーカー』の『ナムコ』の『ギャラクシアン』や『パックマン』などのゲームが大人気だった頃

『パソコンゲーム』を主に開発していた、『ハドソン』にとっては

 

『ファミコン』の『アーケードゲーム』のようなスムーズな『画面スクロール』

そして、小気味よく動く『キャラクター』たちに

『ハドソン』のスタッフたちは驚きを隠せなかった。

 

『ハドソン』のスタッフ

この『ゲーム機』、『スプライト』を使っているんじゃないですか?

ハドソン
ハドソン

『スプライト技術』を?

 

まさかー、だって『スプライト』は『アーケードゲーム』でつかう『技術』だよ。

 

『家庭用ゲーム機』で『スプライト技術』を採用しているのか?

『ハドソン』が『ソフト開発』していた『パソコン業界』では、

当時、まだ『スプライト技術』は使われていなかったんだよ。

 

『パソコン業界』で、『スプライト技術』が本格的に採用されるのは、1980年代後半からなんだ。

 

1987年『シャープ』から発売された『X68000』
1989年『富士通』の『FM TOWNS』の頃まで待たなければならなかったんだ。

海外では、家庭用のパソコンとして販売されていた、

 

『ATARI-400(アタリ社)』や『TI-99(テキサスインスツルメンツ)』、
『VIC-1001』とその後継機種、そして『コモドール64』などで

『スプライト』が採用されていたんだ。

 

だけど、日本ではそれほど知られていない機種ばかりで、

 

日本国内のパソコンゲームで『スムーズ』な『グラフィック描写』が実現できるようになるのは、

 

1985年に『NEC』から発売される『PC88mkIISR』まで待たなければならない。

一方、アーケード業界では『ナムコ』の『ギャラクシアン』が『スプライト技術』を採用してから、

 

『アーケードメーカー』の『ナムコ』や『セガ』などが、

次々と『スプライト技術』を採用したゲームを市場に投入してきたんだよ。

セガ ロゴ

『アクションゲーム』などのスムーズな画面描画が必要なゲームは、『アーケードゲーム』の『専売特許』の時代だったんだ。

 

だから、1万円代という低価格な『家庭用ゲーム機』で
『アーケードゲーム』のように『アクションゲーム』が、自宅で遊べると言うのは、
画期的な出来事だったんだよ

『ファミコン』ってすごいね

『ハドソン』の驚き、ファミコンのコントローラー

そして、もうひとつ『ハドソン』のスタッフが驚いたのは
『ファミコン』の『十字キー』の付いた『コントローラー』なんだ。

『ハドソン』のスタッフ

この『ゲーム機』すごいですよ、

 

『ジョイスティック』じゃなくて、『十字』の『コントローラー』で操作できるんですよ。

 

この『コントローラー』すごく使いやすいです

ハドソン
ハドソン

なになに

 

おー すごいなー

 

この『コントローラー』、机におかなくても遊べるじゃない

 

『アメリカ』で大ヒットした『家庭用ゲーム機』の『アタリVCS』などのゲーム機の多くは

『コントローラー』に、『ジョイスティック』を採用していたんだ。

 

当時、『家庭用ゲーム機』で遊ぶ場合、ゲーム操作には『ジョイスティック』がよく採用されていたんだ。

ジョイスティック』は、机や床に置いて『コントローラー』を支えなければならないんだ。

 

ところが、『ファミコン』の『十字キーコントローラー』は、両手で持つだけで、ゲームを操作することができるんだ。

 

これなら、『テレビ』に『ファミコン』をつなげて、簡単にゲームで遊ぶことができる。

ファミコン

完成度の高かった『ファミコン』

『ファミコン』は、

 

当時の『家庭用ゲーム機』では不可能だった、全方向へのスムーズな『スクロール』や『多色スプライト』

そして、使いやすい『十字キーコントローラー』を搭載していたんだ。

 

『ファミコン』は、ゲームを楽しく遊べるために必要な機能が、すべて備られていたんだ。

『任天堂』の開発した『ファミリーコンピューター』の完成度の高さ

ファミコン(ファミリーコンピューター)

ハドソン
ハドソン

『ファミコン』が売れたら、ゲーム作るべ!

という気運が『ハドソン』社内で高まっていったんだ。

『ファミリーコンピューター』の発売

そして、1983年夏、『任天堂』から『ファミリーコンピューター』が発売される。

『ハドソン』は『ファミコン』が発売されてからずっと『ファミコン』の動向を注目していたんだよ。

 

注目(熱視線)

当時、『家庭用ゲーム機』では『カセットビジョン』や『セガ』の『SG1000』が発売されていたんだけど、

 

『ハドソン』は、『ファミコン』をライバルの『ゲーム機』とは別次元の『ゲーム機』だと思っていたんだ。

『任天堂』は『ファミコン』発売と同時に『ゲームソフト』として、

 

『ドンキーコング』や『ドンキーコングJR』そして『ポパイ』が発売される。

 

8月には、大人も遊べる『ゲームソフト』として『五目並べ』や『麻雀』を発売。

 

9月には『マリオブラザーズ』が登場する。

この頃から、子どもたちの間で

社員

『ファミコン』はおもしろいー

と言う評判が『口コミ』で広がってゆくんだ。

『ハドソン』は、『ファミコン』の好調な販売状況をみて
『家庭用ゲーム市場』の成長を確信するんだ

 

そして、いよいよ『ファミコン』への参入を検討しはじめる。

ハドソン

『ハドソン』、『ファミコン』参入の決断

1983年の秋、『ハドソン』の社内会議

『任天堂』は、『ドンキーコング』や『ドンキーコングJR』など、
おもしろいゲームを作っていますよね。

9月に発売された『マリオブラザーズ』も面白かったですね。

『ファミコン』は子どもたちのあいだで、話題になってきてますし
これは、ひょっとすると『ファミコン』は『ブーム』になるかもしれませんよ。

ハドソン

うーむ、確かに

『家庭用ゲーム機』の中でも

『カセットビジョン』や『セガ』の『SG-1000』と比べても

 

『ファミコン』の性能は飛び抜けていますよ。

 

こうなったら
『ファミコン』の『ゲーム』をつくりましょうよ
絶対に売れますよ。

『ファミリーベーシック』の開発で、『ファミコン』の『CPU』の『6502』のコード解析もできてますし

 

もうすでに『ファミコン・ハード』の性能と限界も知り尽くしてますから

 

僕たちの『技術力』なら『ファミコン』のゲームを開発することは、可能だと思いますよ。

ファミコン(ファミリーコンピューター)

ハドソン
ハドソン

うむ

 

・・・

よーし『ファミコン』のゲーム作るべー

 

作るべー

『ファミコン』のゲーム作るべー

こうして、『ハドソン』は、『ファミコン』用の『ゲームソフト』を開発することを決断するんだ。

『ファミリーベーシック』の開発経験から、

『ファミコン』の『CPU』は、『リコー製』の『6502』を採用していることも知っていたし、

 

『ファミコン』の『ゲームプログラミング』を書くには、どのように記述したら『ハード』の性能を活かすことができるのかも、熟知していたんだ。

他の『ゲームメーカー』の場合、『ファミコン』ではどんな『CPU』を採用しているのか
どのようにして、ファミコン用の『ゲーム』を開発したらいいのかも、わからない状況だったんだ。

その頃『ナムコ』は?

当時、『アーケードゲーム業界』の『雄』『ナムコは高い技術力で

 

自力で『ファミコン』の『CPU6502』であることをつきとめ

『アーケードゲーム』『ギャラクシン』のファミコンへの移植に成功しています。

NAMCO-ICON

うーん、『ナムコ』もすごい

『ハドソン』の幸運

幸運なことに、

『ハドソン』は『ファミコン』の発売前に、
『ファミコン』の『周辺機器』を開発することができたことで、
他の『ゲームメーカー』より、大きなアドバンテージを得ることができたんだ。

そして、なりよりも『ハドソン』には、

最先端のゲーム開発環境
トップクラスの『ハード』と『ソフト』に、精通した人材が揃っていることが
『ハドソン』に、すばやく『ファミコン』の『ゲーム市場』に参入できる機会を与えたんだ。

 

さすが、ハドソン

そして、『ハドソン』社内では、どのような手順で、
『ファミコン』に参入するかの打ち合わせが行われたんだ。

『ハドソン』、『ファミコン』参入までの道筋

ハドソン

『ファミコン』への参入が、決まったことだし
次は、『ファミコン』への『参入手順』をどうするかだな。

まさか、『パソコンゲーム』のように、『ゲームソフト』を開発して、
すぐに販売というわけにも行かないですしね。

そうですねー
『家庭用ゲーム機』の場合、『任天堂』が『ハード本体』を作っていますから

 

『任天堂』に何らかの『許可』を取り付けたほうがいいかもしれませんね。

それに、『ゲームソフト』は、『テープ』や『フロッピー』で販売する『パソコンゲーム』とちがって『ROM』ですからね

 

『ファミコン』でゲームが遊べるようにするためには、『ROM』を独自で製造しなければならないかもしれません。

 

ハドソン

うーん、確かにそうだなー
それに、独自に『ROM』をつくったとしても、販売先がないよなー

ロムカセット

ハドソン

今まで開発してきた、大人がターゲットの『パソコンゲーム』とはちがって
子供たちの目に留まる『販路』を探さなければならない

 

ハドソン

そうなると、子どもが集まる『玩具屋』の『販路』を開拓しないといけないし

我社には、『玩具屋』の『販路』がないからな
ゼロから開拓するとなると、骨の折れる活動になるな。

そうですねー。

まずは、ファミコンの『ゲーム開発環境』をつくる必要があります、
それから、『任天堂』から『ファミコン』のゲーム販売をするための
なんらかの『許可』を取り付けたほうが、いい気がしますね。

 

『販売網』は、『任天堂』さんに相談するか、それがだめなら
自力で開拓するしかなさそうですね。

ハドソン

うーむ、そうだな

まあ、『任天堂』とは『シャープ』からの口添えで話し合いをすれば、なんとかなるだろう

シャープ

 

 

とりあえず、すぐ動いちゃいましょうよ。

 

『ファミコン』の『ハード』の性能は、わかっていることですし
『開発環境』つくってしまって、それから『任天堂』と交渉する線でどうです?

 

ハドソン

いいね
それじゃ、急いで『ゲーム環境』作るべー

作るべー

こうして、『ハドソン』は、『ファミコン』に参入するための『ゲームソフト』の『開発環境』をつくりはじめたんだ。

今回はここまで、
次回はいよいよ『ハドソン』が『ファミコン』の『開発環境』をつくりはじめる
そして、『家庭用ゲーム機』の『ビジネスモデル』となる、
『任天堂』と『ファミコン』参入の交渉が行われるんだ。

第5回ハドソン『ファミコン 開発ツール』づくり – 『ハドソン』のファミコン参入物語
第5回ハドソン『ファミコン 開発ツール』づくり – 『ハドソン』のファミコン参入物語 ハドソン ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き、 今回は、 第5回ハ...

ご閲覧ありがとうございました。

『ハドソン』のファミコン参入物語シリーズ

第1回『ハドソン』の誕生 -『ハドソン』のファミコン参入物語
第1回『ハドソン』の誕生 – 『ハドソン』のファミコン参入物語 ご訪問ありがとうございます。 今回は、『ハドソン』の誕生『ハドソン』のファミコン参入物語 を紹介します。 ...
第2回『ハドソン』『シャープ』との共同開発 – 『ハドソン』のファミコン参入物語
第2回『ハドソン』『シャープ』との共同開発 – 『ハドソン』のファミコン参入物語 前回からのつづき ご訪問ありがとうございます。 今回は、 『ハドソン』『シ...
第3回『ハドソン』『ファミリーベシック』の開発 – 『ハドソン』のファミコン参入物語
第3回『ハドソン』『ファミリーベシック』の開発 – 『ハドソン』のファミコン参入物語 ご訪問ありがとうございます。 前回からのつづき ...
第4回『ハドソン』ファミコンの参入を決意 – 『ハドソン』のファミコン参入物語
第4回『ハドソン』ファミコンの参入を決意 – 『ハドソン』のファミコン参入物語 ハドソン ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き、 今回は、 第4回『ハドソ...
第5回ハドソン『ファミコン 開発ツール』づくり – 『ハドソン』のファミコン参入物語
第5回ハドソン『ファミコン 開発ツール』づくり – 『ハドソン』のファミコン参入物語 ハドソン ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き、 今回は、 第5回ハ...
第6回『ファミコン』初の『サードパーティ』誕生 – 『ハドソン』の『ファミコン』参入物語
第6回『ファミコン』初の『サードパーティ』誕生 – 『ハドソン』の『ファミコン』参入物語 ハドソン ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き、 今回は、 後に...
第7回歴史のif『任天堂』と『ハドソン』の交渉が決裂していたら? – 『ハドソン』のファミコン参入物語
第7回歴史のif『任天堂』と『ハドソン』の交渉が決裂していたら? – 『ハドソン』のファミコン参入物語 ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き、 今回は、 後...
第8回『ハドソン』『資金』集め大作戦(その1)– 『ハドソン』の『ファミコン』参入物語
第8回『ハドソン』『資金』集め大作戦 – 『ハドソン』の『ファミコン』参入物語 ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き 今回は、 『ハドソン』『資金』集め...
第9回『ハドソン』 『資金』集め大作戦(その2) – 『ハドソン』の『ファミコン』参入物語
第9回『ハドソン』 『資金』集め大作戦(その2) – 『ハドソン』の『ファミコン』参入物語 ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き、 今回は、 『ハドソン...
第10回『ロードランナー』と『ナッツ&ミルク』の発売『ファミコン』初のサードパーティの誕生(その1) – 『ハドソン』の『ファミコン』参入物語
第10回『ロードランナー』と『ナッツ&ミルク』の発売『ファミコン』初のサードパーティの誕生(その1) ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き、 今回は『ロードラ...
第11回【最終章】『ロードランナー』と『ナッツ&ミルク』の発売『ファミコン』初のサードパーティの誕生(その2) – 『ハドソン』の『ファミコン』参入物語
第11回『ロードランナー』と『ナッツ&ミルク』の発売『ファミコン』初のサードパーティの誕生(その2) ハドソン ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き、 今回...
第12回おすすめ動画『ファミコン』初のサードパーティの誕生 – 『ハドソン』の『ファミコン』参入物語
おすすめ動画『ファミコン』初のサードパーティの誕生 – 『ハドソン』の『ファミコン』参入物語 ハドソン ご訪問ありがとうございます。 前回からの続き、 今回は ...
タイトルとURLをコピーしました