任天堂 ファミコン

『ファミコン』の誕生までの年表 – 『ファミコン』誕生物語

任天堂

『ファミコン』の誕生までの年表 – 『ファミコン』誕生物語

出来事
1971年4月『上村雅之』『任天堂』に入社
1975年『任天堂』初の『業務用ゲーム』『EVRレース』発表
1977年任天堂初の家庭用ゲーム機の発売
『家庭用ゲーム機』『カラーテレビゲーム6・15』発売
4月『宮本茂』任天堂に入社
1978年『家庭用ゲーム機』『レーシング112』発売。
『業務用ゲーム』『コンピューターオセロ』発表
7月『タイトー』から『スペースインベーダー』の発表
1979年『業務用ゲーム』『スペースフィーバー』発表
『家庭用ゲーム機』『ブロック崩し』の発売
『ナムコ』から『ギャラクシアン』の発表
1980年4月『ゲーム&ウオッチ』を発売
1981年『業務用ゲーム』『スカイスキッパー』発表
『業務用ゲーム』『レーダースコープ』発表
『業務用ドンキーコング』を発売する
『リコー』大阪の池田市に『半導体工場』建設
11月『山内社長』『上村部長』に『家庭用ゲーム機』の開発依頼
12月家庭用ゲーム機『コレコビジョン』との出会い
1982年1月~4月『任天堂』『リコー』と『ファミコン』の共同開発開始
『業務用ドンキーコング』が全米で大ヒット
2~5月『ファミコン』の仕様決定
6月頃『ソフト開発』や『外観デザイン』の検討が始まる
『セガ』が『家庭用ゲーム機』の『SG-1000』の開発を開始
1983年4月『CPU6502』に精通した『加藤周平』入社
5-6月ファミコン版『ドンキーコング』完成
6月流通問屋組合の『初心会』に『ファミコン』を発表
7月17日『ファミコン』を発売
『アタリ社』との『ファミコン』のアメリカ販売交渉開始

 

タイトルとURLをコピーしました